先週のハチミツとクローバー
...に出てきた仙台の、下が見える海の上にかかる赤い太鼓橋。
なんか気になったので調べてみた。
仙台、海、太鼓橋でググッたら、これ。

宮城 仙台松島〜日本三景の碑・五大堂・観瀾亭〜



松島ですか。行ってみたいかも。

しかしハチクロ、いいですなあ。
| アニメ | 23:32 | comments (1) | trackbacks (0)
恋のマイアヒ
のまのまいぇい〜のまのまのまいぇい〜♪ まいあひ〜
ってわけでCD+DVDコンピかいますた。
シャッホーに入れてリピート。モナーもどきののま猫が、頭の中で駆けめぐる。
それとスピードグラファーのOPに使われている、デュランデュランのGIRLS ON FILM、単品では売ってなかったけどたまたま古本を売りに行ったブックオフで収録アルバムを中古で見つけ購入。

もう一つ、GORIE▼PECORI-NIGHTのCD+DVDコンピも。
メイキングを毎週見ていたら買っていた。
データはHDDにリッピング済み。

のま猫と言えば...松本城に行ったときに、変な墓石(モニュメント)を見つけ。ぱっと見モナー。松本城にモナー。
モナー
| 音楽 | 01:00 | comments (0) | trackbacks (0)
頭文字D見てきた
主役は豆腐屋の親父。
いい味でてたよ。

実写で見る溝落としコーナリングは笑う。
あと、ランエボとFCとハチロクの3連ドリフトダウンヒルバトルも。

ストーリーは微妙にアジアンだけど、よく作ったなって感じで
なんで日本の役者とスタッフで出来ねーかなーとは思うけど、きっと日本人だけで作ったらびんぼくさい映画で終わってたかも。

まー金出してみただけの元はとれた。
日本でも売れれば続編作りそうなラストではあったけどな。
| 映画 | 23:55 | comments (0) | trackbacks (0)
2005年10月期アニメ更改情報
今期の更改も大量に番組が始まるみたいな。
うちの録画予約数で32番組が新番組、うち時間帯新枠が5〜6枠。
仕事があったら見切れないだろうな〜。
今秋も某B氏あたりのご苦労がしのばれますね。

2005年10月期更改アニメリスト&予約テーブル
これはうちのレコーダー予約テーブル。(注:曜日と時間はデッキの予約用に書いてあるので、アニメ誌などの番組情報とは日にち、時間の表記にずれがあります。番組名等は違っているかもしれません。)

データ参照元 MOON PHASE ANIME
| アニメ | 17:08 | comments (0) | trackbacks (0)
巾着田〜曼珠沙華
23日、曼珠沙華群生地として日本一有名(らしい)埼玉県日高市巾着田に見物に。

巾着田HP

最盛期には一面真っ赤な絨毯のように咲く曼珠沙華だそうだが、行った日はまだ3分咲きといったところで赤い花と緑の茎が分かれてみえる状態だった。
まあこっちの予定通りに咲いてくれる花なんてそうはないからしょうがない。

2005_manjusyage0031.JPG2005_manjusyage0036.JPG2005_manjusyage0002.JPG2005_manjusyage0024.JPG2005_manjusyage0032.JPG2005_manjusyage0009.JPG

本当の見頃は九月末あたり。
巾着田は西武秩父線高麗駅利用が便利。HPには八高線高麗川駅からの行き方も書いてあるが、とても不親切な行路なので、たぶんよく知っていなければ行き着けないだろう。
| 写真 | 03:00 | comments (0) | trackbacks (0)
木崎湖〜松本高校
順序がばらばらだけど、19日、栂池の帰り道で木崎湖と松本に寄る。
去年も木崎湖と松本だったなぁ。いちおう、アニオタ聖地巡礼とは関係ないと言っておこう。(^^
2005_kizaki&matsumoto0002.JPG
南小谷〜糸魚川を走るJR西日本の汽動車。懐かしい。
2005_kizaki&matsumoto0009.JPG2005_kizaki&matsumoto0010.JPG2005_kizaki&matsumoto0011.JPG2005_kizaki&matsumoto0015.JPG
秋の借り入れ時、稲がいい具合に色づいている木崎湖畔。時間に余裕がないので湖畔の星湖亭でレンタル自転車を借り、1時間でささっと回りながら撮影。
帰り際自転車返却ついでに一部で有名なまりえカレーを食べた。...ただのククレカレーに生卵落としただけ...これを喜んで食べるアニオタさんはいいお客だね。
2005_kizaki&matsumoto0021.JPG2005_kizaki&matsumoto0020.JPG
小川で見かけた秋茜と水中に咲く睡蓮。

