長瀞の紅葉
nagatoro_2005_1126_0018.JPG
超たわわに実る柿の群れ...嘘です。野生のフルーツトマトです....勿論嘘。
タダの雑木の実です。
休み四日目の土曜日も、懲りずに長瀞の紅葉を見に行ってきました。
結構体の疲れがぼろぼろだったけど。

しかしなぜか紅葉撮影が汽車撮影に変わり、”鉄”に囲まれながら上長瀞〜親鼻間の荒川に掛かる電車鉄橋を見上げる川沿いの巨石の上に陣取っていました。
初めて挑戦するので、写真のできはご愛敬。
nagatoro_2005_1126_0005.JPG

長瀞の紅葉は山の雑木が中心なので、茶色や黄色、緑が多く、あまり紅葉映えするものではない。撮影のポイントも、長瀞〜上長瀞の中間あたりに一カ所あるくらいで広くはない。
nagatoro_2005_1126_0010.JPG

せっかくなのでライン下りの船を撮ってみました。

nagatoro_2005_1126_0016.JPG

そして日没以降は、上長瀞近くの公園でライトアップ紅葉。
去年は只写真を撮るのに精一杯でとても全体を見る余裕はなかったですが、今は全体を見ながら。気がつくとライトアップしている紅葉は8本程度。それ以外は普通の雑木でそもそも紅葉してない。
まあそんなもんかと。
nagatoro_2005_1126_0031.JPGnagatoro_2005_1126_0032.JPG
...食い過ぎと、4日間出ずっぱりの無理で帰りの電車はかなりくたくたでした。久しぶりに頭痛薬が手放せず。
| 写真 > 紅葉 | 01:32 | comments (4) | trackbacks (32)
先週の昇仙峡
先週の土曜日に行った昇仙峡。紅葉はほぼ終わっていた。その中で、昇仙峡入り口の公営駐車場下の遊歩道をちょっとだけ戻ったところに吊り橋があり、それを渡ったところが五百羅漢寺という寺がある。
ここが見事な紅葉の大木や紅葉の雑木林があり、それだけで昇仙峡にきた甲斐があった。

昇仙峡終点の滝上にはほうとう会館という土産&食事どころがあるが、ここのオリジナル、ほうとうまんじゅうはとっっってもおいしい。一個\160〜

昇仙峡はメインの滝下近くに町営駐車場があり、たいていはここまでくるまできて滝までの1kmを見物していく客が多い。でも、本当は4km下の昇仙峡入り口(長瀞橋)から渓流沿いの遊歩道を歩いてくるのが、紅葉を楽しみつつハイキングできておすすめ。(歩くのが苦手なら観光馬車片道1000円もある。)

覚円峰
syo00.JPG

昇仙峡観光部分にあった紅葉。この紅葉だけ見頃で残っていた。
syo03.JPGsyo04.JPG

五百羅漢寺の紅葉。見事。
syo05.JPGsyo06.JPG

昇仙峡終点、仙我滝、滝上のロープウェイで三郎ヶ岳山頂下まで簡単に上れる。そこから頂上まで15分程度。頂上の岩から眺めた昇仙峡のヤマモミジと三郎ヶ岳山頂(かなり怖いが眺めは最高)
syo01.JPGsyo02.JPG
| 写真 > 紅葉 | 01:58 | comments (0) | trackbacks (29)
箱根の紅葉
箱根の紅葉を見に朝5時半起きで一番のロマンスカーに飛び乗る。3日連続のお出かけは、さすがに体がキツかった。

目的は箱根美術館の苔庭と紅葉の庭園、仙石原のススキ、千石の長安寺。

まず箱根美術館。
DPP_0001.JPGDPP_0003.JPG
ニュースでやっていたとおり、整備された箱庭みたいな苔庭と、紅葉、結構綺麗であった。ただ、最近紅葉をたくさん見ているせいか、それほど感動的ではなく、むしろこのレベルならば都内の殿ヶ屋戸公園とか、結構ある。
ついでに美術館の中も見たけど、壺や茶碗の焼き物ばかりで、中島清之介ならぬ身には何がいいんだかさっぱり。

