花火大会のハズが...
29日は調布花火大会だったのだが...朝から雨降りでやむ気配無いな〜。と、あきらめて親を連れて近所で飯〜買い物〜温泉とかしに出かけた。
出かける直前念のため調布のHPを覗くと...「花火大会は実行します」、え、やるんかい。
もう出かけることにしてしまったので花火はあきらめ。しゃーない。

親がイタリアンげな物を食べたいと申すので、とりあえずららぽーと豊洲にでも向かう。んが、気が変わりいつものお台場。Decks Tokyoでイタメシ屋げなものを見つけ、取り合えずそこで朝+昼飯を食す。軽く食べるつもりがいつもの習慣でつい、前菜〜パスタ〜ズッパ〜メイン魚、メイン肉〜とばしばし頼んでしまい、おなかがくちい。それにしても周りの若者は早い。料理屋に入ってパスタだけとかささっと食べてさっさと出て行ってしまう。せわしいこと。

次、お買い物。お台場にあったモンベルショップがつぶれていたため目的の物が買えず、舞浜イクスピアリに向かう。温泉は舞浜か浦安のつもりだったので。

つーわけで。あれ?
yakei-desny-sea-0050.JPGyakei-desny-sea-0047.JPGyakei-desny-sea-0037.JPGyakei-desny-sea-0035.JPG
なんか、大幅に予定を変更しております。
話のついでと舞浜でミッキーのモノレール(デズニーリゾートライナー)に乗せて一回りしているうちに、入ったことないしついでだからとデズニーランドに入ると言い出した。外雨だし、もう夕方近いのに...。
で、いきなり本命はどうかと思われるので、デズニーシーの方へ。
いや僕も入ったこないんで全く情報なしでふらふらっと。

入って思いっきり圧倒されたよ。その完璧なワンダーランドっぷり。親も自分も、どこに行ったらいいかわからんであっちふらふら、こっちふらふら。
yakei-desny-sea-0030.JPGyakei-desny-sea-0024.JPG
それでも4つのアトラクション+2つのレビューがみれたので収穫。とくに20時からの水上のイリュージョンの迫力は圧巻だった。上の写真ね。

yakei-desny-sea-0019.JPGyakei-desny-sea-0041.JPGyakei-desny-sea-0012.JPG
まったくふりで入った割にかなり楽しめた。雨の夜のおかげで人出が少なかったので園内もそこそこすいており夜にはアトラクションもほぼ待たずに乗れるし。
yakei-desny-sea-0001.JPG
休みかと思うほど人がいないチケット窓口。
次回も行くなら雨の夜だなぁ〜。

特に撮るつもりじゃない、いざというときのために持ってきたカメラ。結局夜景撮影大会もかねてしまい。三脚無かったのでISO800〜1600での手持ち撮影。のわりには結構撮れたと思う。きまぐれにしばらく使わなかった手ぶれ補正つき純正レンズを持って行ったのが効果あったのか。どこを撮っても絵になる被写体ばかりで作り方、デザインが上手いなぁ〜と感心しきり。
また行こうと親が申すので、次はランドの方にしてみるかね。
| 写真 > 夜景 | 23:56 | comments (2) | trackbacks (0)
巾着田 曼珠沙華まつり2007
今年の咲き具合はちょっと遅めなようで、早咲き区画が見頃、遅咲き区画はまだ咲き始めでした。
五時起きして出ようとお思ったのに疲れで二度寝してしまい大幅に遅い到着のため、朝からのすごい曇り模様はすでに本降りの雨に。
おかげで観光客がいくらか減るかと思いきや、観光バスで乗り付ける団体には天気は関係ないようで、結構な混雑でした。それでも例年よりは少ない。
天候のせいで非常識なカメラジジババが少なかったのは行幸かな。

hganbana-kinchakuda-0005.JPGhganbana-kinchakuda-0009.JPGhganbana-kinchakuda-0029.JPGhganbana-kinchakuda-0030.JPGhganbana-kinchakuda-0033.JPGhganbana-kinchakuda-0040.JPGhganbana-kinchakuda-0044.JPGhganbana-kinchakuda-0049.JPGhganbana-kinchakuda-0050.JPGhganbana-kinchakuda-0056.JPGhganbana-kinchakuda-0059.JPG
晴れの日に木漏れ日の曼珠沙華群生というのもいいけど、雨のしずくに濡れるのもいいなぁ。ってわけでカッパも着ずに2時間ばかり撮影。あとで見ると去年と同じ場所で同じような構図の写真が多いですね。しかも相当暗かったためピンぼけや手ぶれが相当あり。うーん、ちゃんと三脚使えば良かったな。

