桜サクサク 鎌倉・千鳥ヶ淵・神代・他
桜2段目です。
ます鎌倉、今回は入場料を一切かけずに回れてしかも桜絶品のおすすめコース。ポイントは北鎌倉エリアをばっさり捨てる。円覚寺、建長寺あたりは桜名所に必ずあがる寺ですが、入場料の割に桜はいまいち少ないし、境内が広く見るのに時間がかかるので省略します。

本命は鎌倉駅からすぐ、妙本寺。入山料を取らず観光客もほとんどこない静かな寺ですが、ここは桜と海棠がきれいで見応えあります。本数は少ないけど、寺の建物との対比が画になる。知ってる人は知っている、隠れ桜の名所です。
08-sakura-001.JPG08-sakura-002.JPG08-sakura-003.JPG08-sakura-004.JPG08-sakura-005.JPG08-sakura-006.JPG

その次は逗子方面へ向かい材木座海岸にある光明寺。ここも観光寺ではないので入場無料。境内には見事な枝振りの桜が数本。山門から本道を望む中間にある桜、右側の鐘楼の脇にある桜が写真的に美味しい桜です。
08-sakura-007.JPG08-sakura-008.JPG

そのまま海沿いを長谷に向かい、長谷のちょい先虚空蔵菩薩と成就院をながめ、少し戻って御霊神社へ。ここは桜は数本であまり見応えは無いですが、江ノ電が境内の真ん前を通過するので江ノ電と四季の花を絡めるスポットにいい。
08-sakura-009.JPG08-sakura-010.JPG08-sakura-011.JPG

つぎに御霊神社から1分、長谷観音へ。ここでは無料のトイレだけ借り、正門の提灯としだれ桜を外から眺めます。(中に入っても桜はほぼこれだけなので、わざわざ入場料を払ってもしょうがない。)
08-sakura-012.JPG

そしてその一つ通りを挟んでとなりの光則寺へ。山門手前の桜と桃の木(いずれも手前の民家の物です。)がきれい。また、門構えの横にはしだれ桜がありこれも売りです。中には市の天然記念物になっている海棠の大棚がありますが、今回はまだ咲いていなかったので中には入りません。(入る場合は100円)
08-sakura-013.JPG

鎌倉へ戻り化粧坂方面へ。少し高台の奥まったところにある海蔵寺へ。
ここは桜はありませんが、この時期ユキヤナギがきれいに咲いています。ついでにタンポポなども。
08-sakura-014.JPG08-sakura-016.JPG

海蔵寺から鶴ヶ丘天満宮方面へ下り、横須賀線線路を越えたところで浄光妙寺に立ち寄ります。ここも無料。静かな境内の奥に桜の木。ここもあまり人が来ない処ですが一見の価値ありでしょう。奥の宝物を鑑賞しなければ境内は無料。
08-sakura-017.JPG

帰り道板塀からのぞく桜。最後に、ふたたび逗子方面へ戻り杉本観音、報国寺、浄妙寺などの周辺を見学。寺にはいるよりその周辺の道にある桜の方が実は見応えが多いんですよ。
08-sakura-018.JPG
あと、鎌倉宮方面へ行く途中の住宅街にある桜の小道(通り名は失念)も、望遠で引っ張ると見事な桜のトンネルになっておすすめです。

んで、昨日はその後大船ラドン温泉(笑)に寄ってから東京千鳥ヶ淵へ。木曜に空振りだったお堀の桜ライトアップを撮ろうと。
しかしこちらはすっごい人出でした。九段の駅から千鳥ヶ淵緑道までの数百メートルに4〜5列の人の列がぎっしりつながって、遊歩道へたどり着くだけで1時間待ちな様相でした。