次は強羅公園。バスと登山電車乗り放題\2000のフリーパスを買うとおまけで無料入場できるので入ってみた。はっきり言っておまけでよかった。少なくとも秋には向かない公園みたいだ。さくっとスルーして、仙石原へ向かった。
仙石原のススキは、去年と変わらず。曇っているので時折差す太陽光を待って撮影。
DPP_0005.JPGDPP_0006.JPG

最後に日が傾き始めたところで長安寺に向かう。
ガイドブックにもあまり登場しない禅寺だけど、これは正直当たり。趣があって紅葉も綺麗。五百羅漢が紅葉の中でいい味を出している。ここが今日一番の当たりだった。しかも拝観無料。
DPP_0007.JPG

ちょうど沈む間際の夕日がうまい具合に差し込んで、萌えるような燃えるような紅葉が...。
DPP_0008.JPG

この寺は定番に入れていいね。

※撮影中、突然のめまい。貧血で体から力が抜けた。境内のベンチでしばし休む。さすがに連続3日、超早起き&出ずっぱりは体力を削るようだ。それとも1000mの高度は体が付いていけなかったのかな~。
| 写真 > 紅葉 | 01:35 | comments (0) | trackbacks (32)
さてさて、
あした、というかもう今日。は仙石原のススキと長安寺の紅葉、と箱根美術館の苔庭&紅葉でも見に行ってみようかね。
しかし起きれるのか?(^^ゞ
秋冬の午前中の1時間は、午後の2〜3時間に相当するので出来るだけ早く動き出すのが吉、なんだが...。
| 旅行 | 01:48 | comments (0) | trackbacks (31)
川治温泉 竜王峡
竜王峡から川治湯本まで約7kmのハイキング。
さすがに奥鬼怒の紅葉は見頃をすぎて枯れ落ち葉モードに入っていたけど、たまにみれる木が残っていた。そんなのを拾いながら、ハイキングモードで川の両岸の自然道を歩く。

竜王峡駅から2kmくらいは観光用に整備されたハイキング自然道だが、その先はほとんど管理林道ってか山道。で、写真を撮りながら気を抜いて歩いていると、迷う。気がつくと踏み分け道がいつの間にか山肌の獣道になってたりして。

しかもそこには底なし沼なんてのが口を開けて待ってるわけで、ちょーっとコースを外れたところでぬかってる地面の黒い部分があって、靴がぬかるなーやだなーと思いながら足を踏み入れたら、ずぼずぼ、って見事にはまった。底なしの泥沼。まるでターザンとかのTVドラマに出てきそうな、いかにもどろどろの底なし沼。
一気に両足が膝まで沈み、動こうにも足が全く動かず抜けず。
超焦った。かろうじて岩に手が届いたのでそこに手をかけ力を込めて一歩一歩足を抜いた。
膝から下は泥だらけで、ほんとマンガのようだった。普通ハイキングコース歩いて底なし沼にはまるか、うじゃうじゃ。

そのままでは歩きにくいし旅館にも入れないので、しばし歩いて山の清水が川に流れ込む途中に作っている淵を見つけ、そこで膝まで浸かり泥を洗う。よかった、ジーンズで。そして靴も脱いで外側だけをきおつけて洗う。ブラシがないので淵に浮いている落ち葉をかき集めそれでごしごし、と。アウトドアだなぁっとしみじみ。

幸い靴の中には泥は進入しておらず、水で外側をごしごし洗っても、中には浸水しなかった。さすがゴアテックスの山靴。よかった、ちゃんとした靴買っておいて。

しかし11月の清水は超冷たく、浸けた足が感覚をなくしてしまった。そこの淵も1mくらいの深さがあり、落ちたらちょっと怖かったね。枯れ木を差し渡しにしてその上に腰掛けていたのだが、徐々に木がみし、みし、とたわんで...