祭り会場で地元屋台のぶっかけ肉うどんを食べました。雨の中テントが満員で隙間に立ち食い。うどんはインスタントの蒸し麺だけど汁が旨かった。うどん汁におろし生姜を一杯煮込んであり、ショウガの味がすっとしてなかなか、このての屋台の店にしては美味しいですよ。今度うちでもやってみよう。
| 写真 > 花 | 16:56 | comments (0) | trackbacks (0)
万華鏡の魅惑...
また買ってしまいました...。
舞浜のイクスピアリにある万華鏡専門店カレイドスコープ昔館。
覗いたら欲しくなっちゃったんだよ。ま、買う気満々で行ったんだけど。
img035.jpg
あ、写真縦だ...。
修善寺で買った作家のものを1本と別の作家のを1本。修善寺で見たのと同じ物が東京の店だと1万円も高く売ってる。工業製品と違って工芸品は言い値だからなぁ。昔館にあったのをいくつか覗いてみたけど、結構いろいろ。安いのは数千円〜高いのは百万以上のも。やっぱりいいな〜と思うのは作家の一品ものとか量産品でも結構高いですね。
いろいろ覗いていると8万円くらいのものが安いな〜と思ってしまう。感覚が麻痺してきます。さすが万華鏡。
カード払いだけど今月はえーと、いくら使ったのだろう...。
今回のはガラスのオブジェクトの物と、もう一本は偏光デバイスを使った物。
光の加減で色が虹色に変化してこれは新しい。
mangekyou2-001.jpg
mangekyou2-002.jpg
mangekyou2-003.jpg
mangekyou2-004.jpg
mangekyou2-005.jpg

帰りにプラネットハリウッドでアメリカ〜ンなバーベキューバーガー食べ腹がくちくて息ができんようになりました。メガマック目じゃない。
そしたら広場でアメリカ〜ンな大道芸人がいたんで見物。
微妙に客いじりが上手いし最近の時事ネタ混じりの駄洒落もそこらの駆け出し漫才師より上手。
ちら見だったのが最後まで見入ってしまいました。まーおもしろかったのでチップは弾みました。ちっとだけ。

しまいに大江戸温泉寄って出張の垢を落としさっぱりしました。んで財布の中身もさっぱりでした。
| 写真 > カレイドスコープ | 02:37 | comments (2) | trackbacks (0)
新幹線とかでPCをパコパコやってるえくぜくてぃぶサラリーマン
ってべつに俺って仕事してるじゃんって見せびらかしてる訳じゃ無いんだYo。
終電手前のこだまで豊橋から2時間半、酒飲んでゆっくり寝たいのに、目をこすりながら必死にたまったメールの処理してRes書いて、宿題をピックアップして...。途中新富士から熱海くらいまでPCたたいてる姿勢で一瞬寝落ち。

でも終わらず品川で降りて会社へ。車内でビール1Lと炭酸飲料500g飲んだのに全然酔わず、トイレにも行きたくならなかった。

社内ネットで情報更新し書いたメールの送信。残り時間で更にスケジュールやメールの整理したけど終電に間に合わないのでまたPCを持ち帰る...。
その1時間は出張中だから社にいたことにすらなっていないんだな。
| 日記 | 12:06 | comments (0) | trackbacks (0)
魅惑のカレイドスコープ
NEC_0007.JPGNEC_0009.JPGNEC_0011.JPGNEC_0014.JPGNEC_0017.JPGNEC_0018.JPGNEC_0021.JPGNEC_0022.JPGNEC_0025.JPGNEC_0029.JPG
本物はもっと精緻ですっごくきれいでした。カレイドスコープミュージアム。
修善寺虹の郷って温泉地の公園なんですがその中にたまたまあった小さな(しょぼそうな)ミュージアムで出会った万華鏡。
正直こんなにきれいで複雑な物だという認識はなかったので、見た瞬間感動、すばらしい、欲しい。
IMG_9706.JPG
買っちゃいました。旅行中の財布の緩さも手伝って。左からオイルワンドスコープ(3000円)、オイルスコープ(カレイドスコープのオイルタイプ、25000円(O_o)WAO!!!)、テレイドスコープ(1500円)。
テレイドスコープは虹彩みたいな色ガラス部分がなく魚眼レンズになっています。見た風景画そのまま万華鏡になる変り種。オイルワンドはこれと同じものを高田美和(女優)が2本買っていったと店員さんが...。
NEC_0042.JPGNEC_0043.JPGNEC_0047.JPG
上の三つがオイルスコープ。もう、写真なんかじゃぜんぜん伝わりません。値段も張るけどその分だけとっても綺麗。いくら見ても見飽きない。非常に繊細で複雑な色模様がね〜。お店でどれを買うか散々悩んでこれにしたけど、同じ位のものがあと3本あって、全部ほしかったんですがね。伊豆在住のガラス作家の手作り品。
NEC_0044.JPGNEC_0045.JPG
NEC_0046.JPG
次の三つ、はじめのがオイルワンド。安いので光のオブジェクトがちゃっちい分精緻さには欠ける。けど十分綺麗です。次の二つはテレイドスコープ。見てるのは自分の部屋なんだけど結構選ぶ背景で綺麗に見える。お値段よりだいぶ使えます。