続いてローカル電車にて松本へ。昨年見損ねた旧制松本高校校舎の中を見物。
2005_kizaki&matsumoto0026.JPG2005_kizaki&matsumoto0034.JPG2005_kizaki&matsumoto0028.JPG2005_kizaki&matsumoto0041.JPG
いい雰囲気だね。
松本市内は、市役所の無料貸し出し自転車と、商店会の力車という無料貸し自転車がある。市内観光を効率よくこなすにはこれを利用するのが最適解。自転車を利用できたので、帰りの特急の時間までに旧制高校と開智学校、松本城、その周りの町などを効率よく見て回れた。

特急で帰宅して、第一の旅行は終わり。
| 旅行 | 02:32 | comments (0) | trackbacks (0)
大井川鉄道〜SL
20〜21日は寸又峡で温泉一泊。
寸又峡を見物という目的だったけど、ひたすら大井川のSLと井川線のトロッコ列車に乗ってるだけという旅だった。
新幹線で静岡、東海道線で金谷、そこから大井川鉄道のSL特急で千頭。
2005_oigawa0029.JPG2005_oigawa0028.JPG2005_oigawa0012.JPG
汽車は、やっぱりいいね。汽笛の音は本物なんだけど録音した効果音じゃないかと思うほど本物っぽかった。(本物だって)
煙も本物。無煙石炭を使用していると言っていたが、トンネルに入ると車内が煙でスモークがかかる。あとで服をはたくと砂粒のような黒い粉がパラパラ落ちる。結構喉と気管には優しくないかも。鼻とか耳の中も真っ黒だった。これもサービスだと車掌のアナウンス。
2005_oigawa0005.JPG
大井川鉄道特製駅弁。竹皮の弁当箱に入ったおにぎり、煮物、桜エビの甘露煮とヤマメの甘露煮、お新香。素朴だけどこれは非常においしい。おすすめ駅弁に推薦したい。がたごと揺れる列車でビール片手に食べると特にうまい。うまかった。
2005_oigawa0003.JPG
むかーしありましたねこういう型の電車。まだ現役で動いてるのね。大井川鉄道は、動く鉄道博物館といってもいい。
8時に出発し、電車を乗り継ぎ金谷駅11時47分発のSLは、1時間20分かけて40km上流の千頭に到着。ただ乗ってるには長いけど、車掌の調子っぱずれなハモニカ演奏とか解説を聞きつつ、あっちこっち写真を撮っていたらあっという間だった。
千頭からはバスに揺られて40分ほどで寸又峡温泉到着。移動だけで6時間。名古屋より時間的には遠い。
現着2時過ぎはハイキングにはちょっと遅いかと思ったが、寸又峡は回ってみれば1時間ほどで回れてしまう小さなところだった。紅葉が始まっていないので、あまり見るものもない山奥の峡谷。さくっと回りホテルに入る。あとは温泉つかって翌日の予定を立てる。
翌日、せっかくなので日本唯一のアプト式トロッコに乗ってみることに。千頭から25km上流の井川ダムまで2時間かけてゆっくり上るミニ列車。遊園地のトロッコとさして変わりない客車はかなり、とっても振動する。揺れなんてもんじゃなく、乗って10分で後悔するほど、結構背骨に響く。
2005_oigawa0021.JPG2005_oigawa0025.JPG