08-sakura-019.JPG
08-sakura-020.JPG

翌日は近所巡り。神代植物園の桜。多磨霊園のしだれ桜、野川公園の桜、など。
08-sakura-sonota001.JPG08-sakura-sonota002.JPG08-sakura-sonota003.JPG08-sakura-sonota004.JPG08-sakura-sonota005.JPG08-sakura-sonota006.JPG08-sakura-sonota007.JPG08-sakura-sonota008.JPG
08-sakura-sonota009.JPG
08-sakura-sonota010.JPG

東京はこれで終わりかなぁ、もう桜散っちゃうかなぁ。
| 写真 > 花 > 桜 | 23:50 | comments (2) | trackbacks (0)
六本木ヒルズ〜夜桜
だいぶ予定が狂ってしまった。
まさかこんなに早くさくらが満開になろうとは思わなかったので、全然予定が立たないですよ。とりあえず六本木ヒルズは押さえとかなきゃ。
08-sakura-hills-001.JPG
08-sakura-hills-002.JPG
08-sakura-hills-003.JPG
08-sakura-hills-006.JPG
08-sakura-hills-008.JPG

ヒルズで結構持ち時間が足りたので、九段下の千鳥ヶ淵まで足を伸ばしました。...ORZ
08-sakura-hills-009.JPG
お堀の桜、ライトアップは明日からだそうで...今日は真っ暗でした。
| 写真 > 花 > 桜 | 02:17 | comments (0) | trackbacks (0)
城山カタクリの里
神奈川は橋本近くの城山カタクリの里。
カタクリ群生地が見頃と聞き行ってきました。
小さな花なので撮るのが大変。地面にはいつくばって撮っている人多数。
ぼくはへろへろなのでそこまで気合いを入れることもなく。
今年はさくらが早いので、カタクリはここだけになりそうだなぁ。

08-katakuri-001.JPG
08-katakuri-002.JPG
08-katakuri-003.JPG
08-katakuri-004.JPG
08-katakuri-005.JPG
| 写真 > 花 | 01:01 | comments (0) | trackbacks (0)
またつまらぬ物を買ってしまった。
こんな物買いました....。
img230.jpg
【富士通 BIBLO LOOX U50XVC】

VAIOのTYPE Uとどちらにするかで半日悩んだけどまあ汎用性のあるやつでと。
数年前に買ったシャープの村正があるんだけどいまいち使い勝手悪かったから急に欲しくなって。
PDAで漫画やビデオがみれればいいんだけど、WS03は非力でね。

主用途は撮影旅行に持ち歩いて漫画とビデオを見る、だけ。

村正でもいいじゃん、って気がひしひしするけれど、いつもの買いたい病。
村正さんはとりあえず引退かな。(いままでほとんど使ったことなかったけど)
| お買い物 | 08:25 | comments (2) | trackbacks (0)
下ノ畑ニ居リマス 3日目
3日目は帰宅の日。
ただスコっと帰るのもつまらないので盛岡に寄ってきました。
といっても盛岡市内にはやはり何もないんだけれど。

開運橋からの岩手山。盛岡には7年ほど前に仕事で十数回も滞在しているのに観光したことは一度もなく、この橋からこんな景色が見えることにも気がつかなかったんですよ。
P1020127.JPG

開運橋。この袂のホテルに毎晩泊まり、凍った道を朝一で盛岡から矢巾まで通って、帰ってくるのは夜中過ぎ。で、となりの居酒屋で2時間くらい宴会してまた翌日出かけて、っというサイクルだったから景色に気がつく余裕もなかったんだろうなぁ。
P1020126.JPG

昼飯。盛岡冷麺でも行列の出来るじゃじゃ麺屋でもなく、あえて牡蠣とエビフライ。三陸産の牡蠣はでっかくて美味しかった。
P1020115.JPG

昼飯でおなかいっぱいになったところで、午後の新幹線で帰宅。
お土産は萩の月とこれ。駅弁と一緒につまみとして買ったんですが、ホヤの珍味。かみしめると鼻に抜けるほのかな生臭さとしみ出す味わいがなかなかうま〜な。あたりでした。
列車のなかでワゴン販売のおねーちゃんに箱を見せて同じのある?って聞いたら4箱入りがあるというので追加で査収。
今回の旅で一番の収穫かも。
P1020130.JPG