さすがにその後は写真を撮る余裕が無くなり、急ぎ足で宿の風呂を目指したのでした。

IMG_1046.JPGIMG_1041.JPGIMG_1014.JPGIMG_1002.JPGIMG_0950.JPGIMG_0932.JPG
| 写真 > 紅葉 | 01:13 | comments (0) | trackbacks (29)
竜王峡
先週末は甲府の昇仙峡で紅葉満喫したんですが、その写真も整理つかぬ間にまたお出かけます。
紅葉と温泉でいろいろさがしたけど、なかなかいい宿が取れず、けっきょく最近通い慣れてしまった栃木路。川治温泉竜王峡。紅葉はもう終わったかもしれないけど、ハイキングコースでも歩いてくるです。
しかし10月から3度も栃木行ってるなー。

今週も年休いれて5連休なので、まあ3回は出かけないとな...。
アニメが全くみれていないのでHDDが結構すごいことになっているっぽい。
| 旅行 | 01:54 | comments (1) | trackbacks (0)
御買い物
午前中、神宮外延の銀杏並木を様子見に。色付きは4割程度でまだみごろではない模様。御影で空いていた。もうちょっと落ち葉が落ちていると写真栄えするんだけど。

そのあと冬の撮影&トレッキングに向けて、ウィンタージャケットを購入。写真用から登山用までいろいろ見たがちょうどいいのはなかなか見つからなかったり、相当値段が張ったり。
軽くて丈夫でポケットがいっぱいあり、防寒と防風に優れ雨でもはじき動きやすい…町着にもなって。

mont-bellが種類豊富で値段も比較的安めでいいかなーっとあたりをつけて買いにいった。

パウダーホップジャケットの緑 外側にマチ付きポケットが4つ。内ポケットが2つ。収納フード、腰の内側に気密シール。ゴアテックス素材と化繊綿入れ。
手ごろな値段でほぼ条件を満たすのが見つかったので購入しようとしたが在庫切れ。在庫をあさり、池袋の好日山荘に一着だけあったものを取り置き頼んで引き取りにいった。

しかし安いといっても3万強、用途や性能が一般の洋服とは異なるとは言っても、やはり山関係は高いよなぁ。しかも山の店ってほぼ定価売り。山人口はスノー人口より少なくて金持ちが多いのか?年寄りが多いってことかも。

鳥射帽とカラビナもついでに購入。
カラビナはあるといろいろ便利なので、リュックに数個ずつぶら下げている。アクセサリとして全体に樹脂コートされて傷つけ防止になっているカラビナとかあると便利だと思うんだけど、ない。どこか作らないか、な。
| お買い物 | 10:02 | comments (0) | trackbacks (31)
クリスマス・ナイトイルミネーション2005リンク
今年の夜も忙しい
http://www.rurubu.com/event/list.asp

どれだけ回れるかな〜。
お台場と六本木ヒルズと多摩センターサンリオは完了。新宿は高島屋前が残ってる。

昼に紅葉撮って、帰りにイルミネーション撮影を組み込んで...大変だ。
横浜の赤煉瓦倉庫のクリスマスイベントとみなとみらい地区の全館点灯ははずせない...
東京タワーと、晴海地区もほしい。
ミレナリオと丸ビル、銀座、渋谷、それとっそれと...仕事してる暇なんかねぃ。
| イベント | 23:31 | comments (0) | trackbacks (0)
河口湖もみじ祭
先週の土曜日は河口湖で紅葉撮影と。
西湖や紅葉台、三つ峠も行ってみたかったが、山登りがついてくるので時間的に断念し、河口湖のポイントを回るに専念した。
昼のうちは自転車を借りて湖畔を回りポイントを押さえ、夜は車でもみじ祭会場へいき、ライトアップされた紅葉を撮る。