我慢して写真をとりながら、乗っていく。途中アプト区間駅にて、専用の電気機関車を連結して、日本一の急坂90パーミル(90/1000=約4度の勾配)を上る。
2005_oigawa0024.JPG
車なら4度の坂(9%)なんて些細な坂だけど、鉄道では超急坂なんだそうだ。(箱根の登山鉄道は40パーミル) そこで、専用の歯車を刻んだ第3のレールに機関車の下につけた専用ラックギアをかみ込ませて、その力で列車を支えるのがアプト式という。この区間=1.5kmのみをわざわざ電化して専用機関車を導入しているとか。アプト区間終了点で電気機関車は切り離し、また自力で終点を目指す。2時間で終点井川に到着。
しかし、ゆっくり休む暇もない。なんせ、40分ほどで帰りの列車がで出る。それを逃すと千頭で帰りの列車にのれないのだから。というわけで駅に直結したおみやげ屋兼飯屋(というか山の避難後屋みたいな...)でそばをかき込み、水分補給のスポーツ飲料を買い、駆け足で井川ダムを一目見て帰りの列車に乗り込んだ。
同じ道をがたごと揺られ、すっかりくたびれて千頭へ。ただ往復しただけで5時間経過。千頭でも待ち時間なしでSLに乗車して帰路金谷。1時間20分。金谷から静岡へ30分。さすがにローカル列車は疲れたので、静岡からは新幹線でショートカット。それでも朝九時に宿を出てからひたすら列車に乗り続けて家に帰着が7時半と、都合10時間移動しっぱなし。まるで鉄の旅のようだ。
ま、たまにはいいか。
| 旅行 | 02:08 | - | trackbacks (1)
栂池自然園〜初秋
栂池の写真を...
唐松の花唐松の花十年ぶりに咲いたという、唐松の花の松ぼっくり。
栂池初秋
栂池の紅葉はあと2週間くらい後のようだった。
一足早い紅葉2005_tugaike-sizenen0013.JPG2005_tugaike-sizenen0024.JPG
ほんの数カ所、一足早く紅葉した木があった。
トリカブト高原のトリカブト
本当は2090mの展望湿原で大雪渓を目の前に拝むはずだったけど、高山の低気圧に肺が負け、深刻な酸素不足で体が動かなくなり、やむなく撤退。
白馬大雪渓
これは翌朝宿から見えた大雪渓。もう一日滞在するか、と思ったけど、体調が回復しないのであきらめた。
2005_tugaike-sizenen0040.JPG
朝日のゲレンデ
| 旅行 | 01:11 | comments (0) | trackbacks (0)
土曜日飲みに行きたいなー
明日土曜日は特に予定がないので、久しぶりに飲みにでも行きたいな〜
だれかいかね?
| お知らせ | 21:33 | comments (1) | trackbacks (0)
大井川鉄道〜寸又峡
夏休みも中盤
大井川鉄道で汽車に乗ってきます…
風邪とめまいは薬でごまかして。

それにしても、一ヶ月に3回も自費で新幹線に乗るなんて近年ない遠出っぷり。

体が持てばいいけどな。
旅館を取ってあるのでやめるわけにもいかないしさ。

勢いで香港とかのチケット取れないでよかったかも…ほっ。
| 旅行 | 11:02 | comments (0) | trackbacks (0)
栂池惨敗
とりあえず、写真付き更新はあさって帰ってきてから...