おまけ・適当なスナップなど。
P1020051.JPG
P1020042.JPG
P1020030.JPG
P1020092.JPG
P1020097.JPG

今回の旅のお供はこれ。5年ほど前に買ったLumix12倍光学手ぶれ付き。画素こそ200万画素だけど結構使えました。もう旅の目的が何もしない、だったので重い一眼持ってくる気にもならず、半年ほど使っただけで死蔵していたこいつを引っ張り出して持って行ったんだけど。小さくても機能は十分ですな。
img228.jpg
| 旅行 | 02:50 | comments (4) | trackbacks (0)
下ノ畑ニ居リマス その2
二日目。
朝ごはんをお変わり。ちょっと熱めの朝風呂をゆっくり使い、腹ごなしの散歩。宿の周りを小一時間ほど散策。
P1020071.JPG

ご覧のとおりほんっとに何にもない。お店の類は一切なし。1時間で人家のあるところは回りきってしまう感じ。ここに長逗留して毎日温泉はいっておいしいもの食べて散歩したら健康になるだろうなぁ。
P1020080.JPG
P1020087.JPG
普通の家の庭。牛小屋か?と思ったら鹿がいた。
P1020089.JPG
休耕田にはふきのとうが。
P1020093.JPG
軽く一周してきてちょうどお昼。頼んでおいた天ぷらそばと冷酒でお昼をいただく。…おいしい。
P1020106.JPG
お昼の後はコタツでごろごろ。その間に眠くなって一眠り。
2時過ぎにおきだして宿の自炊部にある売店で唐辛子南部せんべいなど買って、つまみにビールなど飲んでいると、もう日暮れ間近だよ。
暇つぶしにビデオや漫画を一杯つめてきたPCも使わず。
ごろごろするってのも意外と時間のたつのが早いね。

飯の前にもう一風呂浴びるか。
| 旅行 | 14:59 | comments (2) | trackbacks (0)
下ノ畑ニ居リマス
P1020044.JPG
またここにきています。
ほーんとになんもない町。

P1020019.JPG
朝、東京駅の駅弁食べ、仙台で新幹線を乗り継ぐときに買った季節限定牡蠣飯弁当で昼の弁当をつかう。

P1020048.JPG
バス待ち合いの時間つぶしに賢治をモチーフにした茶店でハーブティーと茶菓子(注文の多いロールケーキ)を食べる。

P1020054.JPG
で、秘湯の温泉宿で湯につかり、ほどほどの夕食を食べる。
あとはやどでごろごろの予定。
| 旅行 | 08:24 | comments (2) | trackbacks (0)
松田のさくらと沼津港
上手い写真でちょくちょくのぞきに行ってる「maeteru Photoブログさん」で松田山ハーブ園の桜祭りというイベントを知りました。
河津桜と菜の花という河津街のまんまパクリなイベントですが、近いので行ってみました。御殿場線松田からシャトルバスで5分ほどの山の斜面に、植えたさくらと菜の花越しにはれた空なら富士山が望めます。(昨日はあいにく霞んで富士は見えなかった。)
植え付け面積は1ha程度でちんまい公園です。しかし斜度が急な斜面なので縦に重なったさくらが意外とボリューム感を出していました。満開は過ぎて葉桜が目立ち始めていましたがまだ十分見頃。こないだ行ったときに本家河津もこのくらい咲いていてくれればなぁ。
08-sakura-matsuda-005.JPG08-sakura-matsuda-004.JPG08-sakura-matsuda-012.JPG08-sakura-matsuda-021.JPG08-sakura-matsuda-030.JPG

