<< 初買い | main | ああやっと >>
暮れの旅行〜記〜
昨年暮の旅行は、キティに惹かれて善光寺。
DSC03089.JPGDSC03075.JPGP1070670.jpg
あちこち観光せず温泉入ってだらだらが目標なので観光は控えめに。ささっと見物したらローカルで上田に。

上田駅でちょっと外に出て駅前をチェック。まだサマーウォーズの垂れ幕はありましたが、観光案内所他でのディスプレーは撤去され、こいこいマップのスタンプ台もありませんでした。さすがに。別所線の駅にも以前のようなディスプレーはありませんでした。
DSC03091.JPG
そんでさくっと別所温泉へ。

初日の宿、別所温泉”七草の湯”。北向観音のすぐ下にある宿。代替わりして立て直した綺麗な宿でした。泊まったのは12畳主室に6畳の次の間付きでえらく贅沢な部屋。温泉は温めで仄かな硫黄臭。飲んでも美味しいです。
食事も別所の宿としては別格でした。うまそうでしょ。
DSC03092.JPGDSC03094.JPGDSC03095.JPGDSC03096.JPG
早めについて温泉でだらだらしました。

別所温泉観光名所、北向観音。9月に来た時は、結構痛絵馬を見ましたがさすがにこの時期1枚だけでした。(1枚でもあればすごい。)
P1070726.jpgP1070714.jpg
こちらは安楽寺の地蔵。
P1070740.jpg

2日目朝。別所温泉駅の横に旧型の丸窓電車がぼろぼろで保存されています。その隣には丸窓喫茶という喫茶店があり、地元のおばちゃんが手作りケーキと飲み物を出してます。電車に向いたドアは丸窓。(丸窓から丸窓電車を撮影できる。)
P1070756.jpgDSC03102.JPG

別所線の途中で丸窓電車の車庫があり、無人駅なので途中下車して写真をいろいろ。今回は運航してなかったようで2編成ともここにいました。
P1070774.jpg
P1070777.jpg
またここは生島足島神社という日本のほぼ真ん中にあるという神社があります。なんかの記事で千と千尋の舞台のモデルじゃないか〜なんて書いた記事を読んだのでついでに寄ってきました。〜ただどの辺がそうなのか全然わからなかったけど。
P1070764.jpg

2日目宿は小諸懐古園の下手にある、島崎藤村縁の宿中棚荘。9月に一人で泊まった時にえらく気に入ったので今回は親連れで参りました。泊まったのは藤村も投宿していた旧館。大正期の建物なので相当年季が入ってる。新館ロビーには藤村始めいろいろな書籍を満載の書斎風スペースがあり、薪の暖炉に当たりながらこおひぃやビール、カクテルなど飲みつつ書架の本を引っ張り出して読みふけるなんて贅沢ができます。
DSC03104.JPG
DSC03126.JPG
中棚荘名物のリンゴ風呂(文人風呂)。源泉掘りには藤村も作業をしたという。夕前に到着したので風呂のリンゴは入れたてフレッシュないい匂いが漂ってました。中は少々熱め、露天は超温め。露天に入ると1時間でも入ってられます。気持ちよく。そしてここの湯も飲める。微硫黄なので結構美味しく飲めます。
DSC03132.JPG
ここの料理も相当上手いです。やはり温泉入ってだらだらしました。

3日目は小諸から軽井沢に寄って昼飯。あとプリンスモールで土産を物色。そして帰りはバスで横川に寄り、横川の釜めし弁当を夕飯用に購入してから鈍行で高崎経由上野で帰宅。(なお高崎で車内用に鳥弁も購入して食べました。)
P1070816.jpg

おまけ。新幹線のヌメヌメ感はいい。
DSC03068.JPGP1070653.jpg

おまけ2。別所のお土産。別所線限定の鉄道娘別所駅長さんバージョンと別所線サマーウォーズ公開記念切符。駅長さん人形は別所線の駅で買うとアソートなしでこれが買えます。
DSC03133.JPGDSC03135.JPG
| 旅行 > ロケ地探訪 | 00:08 | comments (0) | trackbacks (1)
Comment
コメントをどうぞ...









Trackback URL
http://www.yoshi.u-ki.jp/sb.cgi/818
Trackback
七草の湯
長野県・夫神岳の麓に湧く、信州で最も古い歴史をもつ温泉の一つです。古くから「七久里の湯」として親しまれ、平安時代の和歌集にもその名が明記されています。石湯・大師湯・大湯など、由緒のある名湯は共同浴場として地元の人々に利用されています。
| 温泉生活 | 2010/02/12 06:08 PM |

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。