シーの素敵空間
あさから雨模様だったから河津は中止して、まったりシー。
いつも人気アトラクションを追いかけてパスしているマイナーアトラクションにも参加してみた。
フォートレスエクスプローション・ザ・レオナルドチャレンジ。
火山のふもとのガレオン船と砦を地図に記載されたなぞを解きながら回るたわいない探検物だけど、階段上り下りが多くて結構足に来る。
DSC03933.JPGDSC03939.JPG
DSC03914.JPG
砦の中にこんな素敵空間が...。
DSC03920.JPGDSC03918.JPG
プラネタリウムのような天井に大きな太陽系儀。手動で惑星が公転できる。
国立博物館で見たような振り子もあったり。
十何回通っても知らなかったところがあったことに感心。写真撮りたい空間がまた増えた。
DSC03942.JPG
DSC03958.JPGDSC03934.JPG

DSC03976.JPGDSC03986.JPG

DSC04007.JPG
DSC04010.JPG
DSC04014.JPG

DSC04017.JPG
| - | 11:37 | comments (0) | trackbacks (0)
たまには桜
久しぶりの花の写真ですよ。カメラもCANON50Dを持ち出して、御殿場線の松田にある河津桜の公園(松田ハーブガーデンが正式名だけど、ハーブはしょぼしょぼ。河津桜がメインになってます)まで。
何ヶ月ぶりかなぁ。

sakura-matsuda-0023.JPGsakura-matsuda-0021.JPG
sakura-matsuda-0027.JPGsakura-matsuda-0024.JPG
sakura-matsuda-0003.JPGsakura-matsuda-0004.JPG
sakura-matsuda-0012.JPGsakura-matsuda-0010.JPG
sakura-matsuda-0009.JPGsakura-matsuda-0002.JPG
松田山小さい公園なのでゆっくり見ても1時間くらいなのね。山の斜面なので眺めはいいけどちょっと物足りない。やっぱり河津を見たかったかな。(特急が取れなくて今年はいけなかった。)

撮影後はいつものように箱根湯元で温泉入って、小田原の居酒屋で地魚と旬菜肴に三杯ほど。地魚の刺身盛り合わせが去年と同じ値段で身が1/4くらいの盛り。マグロの3種握りもネタの厚みが半分以下に。こんなところにコストカットするくらいならネタを変えずに値段を上げてほしい...。


写真を等倍で見てみると、どこにもピントが合ってるようなあってないような、ぼけた感じ。絞りすぎて小絞りというのもあるけど、それ以上にピントが甘い感じなので、一度計ってみる必要があるかも。まず測定用のチャート作らんとねー。
| 写真 > 花 > 桜 | 16:24 | comments (0) | trackbacks (0)
習慣ディズニー日記
毎週行くのがデフォルトみたいになっちゃったので最早習慣です。
先週はタイから成田に着いたその足でシー行ったものの、寝不足と疲れで3時間くらいしかいなかったしアトラクションもほとんど乗らずだったから、今週は朝一から。

2月に入ってディズニー人口は順調に増加。戦略を練らなきゃアトラクションに乗るのも大変になってきました。

今週も朝ディズニーシーを堪能し午後2くらいでディズニーランドへ移動。パワーオブミュージックとエレクトリカルパレードみつつ、その合間に人気アトラクションを2つと場つなぎアトラクションいくつかに乗って一日堪能。夕飯はイクスピアリのイタ飯屋で満腹まで。ディズニー梯子がトレンドになりつつあるなぁ。

ディズニーシーに桜が咲いてました。来週は川津桜撮りに伊豆に行くかなぁ。
P1080314.JPGP1080471.JPG
snapshot20100214180234.jpgsnapshot20100214181057.jpg
snapshot20100214180812.jpgsnapshot20100214180523.jpg
P1080518.JPGP1080519.JPGP1080524.JPG

とはいえ、せっかく4連休にしたのに金曜のディズニー以外部屋でボーっとしていたなんて、もったいない休日だったなぁ。家にいるとボーっとしてるか居眠りしてるか。動静のバランスが崩れてるのか、ちょっと疲れたかも。
| Disney | 18:16 | comments (0) | trackbacks (0)
帰国
昨日の朝7時前の便で帰国しました。夜行便はつらい。離陸後むりやりドリンクサービスとケーキとつまみを食わされ、1時間半程度消灯したとおもったら朝5時にたたき起こされ朝飯を食べなきゃならない。もう一睡の余地もないよ。
仕事からそのまま帰国という鬼のスケジュールだからシャワーを浴びることもできないし、つらい〜。