小さい公園なので1時間ほどで一通り回ってしまい、付属のレストラン(つかコミセンの食堂)で昼飯を。金目っぽい魚の小片のポアレと生酒2合。暖かい陽気のなか歩き回ったあとだから、冷えた生酒が旨い。気持ちよくなったついでにその後、なんとなく沼津行きの特急券と缶ビールにつまみを買い、特急あさぎりで沼津までいきます。(御殿場線の運賃は高い。)

そしてバスで沼津の港へと。

08-sakura-matsuda-032.JPG

沼津の夕暮れ。
08-sakura-matsuda-035.JPG
08-sakura-matsuda-037.JPG

沼津駅からバスで港までいく途中、ネットで口コミを拾い、港の丸なんとかって〜食堂で夕飯にしました。結構おなかがいっぱいだったけど、ウニいくらブツ丼とサザエの刺身、鰯の刺身、それにカニ味噌汁。
カニの味噌汁うま〜い。
1500円のスペシャルえびふりゃーも食いたかったのですが、さすがに食いきる自信がなくてあきらめ。だって30センチはあるんですよ...。
img225.jpgimg226.jpg
適当な温泉が見つからなかったので、駅前のカプセルホテルでお風呂だけ使い帰途へ。かなり行き当たりばったりな、旅です。(実は朝出るまで、筑波の梅祭りに行くつもりで用意してたんですね〜。)

この日のルート
AM10:20新宿:特急あさぎり〜AM11:47松田〜松田山ハーブ園〜15:00松田:特急あさぎり〜16時沼津〜バス:沼津港〜夕食〜沼津港:バス〜沼津駅:東海道線〜熱海経由〜PM23時東京着。
| 写真 > 花 > 桜 | 16:27 | comments (2) | trackbacks (0)
はるかなるのすたるじぃ
湯河原の梅園見物で出店に並んでいた新種蜜柑。
売り口上は蜜柑のお菓子。
とても甘く、でもさらっとしていて後味はさわやか。房こと、あるいは白い綿わたの部分ごとでも食べられて全然苦くない。去年の我が家のマイブームだったニューサマーオレンジと同じ系統、というかニューサマーオレンジと甘夏の自然交配種だそうだ。

旬が2月〜3月なのでニューサマーオレンジが出る4月までの繋ぎとしてもちょうどいい。美味しい分値段もちょっちお高めで地元の産直屋台でも一玉300円。一箱20個入りを土産に買った。東京まではまだ出回っていないだろうね。
img224.jpgはるか

テレビの通販番組をうっかり見てしまったため、ついふらふらと”ぽちっとな”してしまった。【昭和40年代ヒットパレード】
05862.jpg
ハチのムサシは死んだのさ、太陽がくれた季節、他人の関係、恋の季節..老人と子供のポルカ、コメットさん(九重版)、ありがとうの歌、どてらい男、銀色の道、圭子の夢は夜ひらく、非常のライセンス、昭和ブルース、夜明けのスキャット、希望...どれもいいなぁ。昔の歌はいろいろ思い入れがあって。
三つ子の魂じゃないけどこの時代の歌はぜんぜん色あせないのよね。

果たして音が先に出来てくる今時のトップランクの歌にそこまでの力があるかね〜。これは年寄りの繰り言か。しかし懐メロ聞きたくなるというのは老化の証だよね。
| お買い物 | 23:37 | comments (3) | trackbacks (0)
湯河原梅祭り 梅の宴
初っ端から食べ物の記憶。^^;

行きの朝&昼ごはん、東京駅のチキン弁当...30年以上前から売っている。ただのチキンライス&鶏唐揚げだけど変わらないねぇ。
img204.jpg

夕御飯、熱海の駅から徒歩3分に見つけた囲炉裏茶屋という居酒屋。とりあえず生ビールで刺身盛り合わせ。2人前以上あり、魚堪能。
img206.jpg

土間の座席は全部囲炉裏が付いていて、焼き物メニューを頼むと待つこと暫し、真っ赤に焼けた炭を持ってきて並べてくれる。そこに棚から好きな串焼きの具を取ってきて焼く。串はどれでも1本150円。お安くかつ、おいすぃー。
img207.jpg10本以上食べた。

