仙石原 ススキ
久しぶりのディズニー以外の写真かも。
といっても先月末なので3週も前ですが。

susuki-09-0015.JPGsusuki-09-0018.JPGsusuki-09-0019.JPG

箱根の仙石原でススキの草紅葉を見て、でもそれ以外の紅葉にはだいぶ早かったので芦ノ湖を周って寄り道。黒卵食べて温泉入って地魚食べて帰宅。写真撮ったのはまあ正味1時間てとこですね。

susuki-09-0020.JPGsusuki-09-0005.JPGsusuki-09-0006.JPG
susuki-09-0007.JPGsusuki-09-0008.JPGsusuki-09-0009.JPGsusuki-09-0010.JPGsusuki-09-0013.JPGsusuki-09-0014.JPGsusuki-09-0016.JPGsusuki-09-0017.JPGsusuki-09-0022.JPGsusuki-09-0023.JPGsusuki-09-0002.JPGsusuki-09-0025.JPG

これ以外紅葉は全く見に行ってないなぁ。
| 写真 > 紅葉 | 23:51 | comments (0) | trackbacks (0)
Re:3そうだ、京都へ行こう..Final
やっと整理がついたので、京都の先週の紅葉です。
京都初心者なのでなんか記念写真とかなりふり構わずなスナップもどきな感じですね。もちっと余裕を持ってシャッタヲ切りたいものですが、勝手がわからず時間ロスばかりで。鎌倉とは違う。

一日目のコースは嵐山。渡月橋〜清涼寺〜宝莢(字が違うけど変換出来ない)院〜二尊院〜厭離庵〜祇王寺〜化野念仏寺〜大覚寺と自転車で回ります。
出色なのは二尊院の紅葉の馬場。180mの参道両側からゴージャスな紅葉の壁が並びすごいの一言。それと化野念仏寺も賽の河原と名付けられた数百体の石仏(無縁仏)を囲む真っ赤な紅葉の美しいこと。どれもすばらしいです。
momiji-kyoto-005.JPGmomiji-kyoto-003.JPGmomiji-kyoto-026.JPGmomiji-kyoto-028.JPGmomiji-kyoto-059.JPGmomiji-kyoto-068.JPGmomiji-kyoto-080.JPGmomiji-kyoto-076.JPG
清水ライトアップ、の数百m手前。もうこれを見に嵐山から渋滞で全く動かない京都市内まで行ったのに、門前の数百m手前から道が人混みでふさがって動きが取れない状況。10分ほど我慢したものの、とても待ちきれないので悔し紛れに望遠の手持ちで無理矢理1カット撮って撤収しました。
京都恐ろしい。
momiji-kyoto-083.JPG
その後高台寺に回ったけどここも、1時間以上行列必至であきらめ、たまたま見つけた高台寺門前にある圓徳院のライトアップを見学。
momiji-kyoto-086.JPGmomiji-kyoto-088.JPGmomiji-kyoto-096.JPGmomiji-kyoto-110.JPGmomiji-kyoto-107.JPG
二日目は朝大阪新世界を軽く観光してから京都市内で、石川五右衛門絶景かな、の南禅寺〜京都で一、二と言われる紅葉の名所永観堂〜哲学の道と。どれもすばらすぃー紅葉でした。人も多かった。大阪でのタイムロスもあり、また一カ所毎の撮影時間も結構かかったため、銀閣寺まで行けずにタイムオーバーになって京都駅へ向かいました。結局二日とも昼抜き、夕抜き。
momiji-kyoto-111.JPGmomiji-kyoto-116.JPGmomiji-kyoto-125.JPGmomiji-kyoto-132.JPGmomiji-kyoto-136.JPGmomiji-kyoto-139.JPGmomiji-kyoto-145.JPGmomiji-kyoto-146.JPGmomiji-kyoto-149.JPGmomiji-kyoto-150.JPGmomiji-kyoto-155.JPGmomiji-kyoto-158.JPGmomiji-kyoto-161.JPGmomiji-kyoto-166.JPGmomiji-kyoto-169.JPGmomiji-kyoto-172.JPGmomiji-kyoto-174.JPGmomiji-kyoto-176.JPGmomiji-kyoto-177.JPGmomiji-kyoto-180.JPG
京都駅では夕飯の時間を捨てて京都タワーの地下3階にあるタワー浴場に入って疲労と埃を落としてさっぱりと。ここは結構広いレトロモダンな湯船にタオル付きで750円とお安く入れて気持ちよいです。京都駅前だから、旅の最後にさっぱりするにはうってつけ。ついでに京都駅のクリスマスイルミをちょびっと加えて、あとはお土産と弁当を買って一路東京となりました。
momiji-kyoto-186.JPGmomiji-kyoto-187.JPGmomiji-kyoto-188.JPG
| 写真 > 紅葉 | 22:44 | comments (3) | trackbacks (0)
先週の昇仙峡紅葉
ちょっと、早かった。今週か来週くらいが良いところかな。曇り時々雨だったので写真写りも今ひとつだった。

