湯田中温泉
今年の年末旅行は、去年と同じ湯田中温泉で宿も同じ旅館。直前にノロにやられて行き先を探す余裕がありませんでした。
DSC_0275242286979.JPG
DSC_02781563456280.JPG
DSC_0272696643490.JPG
DSC_02731467386494.JPG
DSC_0281-85909543.JPG
DSC_0285-1852176758.JPG
DSC_02932036451037.JPG
DSC_0279268665500.JPG
昼は調子が良かったんだけど…温泉はいって夕飯というところで、全然食べられなくてショック。ほとんど手をつけずに残してしまいました。
今日の夕飯も食べられるかなぁ。
| 旅行 | 09:54 | comments (0) | trackbacks (0)
パチモン、これどう?
DSC02938.JPG

新型バッテリー、どれが本物かわかりますよね。!

本物は1個約4700円〜、パチモンは値段の幅があるみたいですが1個500円〜1300円くらい。どれも扱いの業者は違うけど物は同じメーカーの物みたいです。とりあえず買ったのは2個1000円のもの。アマゾン経由で。材料の原価から考えるとパチモンの値段の方が妥当で良心的なんだよね。

DSC02940.JPG
DSC02942.JPG

端子板にこじり傷のある物が2個。検査の時のチェッカーの痕だろうけど。
DSC02947.JPG

一応外形は本物と見た目同じくらい。本体への装着も特に問題有りませんでした。ちょっとロック爪に引っかかる物があったけどばらつき以内。

問題は動作ね。
一応全部本体での動作と残量表示は出ました。(インフォリチウムじゃないので残量時間は出ず、電圧表示だけですが。)
DSC02949.JPG

本体内での充電も出来たみたい。特に発熱や発煙、爆発などは見られません。
あとは放電チェックと、充電器での充電がOKならば使えると判断しましょう。

使えるなら、純正バッテリーとのこの値段差は、安心料というにも高いよ〜な。
| お買い物 | 15:33 | comments (3) | trackbacks (0)
買い物2本目
カメラを買う前日に買ったのがこれ、ロープロのパスポートスリングII。
0056035364655_21120_500.jpg
0056035364655_13120_500.jpg
たまたまネットでIIが新発売というのを見つけて、その足でお買い上げ。
見かけ結構コンパクトなショルダーバックですが、この状態で一眼ボディとレンズ1本に身の回りの小物などがちょうど収まります。

さらに縦に折れ曲がった部分が外側にファスナーがあり、それを開くと縦の部分のマチが大きく広がり、ここにたとえば中型ビデオカメラとか小型三脚、あるいはちょっと衝動買いしたコンデジの箱ごととか、結構重宝に使えます。(^_^;)

うちだとこんな感じ。ミラーレス1台と身の回りの小物、それに必要に応じてビデオカメラとかあれやこれや。最大容量だとこのくらいを入れて持ち歩きます。下に敷いた布もこれと同じくらいの防寒シートをいつも入れて。
DSC_0261.JPG
DSC_0260.JPG

IIというからにはIも有るわけで。夏くらいに旅行用に現地で使うカメラバックを探して見つけて買いました。下の説明ビデオにもあるように邪魔なときは小さく折りたたんでしまえるので、リュックの脇に差し込んで行き、現地でさっと組み立て町歩きバックに、という使い方が可能です。

機能的には文句ないですがデザインがいささか...Iは単色の黒とオリーブと水色という、どれをとってもいまいちなやつでした。(使っているのは水色)
IIはというと、黒とやや薄目のオリーブ。色違いのパイピングが新しいくらいです。もうちょっとデザインよければなぁ・ロープロ製品全般だけど。

見た目以外のIとIIの違いはインナーバック。
Iを使って不満だったのはこのインナーバックが横に後一つ分広がればカメラ2〜3台、あるいはカメラ2台とレンズとか入れられたのに、と思っていたところ。
結構なユーザーが同じことを言ったみたいでIIでは大きさこそ全く一緒だけど、インナーバックの底のクッションが横に広がり鞄の横幅全体を使えるようになったこと。まー正直微妙な改善ですね。

でも使い勝手はかなりいいです。今は通勤バックもこれになりました。
これなら仕事先でいきなりフィールとテストに出ることになっても余裕で対応できますから。

| お買い物 | 00:31 | comments (2) | trackbacks (0)
今更ですが
夜になって熱が安定してきたかも。まだ流動食を少ししか食べられないけど。

