眠れない....
毎日深夜0時過ぎに駅について、帰りに田無まで行って深夜営業の銭湯によって、帰宅するのが2時近く。で、それから夕飯食ってビールの2缶も飲めば、寝れないよなぁ。

おかげでこのところ、滞りがちだった新作アニメ番組の消化が順調。ただしはじめの3話くらいまではプログラム変更が追いつかなくて大半を取り逃しているのだが。

今日は深夜零時に17階のトイレの壁窓から天王洲〜お台場の夜景を見下ろした。
| 日記 | 02:51 | comments (2) | trackbacks (29)
へろへろに
退勤時刻が順調に増加中。
今日は23時半に退社。ビルの前の公園通路を封鎖して、テレビのロケをやっているのが空中歩廊から見えた。テレビ屋も大概やくざな商売だなぁ。

これから帰って銭湯によっていると帰宅時刻は2時ころかなぁ。忙しくしても残業代が付かないと、やっぱり割に合わないような。遅刻もあまり頻繁にはできないし。

遅くなった理由が、0.5mmのチップを数個取りかえるのと、測定用の腺だしに一日かかったっていうのが情けない。半田ごて付き精密マニュピレーターと、顕微鏡付きモニタースコープが真剣に欲しい。こんな仕事は年寄りがする仕事じゃないよー。
測定は小一時間でオワタ。泣ける。
| 日記 | 23:36 | comments (1) | trackbacks (32)
今日のスナップ
snap-jindaiji-0001.JPGsnap-jindaiji-0002.JPG
マリーゴールドとコガネムシ。夏は植物園も緑の葉ばかりで花が少ない。数少ない花を拾って小一時間そぞろ歩いた。
snap-jindaiji-0003.JPGsnap-jindaiji-0004.JPG
蜘蛛の巣にかかった水玉。
snap-jindaiji-0005.JPGsnap-jindaiji-0006.JPG
もう秋茜がぶんぶん飛び回っている。その横には夏の間だけ外に展示される温室の睡蓮。
snap-jindaiji-0007.JPGsnap-jindaiji-0008.JPGsnap-jindaiji-0009.JPG
桜の木陰に並ぶベンチ.....。

おなかがいよいよやう゛ぁいので、夏のプール通いを再開した。初日なのでウォーキング30分、平泳ぎ10本。約1時間。まだいくらか残っている体力のおかげで息は切れなかったがしばらくからだがだるかった。
| 写真 | 21:27 | comments (0) | trackbacks (32)
横浜国際花火大会2006
花火の季節到来!!
第一弾は横浜から。
雨が降るか天気が持つか、ぎりぎりの空模様なれどナントカ持って無事花火見物が出来ました。直前にぽつぽつと落ちてきたんだけど、なんとか本降りにならずに止まってくれた。

hanabi-yokohama-0002.JPGhanabi-yokohama-0003.JPGhanabi-yokohama-0004.JPG
hanabi-yokohama-0005.JPGhanabi-yokohama-0006.JPG
今回の撮影場所はみなとみらい21の前にある臨港パーク、それの一番横浜より端っこからの撮影でした。写真の通り打ち上げからは大黒ふ頭についで遠いけれど、じゃまな客船とかターミナルがない分撮りやすく、また見物客密度もそれほどいないので場所取りが楽。200-18mmのズーム一本でフルレンジカバー出来るので取り立てて問題は無かったです。背景や前景に横浜の町をいれるとか、ベイブリッジを絡めるとかが出来ないのが唯一の欠点ですが。

しかし花火は毎度毎度旨く撮れないもんだなぁと。構図とか悠長に考えていると花火が終わっちまうからなぁ。露出も花火の量に応じてもっと細かく変えないといけないし。事前のロケハンであらかた構図や露出を決めておかないといけないかも。
| 写真 > 花火 | 04:13 | comments (2) | trackbacks (34)
時をかける少女
テアトル新宿の初日2回目で見てきた。初日だからか,細田さんの映画だからか,マイナー作品(ブレイブ某に比べれば…)扱いにしては満員で御喜び申し上げます。

前知識なしで見たけど一言で言って、びた一秒も飽きない面白い映画だった。背景のレイアウトは見事だし、繰り返すエピソードが少しずつ違う意味を持ち、最後一気にはじけることで得られるカタルシスにはもう、素直にアリガトウゴザイマス。

ヨシヤマカズコ(PDAでは変換できん!!)があのころの原田トモヨが成長したら、っていうイメージだったのも個人的にはうれしい。最後のポプリと写真の影はサービス万点。