金目鯛の香り焼き、焼きというより蒸し物のようだけど金目に山芋と何かのシンジョウを合わせ、桜の葉で巻いた道明寺仕立て。出汁餡かけ。とっても上品。桜の香りが鯛に移って美味しい。
img208.jpg
締めにまご茶漬け。これもうまかった。おなかいっぱいだったけどざくざくかきこんでしまうくらい。写真を撮り忘れるくらい。

さて肝心の梅は以下に。幕山公園の梅はまだ7分といったところでいささかボリューム感にはかけるけど、それでも結構咲いていて写真もたくさん撮れた。
山の中腹にある梅園なので散策は山歩きになる。けど高々150mほどの高低差を4kmも歩いたかどうか、という程度なのに足がガクブルして結構疲れた。運動不足極まってる感じ。
08-makuyama-026.JPG08-makuyama-033.JPG08-makuyama-039.JPG08-makuyama-021.JPG08-makuyama-044.JPG08-makuyama-046.JPG08-makuyama-050.JPG08-makuyama-004.JPG08-makuyama-031.JPG
| 写真 > 花 | 00:15 | comments (3) | trackbacks (0)
ダイコン少年
08-sakura-lawazi-020.JPG
下田の温泉で見かけた中学生。
すれ違いざまに「こんにちわーっ」と挨拶をしていった。
振り返って見た彼の背中には、見事に広がったダイコンの葉が、えばんげりおんの羽のようにひろがっていた。
| ネタ | 23:41 | comments (2) | trackbacks (0)
急にスパムが増えてきた
この一週間くらい、急にフィルターにかからないスパムメールが増えてきた。
どうもはやりがあるのかなぁ。
溜めておいた受信メールで一気にメールサーバーの接続禁止ドメインをメンテナンスした。しかし重複したドメインがほとんど無いので効力があるかどうか。

国ドメインごとフィルタに設定できればいいんだが、うちのメールサーバーソフトだとTLDでのフィルタ設定は書いても無視されてしまうみたいだ。

もちっとメンテナンス性のいいサーバーソフトが欲しいけど、Windowsベースで個人で買えるメールサーバーソフトってほとんど無いからなぁ。変えても今より高性能になるとも限らんし。

めんどくさーー。
| インターネット | 23:44 | comments (0) | trackbacks (0)
ひなまちゅり
今週は親を伴い勝浦のひな祭り見物へ行ってきた。
08-hina-016.JPG08-hina-015.JPG08-hina-010.JPG08-hina-009.JPG08-hina-003.JPG

数年前に来たときはハイキングイベント絡みで来たから結構なボリュームが感じられたが、ひなかざりだけ見に来る分にはぱっと見て終わってしまうなぁ。
やっぱり飾った人形みるだけだからなぁ。有名な石段飾りも風景としては毎年代わり映えしない物なぁ。

と、ぶつぶつ言うのはせっかく海町に来たのに豪勢な魚貝が喰えなかったから。来る前は気がつかなかったけどここ、例の海難事故漁船の母港だわ。道理で港に人気も活気も無い訳ね。昼飯に入った魚貝の店は高い割にまずいサザエのかき揚げ丼が出てきて腹ばかりふくれげんなり。
3時間ほどの滞在で特急にてとんぼ返りした。
先週も小田原行ったのに飯は湯葉づくしとはいえ魚貝を食えなかったし。

腹いせに今日の夕飯はスーパーでアワビと蛤を買って焼いて寿司と一緒にかっくらっった。でもやっぱり海の際で食べる魚貝がいいなぁ。
| イベント | 21:08 | comments (0) | trackbacks (0)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。