さて、考えたら今年はほとんど買い物らしい買い物してないですよ。一眼レフもミラーレスも、コンデジすら買ってない。必要機材としてPCとカメラバックを3個ずつ、HDDを全部入れ替えとあと洗濯機と炊飯器くらい。あ、タブレット買ってるか。ま、そんだけでは何なので最後に一個。

DSC02933.JPG
一部の方には何を今更とお思いでしょうが。(^_^;)
普段は仕事の機械を使ってますが、たまに全く仕事無しの日に使う普段使いの自分
カメラ(最新機種)が無かったもんで。

まあすでに散々使い倒した感はありますね。けど自分の物として使うとまた違った使い方になるもんですよ。

先週人間ドックの帰りに買ってそのままディズニーシーに行って撮りました。一部の方にはまたまたディズニーですいません。仕事に関係なく好きなもんで。
(USB電源に対応してるので、バッテリーが充電されて無くてもモバイルバッテリーで給電しながら使えるのは便利。)

といいつつベンチマークみたいな撮り方から。最初の4枚はワイド端で通常撮影(絞り優先)とHDRの比較。ここは全部手持ち撮影です。
DSC00010.JPGDSC00011.JPG
DSC00012.JPG
DSC00013.JPG

Pオートで日陰
DSC00018.JPG

T端でオート撮影
DSC00020.JPG

カメライフェクト:トイカメラモードとミニチュアモード
DSC00023.JPG
DSC00025.JPG

ここからは適当に気の向くまま。
フリーだと基本絞り優先しか使わないですね。ホワイトバランスも5500k固定で。電球の夜景は引き込むより赤みを遺したほうが好みかも。(普段仕事で言ってることと真逆だ....。)
DSC00067.JPG

DSC00080.JPG
DSC00081.JPG
DSC00086.JPG
DSC00125.JPG

ワイド端で至近解放側
DSC00134.JPG

DSC00154.JPG
DSC00157.JPG
DSC00163.JPG
この2枚だけAWBとWB固定で比較。
DSC00169.JPG
DSC00170.JPG
DSC00175.JPG
DSC00193.JPG
DSC00213.JPG
DSC00220.JPG
DSC00223.JPG
DSC00242.JPG

これで液晶がチルトならなー。あとファンクションに割り当てる機能がもうちょっと多いと使いやすい。
| お買い物 | 22:30 | comments (0) | trackbacks (0)
無念...
前の会社の先輩たちと忘年会だったんですが、開始直前から耐えがたい腹痛が始まりまして。しばらく我慢したんだけど耐えられなくて、忘年会を中座して帰ってきました。悔しいなぁ。

結局ビール一口なめただけ。

帰ってからも腹痛は止まらない、でなんか熱まで出てきて。中毒じゃ無いだろうな。明日まで様子みて、だめそうなら病院行こう。

昨日胃カメラでみた胃の中はさらっと綺麗だったんだけど。

DSC00265.JPG
DSC00267.JPG
DSC00273.JPG
DSC00275.JPG
DSC00279.JPG
DSC00280.JPG
| 日記 | 00:17 | comments (0) | trackbacks (0)
ビックバンドビート
ディスニーシーのビックバンドビートは割と本格的なジャズとキャラクターミュージカルを組み合わせた普段でも楽しいショーアトラクションですが、XmasシーズンはスペシャルのXmasバージョンが上演されます。

生バンドと生シンガーの定番ジャズとXmasソングのアレンジに、スペシャルにだけ出てくるグーフィーサンタとドナルドトナカイのドタバタ、ラインダンサーがサンタコスで客席を走り回り、雪が舞う中みんなでXmasナンバーの合唱と、楽しくて体がスイングし出します。ディズニーに行くならこの時期必見です。
抽選なんで見られるかは運次第ですが。

DSC00671.JPG
DSC00674.JPG
DSC00917.JPG
DSC00812.JPG
DSC00881.JPG
DSC00836.JPG
DSC00823.JPG
DSC00931.JPG
DSC00710.JPG

写真はXmasの水上ショーを中心に。これも25日までのショーですがショー終了後も水上ツリーはそのまま光っているので記念撮影するのに最適です。さらにトランジットスチーマーライン(観光船)がショー終了後だけ、このツリーの間近を通るスペシャルコースで運行するので是非乗船して見てください。綺麗ですよ。
(今日のカメラは16MのAPS-C、レンズはタムロンの18-200/F3.5-6.3、久々に普通のカメラでした。)

※休日のディズニーシーはこの時期入場制限がかかることが多いのでなるべく10時前に入場するのが安全です。

...なんか下手なディズニーマンせー記事だなぁ。
| ディズニーシー > ショー | 17:01 | comments (0) | trackbacks (0)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。