栂池高原は結局、風邪で熱が出てきたところを薬でたたいてむりやり行っちゃったのが徒となったか...。
自然園トレッキングでもうあとちょっと、ほんの十数メートルの高度で白馬の大雪渓を間近に見られる頂上尾根に行くところが、もうどうにも足が萎えて一歩も上れず。あまりに筋肉疲労が極端なのでハタ、と思った。高山病...まではいかなくても二千米の標高では気圧が低い。肺が弱ってるから酸素取り込み能力が落ちて、酸欠になったかと。
年寄りでも上っていく道、無理すればいけるのかもしれないけど、少しでも余力があるうちに安全圏まで戻る方がいいと決めて引き返した。
下りでも歩みはカタツムリのように一歩一歩、とにかく酸素が足りないので筋肉が全く言うこと聞かないから。

四十分の道のりを一時間以上かけてゆっくり山小屋まで退却。わずか二百米下っただけでもいくらか呼吸が楽になった気がする。
結局行程6km、高度差千八百米〜二千二十米のトレッキングならず。
まあ、肝心の大雪渓も、雲がかかって眺められなかったと思うのであきらめもつくか。

というわけで、山に登るには体調管理、絶対大切と。もっと肺の酸素交換効率をあげないと、今後高山には挑戦できないかな。

帰ってきて一日おとなしくしてたけど、ひたすらだるくて眠い。まだどこか壊れているのか。明日はまた大井川へSLにのりに泊まりがけで行くのだけど。
そういえば去年も同じ日に宿で結石が詰まって捻転していたっけな。
| 旅行 | 23:11 | comments (0) | trackbacks (0)
信州栂池高原
北海道か香港の格安ツアーを探したんだけど、いくら何でも前々日じゃぁ、なかった。仕方ないんでまた今年も長野で、栂池自然園のトレッキングにいってきまつ。帰りには木崎湖回ってそれから松本城でも見てきます。

紅葉が始まってることに期待。まだ早いか?

しかし、風邪ひきはじめでだんだん筋肉が炎症始めてきた....やばいかも。
| 旅行 | 23:25 | comments (0) | trackbacks (0)
サルスベリの花 神代植物園
忘れてたけど、日曜に神代植物園に立ち寄った。
9月は何の花もなく見るものがない。おかげで雲霞のごとく徘徊カメラ爺、婆もほとんど姿を見ず、園内も閑散としていた。

掲示板で確認すると開花した花はわずかにサルスベリ他数種。

サルスベリのはなってのは見たことがなかったのちょいと珍しかった。しかしピンクのキクラゲのような花は結構注目点が定まらず、難しい被写体だった。
サルスベリアップ2005_sarusuberi-jindai0006.JPG2005_sarusuberi-jindai0010.JPG2005_sarusuberi-jindai0013.JPG
| 写真 | 01:35 | comments (0) | trackbacks (0)
息が出来ない...
このところ、季節の変わり目で風邪っぽい気管支のざらざら感とか閉塞感が続いています。そのせいか、横になるとのどが塞がってしまい呼吸が出来なくて、目が覚める、眠れないといったことが多々あります。
もともと睡眠時無呼吸症の症状がいくらかでているので、その症状が気管支の腫れによって悪化しているのだろうと思うけれど。
専門病院で検査をしなければと思いつつ、泊まりがけの検査x2回や、その後の一生の治療(場合によっては手術やダイエットで改善することもあるらしいけど)に二の足を踏んでいるわけで。

そこに持ってきてこのところのリストラ攻撃というか、完全放置状態で相当ストレスがたまっていることが、専門治療を受けて改善しようという気力を奪っている気がしてならない。つかぶっちゃけめんどくさい。
なんか仕事する気が失せてしまっているので、いくら人事がいろいろ異動先を探してきても一向気乗りがしないですな。

今の状態をリセットするには一度やめてしまうのがいいのかもしれませんが、きっと辞めるとすごく後悔というか、ますます無気力化するのが目に見えているので、なかなか辞めると宣言できず。なんといっても収入がいいしなー。(中身は最低だけど。)

と、ここで愚痴っても始まらんのですが。
喉の閉塞は、ここ1〜2週間特に症状を自覚することが多くなっているので、そろそろヤバいかも。とりあえず医者に気管拡張剤もらおう。
| 日記 | 21:02 | comments (2) | trackbacks (0)
山中湖花の都公園
土曜日、何もイベントがなく、行き先が決まらなかったので、ので、1年ぶりにスクーターで山中湖へ。
去年の失敗を教訓にして今回は、圧縮したダウンジャケットと秋の軽登山パーカーを積んでいった。何せ去年は凍えて死にそうになったから。
しかしさすがに九月上旬ではそこまで寒くなることはなく、秋パーカーだけで事足りたので、ほっとした。