しかし、これを綺麗に写真に撮る技がほしい〜。普通のカメラじゃ撮れなかったので、携帯のカメラで撮ってます。

あーもう一日中見ていても飽きないですよ。ネットで調べたら青山と代官山に専門店があるらしい。こんどいってみようかな。お財布分厚くして。
| 写真 > カレイドスコープ | 07:10 | comments (2) | trackbacks (0)
なんじゃくパート2
昨日は水曜日のリベンジというか、来週から2週間出張なので医者に行っておく必要からふたたび烏山に。その前にJTBで3連休の温泉宿を確保に寄ったら予約と手続きに40分もかかり診療時間に間に合わないかと思った。じゃらんなら数分なんだがなぁ。

福利厚生で支給されるクーポン券と補助金を使うためにはJTBの支店で予約が必要なんだよ。面倒なので年1回使うかどうかだけど。んで修善寺温泉に部屋を確保して烏山に。半分は福利厚生費からなので適当に豪勢な宿で。

診療は間にあった。そのあとパスタ屋で夕飯を食べて(メタボ、メタボ)、タクシーで一駅先の千川温泉湯けむりの郷に向かう。ワンメータちょいの距離にまたタクシー。

千川温泉という割にお湯が透明でアルカリ性なんだよね。東京都内ならだいたいどこで掘っても里湯ばかりなのに。鉱泉をわかしてるのかな。

湯をあがり、千川から調布方面へ向かう。調布からタクシーでもいいが、武蔵野台から歩くと白糸台で西武是政線に接続しているのでそれで帰ってみようと思い立つ。

武蔵野台、名前の通りいい具合にど田舎の雰囲気。うちから何キロも離れてないのにこの田舎っぽさ。さすが京王線。さすがっ!

地図を見ると白糸台までは直線なら300mといったところ。夜の畑混じり住宅街をほてほて歩くが、道が妙に遠回り。白糸台の駅はすぐ見えたが、いちど逆方向へ戻るようにして踏切を渡り線路の向う側から回らないと駅にたどり着けない。で踏切を渡ろうとしたら目の前を武蔵境行きが通過していきやがった。

ふつうの駅なら踏切渡り走れば間に合う距離、なのに白糸台は大きく回り道しないと駅まで行けない。ホームまで直線30mの距離を駅までは200mくらい迂回させられ乗り逃す。

せめて駅の反対側にも出入り口つけて欲しいよな。駅内を踏みきりでわたる田舎の駅タイプでもいいから。
千川からなら距離的にはこのルートが電車の最短だけど、乗り換え案内に寄れば明大前経由吉祥寺周りの方が20分も早くつける計算。やはり単線ローカルを挟むとロスが大きい。

さてこれから親連れで修善寺行ってきます。
特急がとれなかったので各駅の新幹線で三島に出よう。
| 日記 | 02:09 | comments (0) | trackbacks (0)
軟弱ぅものぉ
烏山の医者に定期検診にいったら臨時休みでがっくし。
ラーメンたべて帰る。
井の頭経由で帰るのは面倒だったので、調布までいき、そこから武蔵境までタクシー移動。なんじゃくだわなぁ.最近すぐタクシーにはしる。
| 日記 | 22:03 | comments (2) | trackbacks (0)
秋祭り
昼はバーベキューで西永福まで。
久しぶりに往復自転車は、結構疲れた。
帰り道、高井戸の近くの小さな神社で祭りやっていたので、明かりにひかれて立ち寄る。
小さな舞台でそこらのおばさん連中が派手な衣装でふらふら踊っていた。奉納素人演芸大会とかいてあるとおり、ほんとに素人芸。それをみながら、つい買ってしまう味のないソース焼きそばとビールを食す。食べ過ぎ...。
img023.jpgimg025.jpgimg027.jpgimg029.jpg
| 日記 | 11:30 | comments (2) | trackbacks (0)
旅行用ミニ三脚
ちょいと立ち寄った三脚売り場で見つけたイカス三脚。
超ちっさい卓上三脚。
img012.jpg
でも、足を伸ばすとほら。
img017.jpg40センチ超の小型三脚に。
しかもエレベータシャフトを外して足を大開脚モードにすると、
img014.jpg
スーパーローアングル対応。

