万華鏡の魅惑...
また買ってしまいました...。
舞浜のイクスピアリにある万華鏡専門店カレイドスコープ昔館。
覗いたら欲しくなっちゃったんだよ。ま、買う気満々で行ったんだけど。
img035.jpg
あ、写真縦だ...。
修善寺で買った作家のものを1本と別の作家のを1本。修善寺で見たのと同じ物が東京の店だと1万円も高く売ってる。工業製品と違って工芸品は言い値だからなぁ。昔館にあったのをいくつか覗いてみたけど、結構いろいろ。安いのは数千円〜高いのは百万以上のも。やっぱりいいな〜と思うのは作家の一品ものとか量産品でも結構高いですね。
いろいろ覗いていると8万円くらいのものが安いな〜と思ってしまう。感覚が麻痺してきます。さすが万華鏡。
カード払いだけど今月はえーと、いくら使ったのだろう...。
今回のはガラスのオブジェクトの物と、もう一本は偏光デバイスを使った物。
光の加減で色が虹色に変化してこれは新しい。
mangekyou2-001.jpg
mangekyou2-002.jpg
mangekyou2-003.jpg
mangekyou2-004.jpg
mangekyou2-005.jpg

帰りにプラネットハリウッドでアメリカ〜ンなバーベキューバーガー食べ腹がくちくて息ができんようになりました。メガマック目じゃない。
そしたら広場でアメリカ〜ンな大道芸人がいたんで見物。
微妙に客いじりが上手いし最近の時事ネタ混じりの駄洒落もそこらの駆け出し漫才師より上手。
ちら見だったのが最後まで見入ってしまいました。まーおもしろかったのでチップは弾みました。ちっとだけ。

しまいに大江戸温泉寄って出張の垢を落としさっぱりしました。んで財布の中身もさっぱりでした。
| 写真 > カレイドスコープ | 02:37 | comments (2) | trackbacks (0)
魅惑のカレイドスコープ
NEC_0007.JPGNEC_0009.JPGNEC_0011.JPGNEC_0014.JPGNEC_0017.JPGNEC_0018.JPGNEC_0021.JPGNEC_0022.JPGNEC_0025.JPGNEC_0029.JPG
本物はもっと精緻ですっごくきれいでした。カレイドスコープミュージアム。
修善寺虹の郷って温泉地の公園なんですがその中にたまたまあった小さな(しょぼそうな)ミュージアムで出会った万華鏡。
正直こんなにきれいで複雑な物だという認識はなかったので、見た瞬間感動、すばらしい、欲しい。
IMG_9706.JPG
買っちゃいました。旅行中の財布の緩さも手伝って。左からオイルワンドスコープ(3000円)、オイルスコープ(カレイドスコープのオイルタイプ、25000円(O_o)WAO!!!)、テレイドスコープ(1500円)。
テレイドスコープは虹彩みたいな色ガラス部分がなく魚眼レンズになっています。見た風景画そのまま万華鏡になる変り種。オイルワンドはこれと同じものを高田美和(女優)が2本買っていったと店員さんが...。
NEC_0042.JPGNEC_0043.JPGNEC_0047.JPG
上の三つがオイルスコープ。もう、写真なんかじゃぜんぜん伝わりません。値段も張るけどその分だけとっても綺麗。いくら見ても見飽きない。非常に繊細で複雑な色模様がね〜。お店でどれを買うか散々悩んでこれにしたけど、同じ位のものがあと3本あって、全部ほしかったんですがね。伊豆在住のガラス作家の手作り品。
NEC_0044.JPGNEC_0045.JPG
NEC_0046.JPG
次の三つ、はじめのがオイルワンド。安いので光のオブジェクトがちゃっちい分精緻さには欠ける。けど十分綺麗です。次の二つはテレイドスコープ。見てるのは自分の部屋なんだけど結構選ぶ背景で綺麗に見える。お値段よりだいぶ使えます。

しかし、これを綺麗に写真に撮る技がほしい〜。普通のカメラじゃ撮れなかったので、携帯のカメラで撮ってます。

あーもう一日中見ていても飽きないですよ。ネットで調べたら青山と代官山に専門店があるらしい。こんどいってみようかな。お財布分厚くして。
| 写真 > カレイドスコープ | 07:10 | comments (2) | trackbacks (0)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。