パニックは収まりつつある?
バイクの油、ストーブの油、共に残りが乏しくなったのでガソリンスタンドへタンクを持って給油に行った。

行きつけのスタンドは開業以来という繁盛っぷり。見たこともない店員の行列整理なんて物を見た。誘導に従い交差点を越えた車列の最後尾へ並ぶこと...1分半。どんどん車がはけていって、よく見たらスタンド待ちの車が先頭に数台詰まってるせいで交差点を越えられない、関係ない車の渋滞だった模様。

せいぜい信号1回分ほどの待ちでスタンドに到着。灯油とガソリンを入れてもらったが、特に給油量制限とかしている様子もなく、在庫は順調に回復しているみたい。この分なら来週には、少なくとも首都圏は平常化しそう。

となると、あとは政府が流した放射能騒ぎの風評被害かな。正しい情報がほとんど流れてこないからなー。
あと、だんだん南に移ってきている余震。
| 地震 | 00:22 | comments (0) | trackbacks (0)
豊島園
寒緋桜ですかね。つぼみがふくらみ始めた桜並木の中で二本ほどが咲いていました。
DSC00138.JPGDSC00140.JPG
停電がなくなったけど旅館へ泊まりに行くにしても、交通が不安で遠出は取りやめました。さりとて、ディズニーはまだ復活していないし、とネットを見ていたら従来の遊園地はいくつか営業するという情報。豊島園もその一つだったので、軽く遊んで都内の温泉へ行くのも良かろうと昼くらいに出張ってみました。
DSC00141.JPG
DSC00143.JPG
豊島園は幼稚園のころは毎週のようにきてましたが、大人になってからは20年以上ぶり。なんともしょぼい遊園地だなぁ...というのが正直なところ。むかし楽しかったクラシックカーがくすんでいたり、とても高いと思っていたジェットコースターが通勤で通るスカイウェイ程度の高さしかなかったり、いろいろ褪せていました。
そしてこのガラガラ感。入園者はほんとにちらほらと見かける程度で、全員合わせても100人もいないのではないか?という感じ。たぶん平素でもあまり人気はなさそうなところへ、地震と停電でとどめを刺された感。
DSC00144.JPG
園内のスナックスタンドに怪しげなインド人がいるカレースタンド発見。暇すぎてインド語で電話でだべってました。だけどナンは注文してから生地を棒で延ばして、釜に貼り付けて焼く本格的な物。焼きたてで結構おいしかった。意外。
DSC00145.JPG
ミステリーゾーン。これも子供の頃からあるまんま。カーゴに乗って見るお化け屋敷。大昔の効果音と共に急にランプがついてお化けの絵が浮き上がる、すばらしくショボい見せ物でした。
DSC00147.JPGDSC00157.JPG
1907年にフランスで作られたというカルーセル。乗って気がついたのが、馬が上下に動かない。昔のカルーセルってそうだったっけ?とこれは新鮮でした。
飾りの人形は当時の風俗を反映していて年代物って感じはします。(中世以降女性が胸を丸出し、方出しするファッションがヨーロッパでは何度か流行している。)
DSC00158.JPG
模型汽車って名前だったのを初めて知った。おとぎの汽車って呼んでいた覚えがあります。
00010.MTS (0_02_18) 000027.bmp
路線の途中に、さすがにこんなシュールなオブジェは、昔は無かったとおもうけどな〜。

結局ディズニーのQualityの高さは尋常じゃないって改めて認識しましたな。

夕方からは、大江戸温泉に移動しのんびり湯に浸かりました。ニュースで言っていたような液状化の跡は、大江戸温泉周辺には見られず。中の居酒屋で飲食したらそこだけディズニー並みの値段でした。
| 地震 | 11:28 | comments (0) | trackbacks (0)
ディズニーリゾート:3月18日時点における「東北地方太平洋沖地震」の影響に関するお知らせ
3月18日時点における「東北地方太平洋沖地震」の影響に関するお知らせ

・パーク内の施設にダメージは無く開園可能な状態。
・周辺部の液状化現象も駐車場の一部に限られる。
 (舞浜駅周辺はパークの設備ではないので除く)
・電力供給の目処が立たないので再開時期は未定。