ルートも去年と同じ、鎌倉街道から橋本〜津久井湖〜同志道で。津久井から山中湖までのおよそ50Kmは信号が1〜2個しかなく、ほどよいワインディングで同志川沿いの景観がとても気持ちよかった。信号のない道は素敵だ。もっとも50ccのエンジンではちょっと上り下りのパワーが足りなく、特に下りの重力に引かれて60km/h越えるあたりでエンジンが吹き抜けそうになるのが、ちょっと怖いところだが。エンジンは大きい方がいいな。会社やめたときには免許撮ってビッグスクーター買おうかな。

まず忍野八海で見物がてら昼飯。昔みた記憶だと、なんか自然の中にきれいな池がいっぱいあるイメージだったけど、今の八海は農村住宅地のなかの土産物屋の土台にあいたわき水の池って感じで、写真を撮りたくなるような風景ではなかった。
その後花の都公園に。天気がよく空気が澄んでいれば、雄大な富士をバックに大きな花畑いっぱいの季節の花が並んでいる図をものに出来るんだが、あいにくと薄曇りなうえ、花は添付の写真の1種留のみ。10月に期待しよう。
2005_yamanakako-hana-0002.JPG2005_yamanakako-hana-0013.JPG2005_yamanakako-hana-0017.JPG
| 旅行 | 00:24 | comments (1) | trackbacks (0)
辞書と本屋は使い分けよう
本屋と辞書は複数持って使い分けよう...本屋も辞書も得意不得意あって品揃えが微妙に異なるから、違う本屋にいくと思わぬ本を見つけたりするですね。
というわけで、どうしてもほしい同人ソフトがあったんで2GBのSDカードを買いに行ったついでに、秋葉のメロンブックスへ立ち寄り。ついでのついでに本棚を一通りみていたら、まだ読んでない小川一水の既刊とエリアル外伝を見つけて購入。先週CD馬鹿買いしたアニメイトでも見なかったやつなのでよかったね、と。

ところで、オタ本屋のお客というのは、なーんかこう、キョドってるというか不思議な振る舞い挙動をする人が多いのよね。なんでだろ。ふつうに歩けばいいのに妙に踊ってるように、いやよろけておびえてるような、とにかく不思議なリズムで動いてるのが多い...。なんだか見てるこっちが不安になるような気持ち悪いような。
びくついてるんでしょうか?
どうでもいいっちゃどうでもいいんですがね。
| | 00:19 | comments (0) | trackbacks (0)
iPod-nano
iPODnano.jpg
ヨドバシ在庫なし、アマゾンさんは白nanoさん24時間以内発送、黒nanoさん2〜3日以内発送可能、とのことでAmazonnさんでぽちっとな。
もちろん4GBの黒を。

送り先は家じゃなんなので、勤務先の某本社を指定(^▽^ケケケ
にしてもSHUFFLE改造スーパータンジェントはたったの2ヶ月の命でした...あう。

...ヴァカです。

ちなみにこちらの記事の写真で見ると、メインチップはPortalPlayerのPP5021なので、デカiPod2〜3世代と同等シリーズ。やっぱり音は悪そう。でもこのチップ、上位5022からはMPEG4デコードが可能なのよね...。iTunesは動画のポーティングも出来るし。

【9月12日追記】
Amazonn君からお手紙がきました。
『Apple iPod nano 4GB ブラック [MA107J/A]』

誠に恐れ入りますが、本商品は、当初の予想を上回るほど数多くのご注文をいただいており、当サイトへの入荷に遅れが生じております。
ご注文商品は入荷できる見込みでございますが、入荷までには1ヶ月程度のお時間がかかるおそれもございます。お客様には長らくお待た
せしまして大変申し訳ございませんが、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

