梅の里〜曽我梅林
今週は曽我梅林が満開とのことで小田原方面へ。
曽我の梅林は確かに満開の白梅で一杯だった。しかし、ものすごい強風のため砂嵐のような状態に目も開けられず。期待していた梅の林の上に富士の峰を撮影することも出来ず、とても撮影出来る状況ではないので、2時間程度で切り上げた。早々小田原に出て昼飯。その後湯本に寄って温泉に浸かり、湯葉づくしの夕食後ロマンスカーVSEで帰京。

単に日帰り温泉の旅だなぁ。

08-ume-soga-012.JPG
08-ume-soga-002.JPG
08-ume-soga-013.JPG

下曽我駅への帰り道、異常に雀が群れてる民家。屋根に雀が文字通り鈴なり。屋根からぽろぽろ落ちている。何なんだろうね、この家。
08-ume-soga-022.JPG

来週は勝浦のひな祭りか、筑波の梅林か、湯河原の梅林あたりを。
| 写真 > 花 | 23:42 | comments (2) | trackbacks (0)
さくら〜下田〜河津
先週、会社を一日さぼって3連休にし親を連れて下田の下賀茂温泉へ一泊。
下田の桜と菜の花畑、河津桜祭りをダブルで見てこようと。
前の週に行くつもりだったけどまだ全然咲いていなそうだったので、一週延ばした結果なんだがやっぱりまだ2分咲きくらいだった。
もう一週延ばせば見頃だったな〜。
今年は寒さがきつかったので途中で開花が遅れていた模様。

下賀茂温泉では、切るような冷たい風がぼうぼう吹く中を夜桜のライトアップを撮りに歩いた。三脚が無かったので桜の枝を台にして対岸の桜を撮ったが風に揺られてかなり苦労。しかも映るのは枝ばかりで花はほとんど付いていなかった。

翌日、河津もほとんどが蕾か開きかけ。わずかに咲いている花をズームで拾う感じだった。花のタイミングは難しい。

08-sakura-kawazu001.JPG
08-sakura-kawazu002.JPG
08-sakura-kawazu004.JPG
08-sakura-kawazu005.JPG
08-sakura-kawazu006.JPG08-sakura-kawazu007.JPG

民家の屋根に咲くアロエの花。
08-sakura-kawazu008.JPG

こちらが河津桜の原木の家。この家の主が拾った早咲きの桜を増やして植林したのが河津桜の原点なんだとか。せいぜい数十年前の話。
08-sakura-kawazu009.JPG08-sakura-kawazu010.JPG08-sakura-kawazu011.JPG08-sakura-kawazu012.JPG08-sakura-kawazu013.JPG

メジロ。小さな桜の木に10羽くらいが群れて花の蜜を吸いながら飛び歩いている。とにかくすばしっこくてなかなか捉まらない。
08-sakura-kawazu014.JPG08-sakura-kawazu015.JPG

帰りは立ち寄り町営温泉踊り子会館で一風呂浴びて、駅前のどんぶり屋でメガ海鮮丼見たいな丼(上にまるまる舟盛が乗っている丼だとおもいねぇ)と、鮮魚のあら汁で夕餉を食べて帰宅。
お土産は伊豆農協謹製ニューサマーオレンジシャンプー。お気に入りでもう数年来使ってるけど、ニューサマーオレンジ(日向夏)の果汁入りで香りが良くてとてもいい。1本1200ml入りで2700円とかなりお高いのが難点。

帰りはスーパービュー踊り子。しかし夜にスーパービュー乗っても意味ねっさ〜。

明日は曽我梅林へ。
| 写真 > 花 > 桜 | 02:44 | comments (0) | trackbacks (0)
秘湯の宿まんせー
3連休は塩山の山奥の秘湯の一軒宿へ。天気も怪しいので宿でごろごろするプランで攻めてみた。

まさかこんな近所に秘湯の宿があるとは思っても見なかったので、期待と疑い半々くらいの気持ちで行ったのだけど、見てのとおりアンティークな雰囲気満載で、宿自体が写真のネタとして十分成立するほどいい感じ。

聞いたら明治の創業以来110年続いた旅館だそうで、建物も昔からの建物を改修しながら使っているのだそう。

とにかく玄関ロビーだけでもご飯3杯はいける(どういうたとえだ....)
まあこのロビー兼談話室だけで200枚以上シャッター切った。

いやぁ薪ストーブがあるし、いろりもあるし。

客室部分は新館だったのだけど、ごらんのように広くてきれいで応接間付き。しかも大きな炬燵があって、もう全力でごろごろしろって感じですか。
窓からの眺めも絶景。とても東京のすぐ隣とは思えない。
角の一番いい部屋を取ったのも大きいけど。
この部屋から見える木々は新緑の頃、紅葉の頃いずれもすばらしい景色になるようで、是非季節毎に来てみたいと思った。