写真を撮る暇も、取るような場所にも行かなかったなかでのタイの風景など。

朝日。だいたい現地時間の7時ころ。毎朝こんな感じでどよーっと曇ってます。タイで抜けるような青空って一度も見たことなかった。乾期で湿気が減ってる時期でこれなら、雨季の4月に行ったらどんなだ。
DSC03453.JPG

毎日ホテルと工場の往復は、差し回しの送迎車に分譲して東名高速並の広さのある一般道をおよそ100km超でぶっ飛ばして15分ほど。この手の送迎車はほとんどがハイエースワゴンで、内装をド派手に改造している。車によっていろんな内装で面白い。
その周りをド派手なペイントの巨大バス(2階建て)がぐんぐん追い越していくのですよ。すごい迫力。さらにその横を原付が80kmくらいで突っ走ってる。二人乗りも多いしノーヘルも沢山。さらにさらに、函乗りのトゥクトゥクや、ダットラの二台にホロつけただけのトラックバスに函乗りしたのやらが同じスピードで飛ばすし、ガンガン車線を変えて割り込むし、正直怖いよ。
DSC03489.JPGDSC03492.JPG

犬。そこらじゅうに、なんか安心しきってだら〜〜っと寝てる犬がいるんよ。工場の敷地内にも、町中にも。飼われてるわけじゃないみたいな。たぶん野良。あとトカゲとかヤモリとかもね。ヤモリなんかちょっと油断してるとチャンバーの中にも侵入してくる。聞いた話だが、工場の敷地内で体調数十センチのトカゲも住んでるらしい。右のはタピオカスナックとおいしいお茶。工場の売店で買った。タピオカスナックは干した大学芋みたいで美味しい。おいしいお茶は、なんと甘いグリーンティーで全然お茶の味はしなかった。両方で60円くらい。
DSC03496.JPGDSC03495.JPG

タイ飯
ホテルレストランのタイグリーンカレー。結構塩辛い。チリたっぷりで辛い。でも旨い。ステーキレストランの系列ホテルらしく、ステーキも旨かった。3センチ厚のフィレステーキのコースが2000円ほど。ビール180円。とても安い。
DSC03505.JPG

朝はホテル飯。昼は工場のキャンティーンで食べ、夜はホテル飯か周辺のレストランか露天みたいな食堂で。工場だと基本ぶっかけご飯か麺類。米はタイマイの白飯かチャーハンにお好みの具(煮込んだ牛とか蒸した豚、鳥、野菜炒め、等)をかけて生唐辛子や甘酸っぱい汁、ローカルの人はさらに匙一杯の砂糖、乾燥唐辛子などをぶっかけて食べる。麺は小麦麺かビーフン麺にナンプラーなどの調味料とスープ。トッピングをお好みで数種類入れ、やっぱり山もり唐辛子やパクチーをかける。ローカルだと飯同様砂糖や塩も掛ける。それで一食15〜20BTH(5〜60円)。めっちゃ安い。しかもオカズを買わず白米だけ食べるならタダ。一緒に行ってた日本人で白米に持参の振りかけをかけてタダ飯してたのも居た。タイ米の味とにおいは独特だけど、ぶっかけ飯、麺ともに結構旨かった。

基本昼飯を買って食べていると、現地人スタッフが皿に盛った山もりフルーツやワッフルの練乳かけなどをふるまってくれたので毎回おなかいっぱい。見たことないフルーツも一杯。現地の食べ方は、塩と砂糖と唐辛子を混ぜた調味料をフルーツにつけて食べる。一瞬ゲッとおもうけど、食べてみると案外刺激があって面白い。なれたら旨かった。結構至れり尽くせり。海外だと日本からの出張者は大事にしてくれてそこんとこはありがたい。そんだけ権威を示さんといけないんでそれなりにプレッシャだけどね。

ホテルの近くの商店街。露天みたいなビヤガーデンのような生バンド(ロック)ありの食堂が連なる。メニューは写真入りの英語と日本語とタイ語。ビールは1mくらいの高いポット(というかタワー)で買ってグラスについで飲む。ちょっと飲むとすぐ店のおねーちゃんが継ぎ足していく。サービスで氷を入れてくれる(^^ゞ。ま、アジアで生水とか氷は要注意とよく言われるけど、気にせずガンガンお変わりしていた。気候のせいもあるけど現地のビールは薄味だからいくらでも飲めるし、唐辛子のおかげか全く酔わない。
DSC03592.JPGDSC03595.JPGDSC03600.JPG