腹具合が悪かったのでお楽しみの温泉の後のほうとう鍋も食べずに帰宅。
かわりに駅弁を買っていった。余談だけど甲府駅の駅弁では”うまい甲斐”が一番旨いのでおすすめ。

momiji-shosenkyo-006.JPGmomiji-shosenkyo-017.JPGmomiji-shosenkyo-016.JPGmomiji-shosenkyo-020.JPGmomiji-shosenkyo-021.JPGmomiji-shosenkyo-023.JPGmomiji-shosenkyo-031.JPGmomiji-shosenkyo-040.JPGmomiji-shosenkyo-054.JPGmomiji-shosenkyo-059.JPG
| 写真 > 紅葉 | 07:21 | comments (0) | trackbacks (0)
中津川渓谷の紅葉&秋の那珂市ひまわりフェスタ&赤城山紅葉(枯れ葉)
駅弁:味噌カツとひつまぶし、夕食:アンコウ唐揚げ、刺身、地物アン肝、そして鮟鱇鍋。水戸への行き帰りのお食事。土産はもちろん天狗水戸納豆。
DSC01417.JPGDSC01428.JPGDSC01430.JPG

1日は紅葉を追いかけ埼玉県中津川渓谷。本当に何年かぶりで原付ツーリングを兼ねて。防寒装備はかなりしっかりしたけどそれでも日陰の山道にはいると寒気がヒンヤリ沁み込んでくる。青梅から名栗村を抜けて正丸峠経由秩父〜中津川渓谷を往復。計250kmくらいのコース。さすがに原付で回るには遠くて撮影とツーリング両方するにはちょっと時間が足りなかった。
しかしバイクで回ると金がかからない。途中で贅沢な食事も取れないし(時間が無くて)、ガソリン代もたいしたこと無いもんで、せいぜいお土産くらいの出費だった。
中津川の紅葉はちょっと早め。たぶん今週末か来週が見頃の模様。

momiji08-nakatsugawa-051.JPGmomiji08-nakatsugawa-052.JPGmomiji08-nakatsugawa-055.JPGmomiji08-nakatsugawa-064.JPGmomiji08-nakatsugawa-079.JPGmomiji08-nakatsugawa-013.JPGmomiji08-nakatsugawa-038.JPGmomiji08-nakatsugawa-045.JPGmomiji08-nakatsugawa-047.JPGmomiji08-nakatsugawa-030.JPGmomiji08-nakatsugawa-033.JPG

2日は茨城。那珂市で秋のひまわり祭りってのをやっていたので。今の時期に咲くようにひまわりを植えたのだそう。
ホームページにも市の観光サイトにも全く詳細情報が載って無くて場所の確認に手間取った。会場への交通アクセスはタクシーのみ。今時のイベントにしては手慣れて無くて他県から行くには不便なイベントだ。
ひまわりは休耕田をつぶして植えているので、周囲は畑と住宅地。これといった背景が無いので、写真だけ見ると秋なのか夏なのか、区別が付かないなぁ。
季節外れという要素をはずしたらローカルの市民祭りレベル、来年も行くかは微妙。
himawari08-naka-005.JPGhimawari08-naka-036.JPGhimawari08-naka-024.JPGhimawari08-naka-006.JPGhimawari08-naka-018.JPGhimawari08-naka-032.JPGhimawari08-naka-034.JPGhimawari08-naka-041.JPG

先週は赤城山。例年と同じく赤城山の紅葉は山頂では終わっていた。今年は大沼一周ではなくて小沼〜覚満淵コース。高低差150m、距離5km弱の軽ハイキングコースで。紅葉最盛期に来れば小沼は綺麗だったろう。
momiji08-akagi005.JPGmomiji08-akagi007.JPGmomiji08-akagi020.JPGmomiji08-akagi029.JPGmomiji08-akagi033.JPG
| 写真 > 紅葉 | 22:20 | comments (0) | trackbacks (0)
奥日光紅葉2008
奥日光の紅葉、ちょっと今年は早いですね。
1500mあたりはほとんど落葉が始まっており、赤い色は残っていませんでした。