まだ、緑の葉があったり、紅葉と枯れ葉が同時にあったりで今年の紅葉はちょっと変。なんとか絵になるとこを拾い集めて撮ってきた。

ちなみに外気温は2〜4度でかなり寒かった。
IMG_9744.JPGIMG_9836.JPG
IMG_9812.JPG
| 旅行 | 02:28 | comments (0) | trackbacks (34)
多摩センターに巨大怪獣出現
IMG_9491.JPG
キティにおそわれた多摩センターの某ホテル...(笑い)

というわけで先週の金曜日は、下剤2Lで大腸内視鏡のあと、別の医者でインフルエンザの予防注射を受け、その足で新宿に行って壊したレンズの代わりを購入。さらにその足で小田急多摩センターへ行って、第2段のイルミネーション撮影を敢行っといった強行軍だった。

今年のパルテノンのイルミネーションは、ペガサスと象、虎など白色電球のモニュメントがいくつか追加になったほか、キティがでかくなった代わりにしょぼくなったの以外は去年の使い回しだったようだ。

IMG_9455.jpg

IMG_9525.JPG

IMG_9554.JPG

IMG_9462.JPG
| 写真 > X'mas illumination | 02:08 | comments (0) | trackbacks (0)
2L下剤服用中
大腸内視鏡検査のため、マグロコール下剤2リットルを服用中。
がーっと飲めば1リットルくらいの水分は飲めるけど1時間で2リットルを飲みきるのは結構キツいね。

だいたい1リットルすぎたあたりから頭が膨満したようになり血圧が上がる。1.5リットルあたりからは、口に持って行ってもなかなか入らない。腹がぱんぱんに張ってちょっと動いてもグッとこみ上げてくる。眼と耳がちょっと遠くなってくる。
これで薬が回ってくると、おなかがクググーっと渋ってくるんだよな。

もうちょっとスマートで楽な検査、ないもんかな。

----------------------------行ってきた。検査。

ポリープもガンも出血も無しってことで、またおなかと仲良くやっていけそう。腸の中に2カ所枝穴(憩室)があったけど、問題ないそうな。自分で同時に眺められる検査はわかりやすくていい。(健康である限りは)

しかし今回検査に使った医院はとてもよかった。HPで検査回数の多さと腕の良さを喧伝していたけど、それはその通り。検査中いつも感じる腸の圧力感とか思いっきり痛苦しい張りとか、ファイバスコープがぐりぐり腸を押し込める不快感とか、ほとんどなく、検査自体10分以下で終了。

いままで4回くらいファイバースコープ入れたけど、これまでの大病院の検査じゃ考えられないくらいスムーズで楽だった。勿論異物を入れる検査なのでまったく苦痛がない訳じゃないけど、ちょっと痛いかなって思い始めたくらいで終了してしまうので、やはり苦痛は段違いに少なかった。

オプションで最近はやりの無痛検査(要は静注麻酔)もあるけど検査後の回復を考えて麻酔無しとした。それでも全然オーケー、麻酔必要なし。

やはり医者は技術だね。

参考:三鷹 たきがわクリニック
| 日記 | 08:09 | comments (0) | -
カメラ壊した..
奥多摩で紅葉撮影の終盤、坂道で三脚に乗せたカメラごと、道において目を離した瞬間、ガシャって音がしてカメラが道に倒れていた...orz

アスファルトに激突した衝撃で、シャッターボタン側の角にへこみと惨い擦り傷。フォーカスレンジ切り替えスイッチが若干引っかかる様になった。
そして、重宝していたタムロンの18-200mmズームの鏡筒に亀裂。

マグネボディの強靱さのおかげで、カメラ本体は一応正常に動作するようだったが、レンズのボディの亀裂は...。一応撮影してみたところAFも絞りも動作はしているがこれだけの衝撃だし、アライメントは狂ってるだろうな。亀裂から内部に埃や水が進入することもあり得るし。心なしか無限遠のピントが甘いような。ズーム動作も引っかかりがあるし。修理すると高そうだな。もう一本買か〜。