そこで食べた空芯採いため、肉と野菜と卵のいため、ナッツの炒め、魚のスチーム(レモン汁とパクチー味に唐辛子)。魚はスズキ。あっさり味にレモングラスとパクチーが利いてとてもうまい。もちろん生唐辛子も入っている。他に他にパイナップルライスも食べた。半切りパイナップルにパイナップルの実を一緒に炒めた炒飯も旨かった。などなど散々食べ呑み300BTH(900円)
DSC03583.JPGDSC03584.JPG
道端の屋台の麺やもいい匂いがしてうまそうだった。

ローカルスタッフの車でバンコクとアユタヤの中間くらいにある巨大スーパーマーケットに連れて行ってもらいお買いもの。
スーパーマーケットの食品売り場。見たことない果物が沢山。そして携帯売り場。綺麗で近代的なビルなのに秋葉のラジオデパート並のあやしさ満載の携帯屋台が並んでる。中古から新品まで下は3000円から上は10000円程度まで。
DSC03572.JPGDSC03576.JPG

宿泊したホテル。15階の部屋。眺めはいい、すごく。だけど田んぼの真ん中みたいなもんだからなんも見えなかった。
DSC03606.JPG

最終日空港に行く手前で会社ブッキングの食事会(ただし自腹)に寄ったアユタヤ遺跡の横にある川岸のレストラン。屋台が基本みたいなタイの現地飯屋の中ではかなりの高級店と思われる。チャイナ服着たねーちゃんがビールを注いでくれるし。店内には国王夫妻の祭壇(というの?)を設けた部屋まであった。日本の店の基準だと観光地にある食堂みたいな感じだけど。味は美味しい。屋台の店と変わらなく。
DSC03651.JPGDSC03655.JPGDSC03656.JPGDSC03660.JPG

エビチャーハン。あと必ず出てくるきゅうりのスライス。辛いたれをつけて食べる。なまずのスチーム。などなど。
DSC03638.JPGDSC03639.JPGDSC03642.JPG

23時便に乗るために21時半タイスワンナプール空港に到着。24時間営業の国際ハブ空港だけあり、とてつもなくでかい。金曜の夜中なのに沢山の外国人でめちゃ混んでるイミグレーションを30分かけて抜け、免税店で少ない時間を一生懸命買い物。エントランスからJALの登場ゲートまでは優に1kmはある。そこに連なる免税店で手持ちの現金(現地通貨)はほぼ使い切り登場30分前に登場ゲートに。
正直汗だくで食べたタイ料理屋の強烈なにおいをつけたまま6時間も飛行機に乗るのはつらかった。
DSC03663.JPG

そして朝やけの成田に到着。タイラインの到着ゲートは離れ島なので無人シャトルで移動する。このシャトルじつはケーブルカーだった。
DSC03672.JPGDSC03674_TRIM.jpgDSC03677.JPG

入国審査は数分で終わり晴れて再入国つか帰国。だけど7時前に空港に着いたのに、そこから都心へ戻る電車がねぇ。千葉ってとっても不便だよ。これで国際空港ってんだから笑っちゃうっての。7時53分の特急でなぜか上野周りで東京に帰還。
そしてその足で来たところは...
DSC03695.JPGDSC03717.JPG
そう、ディズニーシーだった。(笑)
足のなさに千葉から千葉への移動に2時間もかかり入園は10時過ぎ。出遅れてFP取れなかったので何時ものアトラクションは乗れず、またとても眠かったこともあり、昼過ぎには撤収した。したら強風で京葉線が遅れてる。情けな。

帰りに東京で丸ビルに寄り道。寿司食ってビール飲んで5000円。出張中の食費は上限5000円まで実費支給なので、食わなきゃ損。なんせタイではいくら豪勢に飲み食いしても町の食堂じゃ1000円行くか行かないか。1日で5000円食ったら腹が破裂して死ねる。手当もほとんどつかないしせめて帰国初の飯くらい贅沢にしてやるかと。(ただ高いだけであまりうまい寿司じゃなかったなぁ。日本の飯は高すぎ。)
DSC03730.JPG

お土産。帰国の前日、ローカルスタッフに車で連れてってもらった巨大スーパーでインスタントタイカレーとかタイレッド&グリーンカレーのペーストとかカレーブイヨンなどを大量に買い込み、空港の免税店でもレトルトやドライフードのタイカレー沢山、それと定番のチョコレート(像とトゥクトゥクの形)を大量に購入。こんだけ買っても6000円くらい。タイの物価はホントに安い。
DSC03733.JPG