★セリーグの糞野球ナイターに無駄な電力垂れ流すくらいならこっちのほうに回した方がよほどましな電力の使い方だと思うよ。

★心配なのは休園による業績悪化。ただし株が大幅に下がれば購入する余地が出てくるのでそこは期待でもある。

「東北地方太平洋沖地震」の影響による東京ディズニーリゾートからのお知らせ


「営業休止施設について」

地震の影響により、現在東京ディズニーリゾートの次の施設は営業を休止しております。
営業再開の見通しについては、現在未定となっております。
・東京ディズニーランド 
・東京ディズニーシー 
・ディズニーアンバサダーホテル
・東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ 
・東京ディズニーランドホテル
・東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター 
・東京ディズニーリゾート・チケットセンター 
・東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト 
・ディズニーホテル レストランインフォメーション
・ボン・ヴォヤージュ
・イクスピアリ全店
・シルク・ドゥ・ソレイユ® シアター東京 
・東京ディズニーリゾート・パークファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」事務局
・東京ディズニーリゾート・パートナーホテル「パーム&ファウンテンテラスホテル」
・ディズニーリゾートライン

「休園中の日付指定パスポートをお持ちのお客様へ」

2011年3月11日〜休園期間中の日付指定パスポートをお持ちのお客様は、 パーク運営再開後、2012年3月31日までに「東京ディズニーランド」または「東京ディスニーシー」のチケット販売窓口にて「発行日から1年間有効の再来園パスポート」に交換させていただきます。
お手持ちのパスポートとの交換になりますので、大切に保管いただきますようお願い申しあげます。


★3連休なのにどこにも行くところがないのでうだうだしてます。飲みにでも行こうかな〜。
| 地震 | 08:14 | comments (0) | trackbacks (0)
今日もバタバタ
17時に本社発令の一斉放送があり、大規模停電防止のため鉄道各社に減便要請の影響で夕方から電車混雑の懸念があるから早帰れと。
その放送を聞いた途端全社で一斉に帰り支度が始まり、エレベータ待ちの渋滞にタイムカードの渋滞に品川駅への徒歩渋滞。
そして、品川駅では京浜東北と山手線ホームに乗車待ち行列の瞬間大渋滞。ほぼ弊社社員のために発生したもの。
もうちょいと考えて誘導すりゃいいのに。パニックをわざわざ作ってるような物だわさ。

まあ早めの退社が功を奏し、新宿乗り換えも比較的スムーズ(とはいっても朝の山の手ホーム並みに人があふれていたが)。18時過ぎには帰宅した。その頃ニュースでは新宿池袋で乗り換えの人が駅の外にあふれていると...。

当分毎日こんな感じだと、疲れるなぁ。仕事も手につかないし。

☆ACのTVCMが、あまりにしつこく同じ物ばかり流すのでもううざったくてしょうがない。いくらいいことを言っていても、こうしつこいと敵意を覚えるね。こういうときは普通のCMを流しちゃいけないという風潮でもあるのだろうか。
| 地震 | 21:25 | comments (2) | trackbacks (0)
バタバタ
自宅待機1日目にして、もう自宅待機解除&明日から出社命令。
出たり休んだり、バタバタすぎて仕事する気にならん。
通勤が不安定なのはかわらんのだが。
ましてディズニーが営業休止中ではおいらの仕事半分以上できないし。

近在のスーパーは相変わらず米、トイレットペーパーなどの買いだめ需要のせいで在庫無しが続いていた。ホンとアホ。
| 地震 | 22:59 | comments (0) | trackbacks (0)
パンがなければお菓子を食べればいい
昨日も運休の間を乗り継いで出社した。
途中いつものコンビニへ入ったら、棚にほとんど商品がない。お弁当はおろかパン、カップ食品類すら残っておらず、やむなくお菓子を買った。
まあ会社には仕出しの弁当屋が入っているのでそこで買えると思っていたのだが、ちょっと出遅れただけで全部売り切れていた。普段より持ち込み量が少ないんだろうけどこれはないなぁ。

仕方ないので昼は菓子で糊口をしのいだ。アントワネットの言葉は至言だった。たしかに腹がふくれれば、菓子でも弁当でもかまわないけどね。

会社にいても電気は消えているし給湯器なども動かない、社員も定時にそろわない、でなんか仕事が手につかなかった。
そうしているうちに本社から本日定時退社とメールが飛んできたが、その1時間後には3時で総員退社、以降は連絡が有るまで自宅待機、と指示も二転三転する。

あわただしく仕舞いの支度をして退社。
本日は家で朝から連絡待ち。

☆近所のスーパーやコンビニでも米、保存糧食、トイレットペーパー、電池などが軒並み売り切れ、入荷未定。なんだかオイルショックの時と同じパニック臭を感じる。物資は存在しているし流通も首都圏〜関西圏はたいしてダメージを受けていない。地震の影響はあっても冷静に待てば遠からず物流は復活するはずなんだがね。

とりあえず生活物資は通販では入手可能だし。
| 地震 | 07:32 | comments (0) | trackbacks (0)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。