うーん。このところ不注意で物をなくしたり落としたり頻繁。どうも危険だ。鬱。保証切れ直後の事故ってことで。ソニータイマーのようなのろいが罹ってるんだろうか...とか。あ、地震保険で携行品保証って出来ないのかな?
| 日記 | 01:55 | comments (2) | trackbacks (0)
Xmas illumination 新宿サザンライツ2005
今年最初のXmasイルミネーションネタ。
新宿サザンテラスのイルミネーション。
10/28点灯予定だったけど遅れたみたいで、日光に行った帰りにちょっと寄り道してみたら点灯していたので疲れを押して撮影。

去年と違って人通りがあってもカメラと三脚を構えるのにあまり躊躇しなくなったのは図々しくなったからかな。

去年の経験を生かしつつ、絞りをf8〜10程度に絞り込んで、その分ISOを上げて早めのシャッター速度を稼ぎ、被写体ぶれや振動ぶれ、シャッター時間長すぎて点光源がぼけるのをなるべく防止。構図がいい加減で甘いのは、これは腕なのであきらめる。

とりあえずネタとしては結構早いでしょ。早すぎて一番奥のツリーはまだ調整中だったのか、柵で囲われていたけど。
今月中には向かい側高島屋のデッキにもクリスマスイルミネーションが出現するはず。そしたらまた撮ろう。

2005_xmas_illumi_touthanlights0015.JPG2005_xmas_illumi_touthanlights0016.JPG2005_xmas_illumi_touthanlights0018.JPG2005_xmas_illumi_touthanlights0021.JPG2005_xmas_illumi_touthanlights0022.JPG2005_xmas_illumi_touthanlights0024.JPG2005_xmas_illumi_touthanlights0027.JPG2005_xmas_illumi_touthanlights0029.JPG2005_xmas_illumi_touthanlights0031.JPG
| イベント > Xmas illumination | 01:55 | comments (0) | trackbacks (80)
奥多摩〜丹波山の紅葉
土曜は青梅人のiwatakoの案内で、東京の秘境奥多摩へ。
紅葉具合は奥多摩町はまだまだ、奥多摩湖周辺が3分程度(奥多摩周遊道路入り口付近から奥へ行くと所々に見頃の銀杏と紅葉が点在している)、丹波山村で見頃、さらに奥の花魁淵から一ノ瀬(住所的には神奈川山梨だけど)で紅葉満開。特に一ノ瀬は標高が1500m弱で東京にいながら長野の高原の様な見事さで、山全体が唐松や白樺、いろは紅葉などの紅葉で一杯。

車ならゆっくり出かけて日帰りコースで紅葉満喫できる。

まず丹波山村で村営蕎麦屋にて昼飯。そばと五穀米の飯、漬け物、刺身こんにゃくで800円。とろろとキノコをつけて1000円。やすい割に食べでもあり、味もなかなか。目の前には村自慢の人が通るといろいろな童謡を演奏する吊り橋。人が通るたび音楽がなる。通りっぱなしだと鳴りやまないのが少々何だが。

丹波山村の裏山。
IMG_9155.jpg
画面でゴミのように無数に飛び交っているのは、テントウ虫の大群。無数のテントウ虫がバラバラ飛び交い、撮影していると体中にテントウ虫が張り付く。冬眠の場所探しに群衆してるらしいけど、これだけ無数にいると...気持ち悪いや。

青梅街道〜丹波山渓谷のあたり
IMG_9213.jpg
逆光でかなり厳しい写真だけど、肉眼だと紅葉が光ってかなりきれい。
車止めがあったら迷わず止めて、川に降りてみるといいかも。ただし、よほどなれてないと崖を滑り落ちることになるので注意。

花魁淵は夏に巨大な崩落があったようで、山が半分崩れていた。
そこから一ノ瀬林道で一ノ瀬高原へ上る。
と、そこはまさに高原。一気に植生が変わり、杉や広葉樹中心から唐松や白樺が目立つ様になる。その中にきれいに色づいたいろは紅葉など。
IMG_9377.jpgIMG_9384.jpg