っておい、発注量以上に注文受け付けるなよ(-_-)
某ヤフオクは詐欺行為つって禁止してるんだぜ。ぷんぷん。
| PC > Hardware | 22:03 | comments (0) | trackbacks (0)
よく判る種宿命
フィアンセ戦車 よく分かる種死解説
今までぬるくて何やりたいんだかわかんねー中途半端アニメだなぁ、とか思っていた種ディステニー、こうやって整理されるとやっぱりこいつはだめアニメだった、というのがよく実感出来るわけ。
すばらしいまとめだと思う。
| アニメ | 21:23 | comments (0) | trackbacks (0)
写真ギャラリー
撮りだめた(撮りっぱなしとも言う)写真を整理して、まとまった分から公開していきます。とりあえず以下のギャラリーを公開。統合インデックスページがまだないので各ページへの直接リンクになっとります。暇なら見てやってください。(以前のリンクで公開していたページも含みます。)
河口湖の紫陽花
茨城県明野町のひまわり
山梨明野村のひまわり
御嶽山レンゲショウマまつり
神代植物園バラ園ローズフェスティバル
江戸川花火大会2004
隅田川花火大会2004
東京湾大華火大会2004
調布花火大会2005
板橋&戸田花火大会2005
立川昭和記念公園花火大会2005
横浜みなとみらい花火大会2005
浅草サンバカーニバル2004
CEATECコンパニオン特集2004
モーターショーコンパニオン特集2004
浅草三社祭2004
横田基地友好祭2004
愛知万博スナップ
浅草サンバカーニバル2005
平塚七夕祭り2005
熱海梅園
黒四ダム&旧制松本高校
お願いティーチャー聖地探訪 木崎湖&松本高校
東京フォーラム風景
隅田川橋巡り
東武ワールドスクウェアー
こどもの日東京タワー階段登坂風景
| 写真 | 00:59 | comments (0) | trackbacks (0)
明野町 ひまわりフェスティバル in 茨城 (2005/09/03)
金曜日のテレ朝ワイドの中継天気予報で、背景にひまわり満開の絵があったのをネットで検索♪〜、茨城県明野町の八重ひまわりということ。
早速土曜日に写真を撮りに行った。ひまわりフェスティバルをやっているとのことだったが、あまり有名じゃないようで、ネットの情報もほとんどなく、町のホームページにも簡単な日取りと場所の住所がテキストで書いてあるだけという手ぬきっぷり。
同じ明野村でも神奈川の明野ひまわりは宣伝も打って人が押しかける有名っぷりだけど、こちらは行き方すらよくわからなかった。

どうにかたどり着いた明野町ひまわり畑は、作付け面積でいうなら田んぼ3反くらいの割と狭い会場。それでも満開のひまわりは圧倒的な存在感で迫ってくる。このひまわりは八重ひまわりという種類だそうで、ぱっと見不思議な感じの花。ひまわりの中心を占める黒い種の部分がすっぱり花びらで覆われているからだろう。

しかし会場といってもひまわりがある以外では、テントがひとつ。細々とイベント柄のタオルとTシャツがおいてある程度でそれ以外何もない。控えめどころか地味。ま、花が主役なのでぜんぜんOKなんだけど、ひとつ、炎天下に飲み物が入手できないのには少々しんどかった。

土曜なのに見物客はばらばらって感じ。山梨の明野みたいに人がフレームから出て行く瞬間を待ってシュートするなんで必要なくバッシバッシシャッターを切れた。ひまわり自体の背は1mちょっとしかないので脚立がなくてもそこそこ見渡した写真が撮れた。

2005_himawari-ibaraki-akeno0013.JPG2005_himawari-ibaraki-akeno0029.JPG2005_himawari-ibaraki-akeno0020.JPG2005_himawari-ibaraki-akeno0032.JPG