友人のいわたこの車で沼田インターから片品経由、金精峠をぬけて湯ノ湖というのがここ数年のパターンです。シーズン中でもそこそこ空いているし菅沼、金精峠の紅葉が見られて良いルートなんですが、今年は落葉でほぼスルー。唐松の黄色いいろがかろうじて残ってるくらいでした。

湯ノ湖でちょこっと散策、その後湯滝レストハウスで滝見、戦場ヶ原のトレッキングはパスして光徳牧場で昼飯と牧場見物。久しぶりにマトンのバーベキューを腹一杯たべ満足。唐松の紅葉と牧場の様子がわりかし絵になるのでしばし撮影。

その後は結構日が傾いてきたので、車で適当に光の当たる山の端を巡って撮り歩いているうちに日没になりました。最後に夕暮れの戦場ヶ原を撮って終了。
ポイントは少なかったけど、まあ満足ですね。
帰りも中禅寺湖への道が渋滞で動かなかったので沼田方向から帰宅。途中老神で町営の温泉に浸かり、蕎麦レストランで夕食。山女の刺身が旨かった。


momiji08-nikko_004.JPGmomiji08-nikko_011.JPGmomiji08-nikko_015.JPGmomiji08-nikko_017.JPGmomiji08-nikko_018.JPGmomiji08-nikko_019.JPGmomiji08-nikko_021.JPGmomiji08-nikko_023.JPGmomiji08-nikko_025.JPGmomiji08-nikko_030.JPGmomiji08-nikko_042.JPGmomiji08-nikko_043.JPGmomiji08-nikko_045.JPGmomiji08-nikko_048.JPGmomiji08-nikko_050.JPGmomiji08-nikko_071.JPGmomiji08-nikko_074.JPGmomiji08-nikko_075.JPGmomiji08-nikko_080.JPGmomiji08-nikko_082.JPGmomiji08-nikko_083.JPGmomiji08-nikko_088.JPGmomiji08-nikko_096.JPGmomiji08-nikko_100.JPGmomiji08-nikko_102.JPGmomiji08-nikko_104.JPGmomiji08-nikko_110.JPGmomiji08-nikko_118.JPGmomiji08-nikko_125.JPGmomiji08-nikko_124.JPG
| 写真 > 紅葉 | 07:10 | comments (0) | trackbacks (0)
志賀高原の紅葉2008
先週末は志賀高原で一泊ハイキングでした。上高地に続き1500〜2000mの高地は紅葉ドンぴしゃの見頃。1日目が曇り〜雨模様だったおかげか人出が少なくゆっくり紅葉を楽しめました。土地勘が無かったので蓮池周辺を軽く散策程度ですが。来年はもう少し範囲を広げてもっと綺麗な紅葉を見に行く所存。
shiga010.JPGshiga011.JPGshiga012.JPGshiga013.JPGshiga016.JPGshiga017.JPGshiga018.JPGshiga019.JPGshiga020.JPGshiga023.JPGshiga024.JPGshiga025.JPGDSC01284.JPGDSC01297.JPGDSC01233.JPG

今回の宿、志賀高原幕岩温泉 ホテル志賀サンバレー。
夕食が特徴の宿で、椎茸の躍り食いとでも言いましょうか、菌床ごとの椎茸をひとり一床。客は食べたいだけはさみで取った椎茸を焼いて食べるんだけど、食べ終わった菌床をお土産で持ち帰れるという、おもしろい趣向。低コストでお客にお得感というか満足感を与えてくれる一工夫の宿で、おすすめ。20度でほっておけばまた椎茸が映えてくるんだとか。
翌日は、フロントに頼んでおけばハイキング用のお弁当を作ってくれるんですが、これも写真の通りボリューム満点。これで一人前950円。紅葉の中で食べる弁当はとても美味しかった。
DSC01267.JPGDSC01295.JPG