結構手前で時間をとってしまった為、一ノ瀬に入ったのは日没直前。ゆっくり撮影する時間が無くちょっと残念に思いながら帰路に。
そして最後に花魁淵からちょっと戻ったところで川に降りて最後の撮影。
IMG_9415.jpg

日光より紅葉という点では変化に富んで綺麗だったかもしれない。山の紅葉は結構おなか一杯かな〜。あとは河口湖で富士と紅葉、それに鎌倉待ち。でも12月にかけてはクリスマスイルミネーションと重なるので結構たいへんかも。
| 写真 > 紅葉 | 01:12 | - | trackbacks (0)
日光山と霧降の滝
先々週に引き続き日光いてきた。
中禅寺湖方面はすごいことになっているので霧降高原。
まずは霧降の滝へ。
2005_nikko_Kirifuri0001.JPG2005_nikko_Kirifuri0003.JPG
20年ぶりにきた霧降の滝は、立派な観瀑台が出来ており眺め絶景。
2005_nikko_Kirifuri0002.JPG
紅葉が絡むと華厳の滝よりすばらしいかもだ。
が、昔は滝の横をガレ場通って滝壺まで降りられたはずが、いまは道が無くなったよう。残念。
さすがに三大名瀑というだけあり、中善寺方面とは比べようもないがそれなりに狭い観瀑台は順番待ちが出来る程度の人だかり。30カットくらいの写真を撮るのに3回くらい並びました。

霧降の滝を見て、そこから山を4時間ほどあるって隠れ三滝を巡る。
こちらはほとんど有名ではないので、人もまばら、つかほとんど人気無し。
まず丁字滝。結構勢いのある15mくらいの滝。
2005_nikko_Kirifuri0004.JPG
続いて玉暖簾滝〜ここは観瀑台はあるが、木がじゃまでいまいち。滝自体は幅広のまさに暖簾のような滝だったけど。(写真割愛)
そして、真っ暗滝。
2005_nikko_Kirifuri0005.JPG
これは、隠れ滝の名にふさわしい秘境っぽいところにあり、しかも大きい。落差は25mくらい。岩壁が半円状に周りを取り囲んで、見上げると紅葉。片道2時間歩く価値あり。10mm広角レンズが活きる場所。写真ではわかりにくいがもうもうと滝壺から水煙が上がっている。Good. 
2005_nikko_Kirifuri0006.JPG
しかしここまで結構こまめにアップダウンがあり、ショートコースとはいえ結構足にきている。日も傾き始めたので大急ぎで撤収。ところが、頼りの地図はこれだったので、帰り道がよく判らない...ぉ。実はここまでも何度か迷って行きつ戻りつしてたり。とにかくそれらしい踏み分け道と標識を頼りに進む。上って降りて上って...お、
2005_nikko_Kirifuri0007.JPG
こんなんが道にのたくって、怖くて進めないし。迂回するには日が落ちそうで余裕無く。仕方なく枝を拾って追い払う。怖かったよ...。
なんとか舗装道路にでたけれど、それも感覚的に下っていいはずが上り道で
ますます日は落ちあとは残照を残すのみ...いやー知らない山の中で迷うかと本気で心配になったよ。結局それが正しい道でなんとか帰り着いたけど。
知らない山を歩くには、ちゃんとした地図を持って行くべし!!

〜日光に帰り一泊。飯フレンチフルコース、うまかった。調子に乗ってワイン1本空け、飯直後にこてっと寝てしまうパターン。

翌日は、奥日光に行こうかとも思ったが、ちょっと体力が落ちていたので寺社と紅葉ということで。
内容は疲れたので以下参照。あ、輪王寺の逍遙園は300円払って見る価値ある。紅葉がかなりきれいなり。
2005_nikko_Kirifuri0009.JPG2005_nikko_Kirifuri0012.JPG
続きを読む>>
| 旅行 | 03:21 | comments (0) | trackbacks (30)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。