<< 虹とうんこ | main | 角館旅行~食事編 >>
角館さくら祭り2009
GW連休の頭に行った角館。一度は見たい武家屋敷のしだれ桜だったけど、残念ながら今年の桜は早すぎて、行った4/29-30はもうほとんど葉桜の状態でした。
ひじょーに悔しい。来年リベンジしたいなー。今度は弘前も入れて。

武家屋敷通り周辺のしだれ桜。満開だとポスターのような景色が広がるはず...。
kakunodate_0002.JPGkakunodate_0006.JPGkakunodate_0011.JPGkakunodate_0007.JPGkakunodate_0019.JPGkakunodate_0029.JPGkakunodate_0013.JPGkakunodate_0022.JPG

下新町〜田町下丁付近の民家(といっても蔵のあるとてもお屋敷な家)の庭のしだれ桜。この辺も見どころ。
kakunodate_0099.JPGkakunodate_0063.JPGkakunodate_0168.JPG

全国桜百選、桧木内川河川敷の桜並木。横町橋から古城橋の間の区間は観光客用の露店会場が隣接され花見客でにぎわう。人ごみが多いせいか桜の花の散りが速い気がする。
kakunodate_0039.JPGkakunodate_0042.JPGkakunodate_0047.JPGkakunodate_0045.JPG

夜は武家屋敷通りと川側の桜並木がライトアップされる。
この時期角館周辺の宿は送迎バスによる夜桜観桜ツアーをセットアップしてくれるので、それを利用して夜桜見物。まったく風のない夜で、枝垂れの一枝たりとも微動だにしない素晴らしい条件。ただしさすが秋田。夜は結構冷えた。
2時間ほど見物して宿へ戻り、温泉でゆっくり温まった。
kakunodate_0065.JPGkakunodate_0071.JPGkakunodate_0075.JPGkakunodate_0082.JPGkakunodate_0086.JPGkakunodate_0087.JPG

2日目は再び角館をゆっくり散策。角館南高校から内川橋〜桧木内川の土手を横山橋へ向かい、桜のトンネルを歩く。昨日回った横町橋以北の土手と違い露店や観光駐車場がない分人も少なく静かに桜を楽しめる。しかも桜のトンネルも密度が高い気がした。高校の前を通ると、なんだか女子高生が大挙して川方面へ歩いて行く。と思ったらカメラを持っている人間を見ると手を振って愛想を振りまく。ためしにカメラを向けたら大騒ぎで移ろうとしたので一枚。田舎の娘は人懐こいのかねぇ。
kakunodate_0092.JPGkakunodate_0095.JPGkakunodate_0096.JPGkakunodate_0101.JPGkakunodate_0106.JPGkakunodate_0105.JPGkakunodate_0108.JPGkakunodate_0111.JPGkakunodate_0115.JPGkakunodate_0118.JPGkakunodate_0126.JPGkakunodate_0128.JPGkakunodate_0131.JPGkakunodate_0151.JPG

二日目は田沢湖高原に宿泊。そして三日目は帰るまでの時間潰しで田沢湖観光。
kakunodate_0169.JPGkakunodate_0172.JPGkakunodate_0177.JPGkakunodate_0179.JPG
バスしか移動手段がないので結構時間が不自由。田舎は車がないとほんっとに行動が不自由。遊覧船で黄金の竜子姫像を見て、周回バスで戻ったらもう見るものもすることもなく、ゆっくり帰りの電車を待って帰路へ。

しかし湖に金の銅像ってどういうセンスかなー。世界三大ガッカリスポットに登録してもいいんじゃなかろうか。

角館観桜スポット地図角館観桜スポット地図
| 写真 > 花 > 桜 | 20:29 | comments (0) | trackbacks (0)
Comment
コメントをどうぞ...









Trackback URL
http://www.yoshi.u-ki.jp/sb.cgi/752
Trackback

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。