さっそく夕飯にグリーンカレーペースト使ったタイ風カレー作ってみたけど材料が違うのか腕が違うのか、なぜかオリジナルペースト使ったのに和風あっさりなタイカレーができた。何が足りないんだか。唐辛子も大量に入れたんだけど。
まあカレーの元は沢山買ったからじっくり試そう。


一週間いたけどタイの飯は体にあったのかどれ食べても旨かった。唐辛子ソースなんかも平気でかけられるし、氷を入れたビールも全然OK。風景も日本に似てるし車は右ハンドルだし。英語が母国語じゃないんで英語の会話も気にせずできる。4月にまた行くけど今度は休みのある長期出張だといいなぁ。金使わんし。1週間いて飯とお土産で2万も使わなかった。


おまけ。タイのバス。観光バスも現地人労働者を工場へ運ぶシャトルバスも。ほとんどのバスがこう言ったド派手な全体ペイントでデコレート。しかも、明らかにパチモンくさい絵柄はまるでパチンコのキャラ台のよう。どうしても撮りたくて連日送迎車の窓から狙い続けたタイ版痛車ならぬ痛バスがあったんだけど、ついに撮影できず。秋葉系の萌え絵を見よう見まねで中国人が描きました、みたいな面白い絵だったんだけど。これが朝夕はコンボイのように大量に次から次へと流れるんだから結構壮観だった。
Bus1.jpgbus2.jpgBus3.jpgBus4.jpgBus5.jpgBus6.jpgbus7.jpg
bus8.jpgbus9.jpg


タイ最高かも。
| 日記 | 14:41 | comments (0) | trackbacks (0)
腹痛かなぁ
タイのローカル料理はそこそこうまい。日本のタイ料理やと味に大きな差はないので、まあ普通に食べてるんだけど…。

昨日の午後からちょっとおなかが痛むようなむかつくような。
普通に食べ過ぎてるのか、なにかに負けたのか、いまいち不明。

このまま腹を壊したらちょとまずいので、薬を飲むか思案中。
下痢止め飲んだけど実は食べすぎでおなかが張ってるのだったら逆効果だし、うーん。

ところで、タイのローカル用のトイレ(個室のほう)は、日本人には無理。
和式と同じなんだけどなぜか地上10センチも高くなってて、しかも便器だけが飛び出てるので、その両ふちに足を乗せてしゃがむというとても不安定かつあくロバチックな代物。

入ってみたけど使用法に数分悩み、使ってみたけど空気いすやってるみたいでたちまち足の筋肉が震えだして危うく転落しかけた。非常にまずい。明日は日本人用の普通のトイレを探さなきゃ死活問題かも。

…会社の社内LAN経由で日本にアクセスするより、ホテルの回線使うほうが何倍も早いし太いのはいかがなものか。
| 日記 | 04:51 | comments (0) | trackbacks (0)
タイで…
あさて、朝市のNEXで成田に行き、JALで7時間弱えっちらおっちらしつつタイに到着。バンコク中心から車で1時間くらいのアユタヤにいます。

投宿しているホテルはミドルクラスだけどすっげー豪華(平社員にとっては、だけどね。)僕が入ったのはほとんど急遽、の予約だったため1ルームタイプで一番安い部屋だけど、それでもリビングセットあり、AVシステムあり、キッチンもあり、風呂はバスタブとシャワールームが独立していて、バスタブは足を伸ばして寝そべれる。これで7000円くらいなので驚くね。インターネットも使い放題だし。

だけどついていきなり、他のメンバから置いてきぼりを喰らい、一人さびしくレストランで夕食。食事は実費精算なんでステーキのコースで。厚さ3センチ強のステーキ、おいしゅうございました。

それにしてもタイ、なじむなぁ。日本にいるのと風景ほとんど変わらない。
車も右ハンドルだから日本そのままってかんじ。
タイ語がわからなくても英語ができなくても、ぜんぜん気にならず構えもしない。同じアジア人という安心感なのかな。NHK見れるし。

時差2時間はちょっと疲れたので、今日はここまで。

DSC03434.JPGDSC03436.JPG
DSC03439.JPGDSC03440.JPGDSC03427.JPGDSC03429.JPGDSC03443.JPGDSC03442.JPG
| 日記 | 01:08 | comments (0) | trackbacks (0)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。