そして畳むと、
img020.jpg
20センチ弱ポケットサイズ。
重さは550gとこの手の三脚としては重い方だがこれで一眼レフを支える強度があれば、納得。それに自由芸台を小さい物に変えれば500g切る。
VELBON ウルトラMAXi MINI

さらにこれ、通常のVELBONの三脚に使われているエレベータシャフトと同じものを使っているので、エレベータシャフトを継ぎ足せば2〜30センチほど高さをかさ上げすることができる。予備のシャフトを持って行っても600g弱で70センチの三脚が携帯できる。(継ぎ足し継ぎ足しすればスタンドマイクみたいにながーいコンパクト三脚作れる。)も旅行用として、超Coolな三脚だね。
普段使いとしても三脚を持って行く予定のない撮影対象の時にエマージェンシー用として持って行ってもじゃまにならないし、胸に当ててホールディングアームの替わりにも使える。

最近SLIKに浮気しようと思ってたけどVelbonまだまだお気に入りの三脚の座、明け渡さない。これで4本目。
| お買い物 | 01:19 | comments (0) | trackbacks (0)
終電で架線故障
終電間際に会社を出て山手で新宿にきたら、中央線が架線事故で動いてない。
アナウンスでは「こんどの快速青梅行きは、ただいま中野の駅を発車しているところです〜、次の高尾行きは荻窪の駅を発車いたしました〜」

(?_?) あまりにあり得ないアナウンスに内容を理解できない。
数分たってやっと意味を理解した瞬間絶望的な状況なのがわかって行列を抜け京王線へ向かった。

携帯の乗り換え案内で行路を検索するが、まだ電車があるはずなのに翌朝5時着とかふざけた行路しか表示しない。つかえねー。

地図で行ける駅までの路線とそこから家までの距離を見ようとしたが、バージョンアップしてPDAに入れたMAPPLE8はインストールに失敗してるのか地図を表示できない。こういうときに限って。

桜上水と富士見ヶ丘、どちらが有利かわからんがとりあえずカンで明大前から井の頭最終富士見ヶ丘行きに乗り継ぐ。

終着で外に出たらタクシー乗り場なんかあり得ない小さくごみごみした駅前であちゃー、っと思った。が、運良く空車が通りかかったのでさくっと乗車。
しかしこれが道を知らない運転手で...中央高速下の道路から久我山方面を指示、しばらく走ったら東八道路へ入ったのでそのまま武蔵境への道を指図して無事到着。

新宿からタクると\8000くらいかかるところを\3000弱だったので、我ながらいい判断だった。そのあと和み亭で夜飯食べたら支払いの段で財布が空だったのでちとあせる...。新宿から乗ってたら払えねーところじゃん。
| 日記 | 09:23 | comments (0) | trackbacks (0)
明野町 ひまわりフェスティバル2007 茨城
先週のアルバムの続き。9/1の昼間は茨城明野のひまわりフェスティバルへ。
今年の八重ひまわり(東北4号)の咲き具合はまずまず。見晴台が新設され下館からの無料シャトルバス(土日のみ一日数本)も運行され、イベントとして少し成長したようだ。
といってほかになにもないので、ひまわりを見るともう終わってしまい観光誘致にはなってない感じは相変わらず。おかげで客が少なく写真は撮りやすい。

会場にお金を落としたくなる物が何もないので、飲み食いもせず2時間後にはシャトルバスで撤収。バスは明野元気館という地元の温泉とプールのあるコミセンを経由するので、途中下車して温泉と食事をし、そのあと下館から水海道の花火大会へと向かった。