上映が終わった直後になんと細田監督が舞台にあがり、突発の挨拶をされた。事前に準備されたわけでないので言葉に詰まりながらも感謝のお礼を述べられた。よほど嬉しかったんだろうなぁ。見ているこっちもちょっと感動。
| アニメ > 感想 | 02:58 | comments (0) | trackbacks (31)
かちかち山紫陽花ハイク
今週は河口湖の紫陽花山ことかちかち山の紫陽花ハイキングコースで見頃を外した紫陽花見物。ここは結構山全体の紫陽花が見られて豪勢な場所なんだけど、町の観光案内にもロープウェイのホームページにも開花情報なんかが載っておらず、いつも見頃をつかみにくい。今回は見頃をすぎてしまったようでかなり剪定された枝が目立った。
ajisai-kachikachiyama-0001.JPGajisai-kachikachiyama-0003.JPGajisai-kachikachiyama-0006.JPG
花数が少ない上色の付いた紫陽花は上の方ちょぼちょぼと、湖畔の枯れかけ紫陽花くらい。残りは山紫陽花の白が群生しているくらいだった。

ajisai-kachikachiyama-0008.JPGajisai-kachikachiyama-0014.JPG
昨年は中腹の紫陽花群生地には色とりどりの紫陽花が咲き、その下に絨毯のように白の紫陽花が敷き詰められている景色が見られたが...
山を下る道は年寄りでも軽々下りられる程度の山道なんだけど、足がなまった身では、15分も下っただけで膝下ガクガク、立っているのがやっと。
去年の自分と比べあまりの脚力低下に痛切に体力回復の必要を感じた...っても遅いけどね。

ajisai-kachikachiyama-0019.JPGajisai-kachikachiyama-0020.JPG
山を下りて同時開催中のハーブフェスティバルをのぞきに湖畔を歩く。途中モダンアートのギャラリーが無料展示をやっていたので入った。展示してあるモダンアートはかなり俺好み。ちょっとインスパイアされる作品を見つけアート魂に火がともったり。
そのギャラリーの中庭にはとても洒落た椅子がアーティスティックに配置され、空間そのものが作品のようだった。
そのまま道に出てプランターの花が並んだ遊歩道をハーブフェスタ会場に歩く。

ajisai-kachikachiyama-0023.JPGajisai-kachikachiyama-0024.JPG
ハーブ会場はラベンダーの咲がイマイチ送れて見るものが無く、一巡りしただけで早々に引き上げた。帰りに日帰り温泉夢殿温泉寺へ寄り一汗流す。最近撮影というより温泉に浸かりに来るのがメインになっているんじゃ無かろうか。

今週は名古屋出張の疲れでどこにも行けないかと思ったが、結局出てきてしまった。おかげで1week分のアニメがたまって消化不良。新番組のプログラムを組み直す余裕もないので、結構番組を落としている気がするが、あまり悔しくない。

【かちかち山の紫陽花ギャラリー】はこちら
| 写真 > 花 > 紫陽花 | 22:46 | comments (0) | trackbacks (31)
LDボックスプレゼントのお知らせ
たぶん気がつかない人もいると思われるので....裏の画像掲示板の方にMUKさんからのLDボックスプレゼント(追い出しかな?)のお知らせがあります。
| アニメ | 08:28 | comments (0) | trackbacks (0)
箱根登山鉄道 あじさい電車
梅雨の空模様を伺いながら、今週の目当ては箱根登山鉄道。どうにも息苦しい体調を押しての行軍。ポイントは大平台周辺の踏切および線路際。他にもアマカメラマンが多数でポジション取りもなかなか大変だった。線路に入りすぎ警笛馴らされるアホも大勢。それにやたらと湿気が高くて気温も上昇。ちょっと歩いただけで汗びっしょり。カメラもレンズも湿気ってしまう。ファインダーも汗で曇る。
ポイントを決め10分ごとに来る電車を待ってぱちりと。
ajisai-hakone-0005.JPGajisai-hakone-0006.JPGajisai-hakone-0009.JPG
同じポイントで何枚かとっても映る電車以外は同じ構図、同じ絵柄...

ajisai-hakone-0017.JPGajisai-hakone-0019.JPG
ajisai-hakone-0028.JPGajisai-hakone-0031.JPG

帰りに土産で季節限定鈴広のあじさいかまぼこ、あじさい電車弁当を買った。かまぼこに練り込まれたあじさいの絵柄は綺麗だった。
ajisai-hakone-0032.JPG

来週は出張帰りで撮影に出る元気はないだろうな。
| 写真 > 花 > 紫陽花 | 21:37 | comments (2) | trackbacks (33)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。