風呂もなかなか。宿の規模に見合ったこじんまりした物だが壁面が大ガラスの内風呂と河に面した露天付きで、とても快適。
この日は雪景色を見ながらのんびり、ほっこりするまでお湯を堪能した。

食事も決して華美やこてこてでなく、山の物を中心とした手作り感覚の美味しい食事だった。(魚介の刺身が出てこなかっただけでも及第点だが、バランス良く美味しく、しかもおなかに優しい適量でとても好感触。)
食後は談話室のいろりを囲み、サービスの餅を焼いても良し、サービスのコーヒーを飲むも良し。


翌日は勝沼ブドウの丘で試飲しつつワインを仕入れ、温泉天空の湯で絶景の甲府盆地見下ろししながら入浴。で、甲府で行きつけのほうとうやで夕飯を食べて帰宅。

ところで甲府駅のホームで偶然BRS氏と出会う。とんでもないところでとんでもない人と会う。偶然とは...

_MG_9034.JPG_MG_8762.JPG
_MG_8773.JPG_MG_8837.JPG
_MG_8946.JPG_MG_8949.JPG
_MG_8860.JPG_MG_8908.JPG
_MG_8927.JPG_MG_9010.JPG
_MG_8810.JPG_MG_9097.JPG
_MG_9118.JPG_MG_9126.JPG
| 旅行 | 07:14 | comments (1) | trackbacks (0)
こんな近くに秘湯げなやどが...
【嵯峨塩鉱泉嵯峨塩館】

3連休のやど探して半徹みたいな...あげくにたどり着いた。
塩山の手前ってめちゃめちゃ近くじゃん。
近すぎて旅と言うにはあれだが、たまにはこんなのもいいかもな。
ってことで予約。

やっと量産が立ち上がって1年の設計地獄から解放されるつかの間、1年分の休みをとりて〜。
| 旅行 | 03:26 | comments (0) | trackbacks (0)
ららぽーと豊洲にて
img167.jpg
全国一斉店舗導入デーってことで営業所にカチ込み、じゃない集合し、そこから営業に引率されルートの小売店へ。店舗で愛想笑いつつ自分で設計したセットの展示台設置とか、店員へのセールストークとか。心にもないおすすめトークをさも自身たっぷりにいっててちょっと嫌気が。

新小岩、江戸川、豊洲と回る。ただ商品の出荷は来週なのでカラの展示台飾ってもいまいちしまりがない。3店舗終わって本日のノルマ終了。あいだの車移動が景色よいところばかりなので結構和んだ。

そのまま豊洲で営業と分かれ、ついでにららぽーと豊洲で買い物と一服がてらレストランへ。
大した仕事をしていないのに一日立ち歩いたのと水分をほとんど補給しなかったのとで、かなりフラフラになった。目が霞むほど。

マグロのカルパッチョとアボガドグリルハンバーガー。恵比寿琥珀生2杯。〆にホットラム。
.しまった、水をまったく取っていない。渇きは癒えたがアルコールが血液と結合したみたい。

最後に温泉入ってくかなー。
| 日記 | 18:35 | comments (2) | trackbacks (0)
あり得ん
量産立ち上げからこっちの方がどかどか新しい問題が発生してる。
今日なんか、出荷の判定会議当日だってーのに、その会議場で大問題をゲロするなんてー。ありえねーっしょ。

おかげで必死で火消しレポートの作成と添削だよ。二日連続。

しかも問題の割にだんだん原因がだめぽな(いわゆるポかミス)方向に落ちていく...。
| 日記 | 01:49 | comments (0) | trackbacks (0)
水仙その2 下田爪木崎
昨日のネタ。
下田の爪木崎で水仙群生。
ただ、見頃は過ぎて葉の先端が枯れ始めていた。ここも3〜4年目だがいまだ見頃の時期に来れたためしがない。

昼飯は浜の漁協(というなの掘っ立て)でサンマ押し寿司に漁師汁。旨かった。他に海鮮ラーメンとか海鮮スープカレーなんてのもあって食べたかったが食い過ぎなので断念。

伊豆の先端なのにここも寒かった。
img164.jpg08-tsumekizaki-002.JPG08-tsumekizaki-006.JPG08-tsumekizaki-020.JPG08-tsumekizaki-027.JPG08-tsumekizaki-016.JPG08-tsumekizaki-014.JPG
| 写真 > 花 | 01:02 | comments (0) | trackbacks (0)
こんな処にも3Dアニメが
true tearsの3話、体育館から生徒が出てくるところを俯瞰したモブ。
そこだけ3Dモデルだった。

あー、そんなところにピンポイントに使うほど3Dもふつうになったんだね。

技術が使われるのは最初は技術自体が付加価値として、そして最後はコストダウンとして。
| アニメ | 13:00 | comments (2) | trackbacks (1)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。