【明野ひまわりフェスティバルのアルバム】

【筑西市のHP.】

2007-himawari-ibaraki-0010.JPG2007-himawari-ibaraki-0012.JPG2007-himawari-ibaraki-0018.JPG2007-himawari-ibaraki-0025.JPG2007-himawari-ibaraki-0039.JPG2007-himawari-ibaraki-0079.JPG2007-himawari-ibaraki-0073.JPG
| 写真 > 花 > ひまわり | 07:16 | comments (0) | trackbacks (0)
第二回常総市 水海道花火大会 2007
先週末は茨城の明野町でいつもの八重ひまわりを見るひまわりフェスティバルを撮影したあと、関東でも最後から2番目くらいの花火大会に立ち寄り。
水海道花火大会は比較的新しい花火大会のようで、小さな町の中規模な花火大会という感じ。観客もほとんど近在の人ばかりで8万人くらい。おかげでそれほど混雑せず観覧、撤収できた。
しかし内容はかなり満足できる。全国の競技会上位の花火師による新作花火の競演や、音楽に合わせたスターマインの乱舞、市民オーナーによる、メッセージを載せた花火(TVドラマみたいだが結婚のプロポーズなんてのもあった。)など演出も多彩でメリハリがあり見ていてなかなかに引き込まれる。レベルも高いものが多い。正直見ていて感動した。

大会の前後には、開始30分前から予告編のように30秒に1発ずつすでに花火が打ち上げられる。そしてフィナーレのあとにも余韻を楽しめるように10分間くらいゆるやかに花火を打ち上げる。エンドクレジットを見ているようだ。
見る側のことをなかなかよく考えた演出で、この規模の町の花火大会にしては予想外に充実した内容だった。

たまたまイベントカレンダーで見つけた大会だったが、来年も絶対見に行きたい大会になった。

以下の写真を含むアルバムはこちら 「水海道花火大会」

「常総市商工会のリンクはこちら」

2007-hanabi-mitsukaido-0063.JPG2007-hanabi-mitsukaido-0072.JPG2007-hanabi-mitsukaido-0079.JPG2007-hanabi-mitsukaido-0086.JPG2007-hanabi-mitsukaido-0092.JPG2007-hanabi-mitsukaido-0097.JPG2007-hanabi-mitsukaido-0104.JPG2007-hanabi-mitsukaido-0108.JPG2007-hanabi-mitsukaido-0109.JPG2007-hanabi-mitsukaido-0113.JPG
| 写真 > 花火 | 07:30 | comments (2) | trackbacks (0)
サンバカーニバル2007 浅草
さて、もう一週間前なのだが例によって8月最終土曜日は浅草サンバカーニバルの日。昨年は曇り、一昨年は雨交じりと天候に恵まれなかったのだが、今年はもう真っ盛りな真夏日でかんかん晴れという撮影には好条件、見物にはかなりきつい条件。それでも太陽と対峙しつつの雷門前に陣取って見物&撮影。
実は同日に原宿のスーパーよさこい、阿佐ヶ谷阿波踊り、横田基地友好祭とイベント重なりまくりの一日だったけど、涙をのんで浅草を選択。ちなみに横田は翌日曜にもやってるので日曜に。原宿は今回あきらめ。9月8-9に都庁前で新宿舞祭りという似たようなイベントがあるので。

今年のサンバパレードはいつもより参加チーム数が少ない気がする。チームとチームの間がかなり開いてスカスカな感じ。1チームあたりの人数規模は大きいみたいだったが。
しかし動いている人間を思いのフレーミングで切り出すってのはすごく難しい。1000カット以上撮って7割は没カット。のこりもかろうじて撮れてるってレベルなんだよね。

ここに貼った以外のアルバムはこちらに。
浅草サンバカーニバル2007

2007-samba-asakusa-0052.JPG2007-samba-asakusa-0088.JPG2007-samba-asakusa-0128.JPG2007-samba-asakusa-0181.JPG2007-samba-asakusa-0202.JPG2007-samba-asakusa-0222.JPG2007-samba-asakusa-0229.JPG
| イベント > Companion-Girl | 01:49 | comments (0) | trackbacks (0)
スクールデイズ
今期の中じゃ一番実は気に入ったかも。主人公のあまりのプチ鬼畜っぷりが。つか現実にはふつうなんだが、それが鬼畜に写るアニメの健全さがいいなぁ、なんて。
逆に殺意さえ覚えるのはドージンワークかな。作りのしょぼさはもちろんだが、あまりにひどい声優のへたれっぷりは気になってとてもじゃないが見ていられない。
| アニメ | 23:22 | comments (3) | trackbacks (0)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。