しかし、地味なイベントのため、交通は通常運行の路線バスに頼らざるを得ず、帰りのバスは15時半の一本を逃すと2時間ない。(その前も2時間なかった)。したがって大急ぎで撮影して2時間。15時に会場を出て、飯も食わずに帰りのバス停を目指す。(バス停までが徒歩20分。)さすがこの辺が茨城。

鉄道の駅に着くと、蒸気機関車が...それ以外にも気動車が普通に運行している。(鉄オタにとっては茨城というところ、古い気動車がかなり現役を張っている聖地と聞いていたが、納得。)

帰りは関東鉄道常総線(ワンマン気動車)にのってローカル気分を満喫し、途中守屋でつくばExpに乗り換え。Txってば、ばかっ早。まるで新幹線に乗ってるような加速感。そのせいかなんか、先頭車両の運転台後ろの窓に、親父がいっぱい張り付いてひたすら前を見ていた。席は空いているのにわざわざ立って前を見ている客も。ちょっと変わった雰囲気。(しかし開通半月もたたないのに、妙に裏汚れた車両は何なんだろう。窓は埃と虫のつぶれた痕だらけで...この辺も茨城感なんだろうか。)

今週は行く当てがなく、本当に偶然見つけた行き先だったにもかかわらず、結構満足な旅になったと思う。(茨城は電車も、バスも、昭和中期に戻ったように古く、ほんとにがたがた揺れる...)

【ほかのひまわり写真ギャラリーはこちら】

撮影地情報:明野ひまわりフェスティバル(8/27〜9/4)
茨城県筑西市宮山(旧明野町)宮山ふるさとふれあい公園前の県道沿いの畑
JR水戸線/常総鉄道/真岡鉄道:下館駅から関東鉄道パープルバス筑波行き20分
大村十字路下車〜徒歩20分
バスは時間をはずすと2時間来ないので事前の調査が必須。
関東鉄道バス路線図
筑西市公式ホームページ
| 写真 | 17:32 | comments (0) | trackbacks (0)
目がホラー
金曜日眼科に行って、ドライアイの検査を受けた。
一般的な予備検査と麻酔を注してから目玉にスケール付のろ紙を貼り付け涙量を測る検査、その後目にピンク色の染料を垂らして白目を染色してドライアイの乾き具合を見る検査。
染料がしみこんだ白目は、まるでドラキュラかウサギの目。

検査後看護師が洗い流してくれたんだが、どうも右目の染料は定着したみたいで落ちなかった。
結構ひりひりして目がしみるんだけど。

今日写真機を覗いていて気がついた。
左右の目で見た目の色に差がある。右目はどうも角膜にも染料が残っているのかも。

医者は一日で色が抜けるといったんだけど...
当分サングラスが必要な。視界がかすむのもこのせいかな。

写真を撮って貼り付けようかと思ったけど、鏡で見てさえあまりに怖いので、やめた。白目の下半分が真っ赤に血走って見える。
| 日記 | 21:58 | comments (0) | trackbacks (0)
アルバイト
昨日一日、アルバイトで試作機の改修を手伝った。
5センチ四方で0.6ミリ厚くらいの多層ガラス基板から部品を1個はずして、2個部品を付けるx25台。

と書くとたいしたことなさそうだけど、部品は1.0x0.5mm立方のチップ部品で半田付けするランド面積は0.3mm四方くらいの面積しかない。隣の部品との間隔も1mm以下だったりするところで、肉眼だと、何も見えませんよ...。

拡大鏡を使って極細ピンセットと、極細はんだごて2本を使いながら苦労しいしい、1枚処理するのにたっぷり30分はかかりながら改修していった。
拡大鏡の中では、極細ピンセットも針のようなはんだごての先も丸太の様に拡大されており、それが大きく震えているのは、自分の手が震えて安定しないせい。アル中じゃないけど手が震える年ではある、と。

ブラックジャック先生助けて!って感じであった。
んで、今日起きたら、背中と腰が痛くて動けなかった。

昔は肉眼で0.5mmピッチのICの足を半田つけ出来たんだけどなぁ。
| 日記 | 11:49 | comments (2) | trackbacks (31)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。