帰り際に麓の湯田中駅で温泉に。駅のホームに日帰り温泉がくっついているので電車を待つ間に温泉へ浸かり、電車が来たら即乗車という便利な駅でした。
DSC01307.JPG
| 写真 > 紅葉 | 00:24 | comments (2) | trackbacks (0)
上高地・秋-2008
上高地に行ってきました。ん〜〜すばらしい。美しい。びゅーてぃほー。
天気も最高。雲一つ無い青空。森も渓流も池も、何を見ても綺麗。
言うこと無し。紅葉にはちょっと2週間くらい早かったけど、十分ですよ。
前泊して夜明け前に出発した甲斐があったってもんです。
また動物も、狩猟や釣りなどが禁止されているため人を怖がらない。鴨が鳩のように足下をうろちょろするわ、人影が見えても悠然と泳ぐイワナとか、撮影しているすぐ足下を猿が駆け抜けるわ...。

いいですなぁ上高地。またたびたび行きたいです。もうすぐ閉山なのが残念。


kamikouchi-006.JPGkamikouchi-003.JPGkamikouchi-007.JPGkamikouchi-020.JPGkamikouchi-014.JPGkamikouchi-027.JPGkamikouchi-022.JPGkamikouchi-039.JPGkamikouchi-034.JPGkamikouchi-037.JPGkamikouchi-038.JPGkamikouchi-047.JPGkamikouchi-052.JPGkamikouchi-051.JPGkamikouchi-053.JPGkamikouchi-054.JPGkamikouchi-056.JPGkamikouchi-057.JPGkamikouchi-059.JPGkamikouchi-072.JPGkamikouchi-075.JPGkamikouchi-081.JPGkamikouchi-082.JPGkamikouchi-085.JPGkamikouchi-089.JPGkamikouchi-104.JPGkamikouchi-073.JPGkamikouchi-095.JPGkamikouchi-106.JPGkamikouchi-107.JPGkamikouchi-109.JPGkamikouchi-140.JPGkamikouchi-111.JPGkamikouchi-117.JPGkamikouchi-121.JPGkamikouchi-122.JPGkamikouchi-125.JPGkamikouchi-126.JPGkamikouchi-129.JPGkamikouchi-137.JPGkamikouchi-141.JPGkamikouchi-143.JPG

今回は大正池から河童橋までと、明神池散策路の途中までを巡りました。
明神池までの往復も時間的には可能だったのですが、1500m強の気圧に身体が耐えられず...数年前に白馬に行ったときも同じだったけど、酸素不足で歩くのが困難なくらい息が切れたせいで時速1km程度しか出せずに時間切れとなりました。次回こそは明神池まで行きたいな。
それ以上は登山になるのでとうてい無理ですが、せめてハイキングコースくらいは。


上高地の入り口、松本電鉄新島々(しんしましま)旧駅舎。なんかかわいい。某聖地松本第一高校校舎にも通じる和モダンな建物。
kamikouchi-145.JPG

お昼、五千尺ホテルの海賊焼き定食と、上高地バスターミナル売店のチーズクリームソフト。
kamikouchi-134.JPGkamikouchi-142.JPG

松本で特急を待つ間にちょっと鉄気分を...
kamikouchi-148.JPGkamikouchi-149.JPGkamikouchi-154.JPGkamikouchi-157.JPGkamikouchi-158.JPG
| 写真 > 紅葉 | 00:38 | comments (0) | trackbacks (0)
箱根仙石の紅葉
もういい加減山の紅葉は終わりだろう、ということで最後は箱根。
仙石原のススキと長安寺の紅葉。ススキはちょっと終わり気味だったけど長安寺の紅葉は最高にきれいだった。

07momiji-hakone0018.JPG07momiji-hakone0014.JPG07momiji-hakone0008.JPG07momiji-hakone0026.JPG07momiji-hakone0021.JPG07momiji-hakone0042.JPG07momiji-hakone0044.JPG07momiji-hakone0048.JPG07momiji-hakone0050.JPG07momiji-hakone0065.JPG07momiji-hakone0074.JPG07momiji-hakone0084.JPG07momiji-hakone0085.JPG

帰りに小涌園の近くの蓬莱園も覗いたが、こちらは日が落ちたあとだったため撮影は断念。小さな公園だけど紅葉はたくさんあった。
箱根は総じて紅葉の手入れが良くて紅葉がきれい。
その後小涌園で温泉につかって一杯。登山電車から終電のロマンスカーを乗り継いで帰宅。
余談だが、登山電車の運転台の足下には、ビルトオンの赤外線ヒータが付いていたのに気がついた。
07momiji-hakone0086.JPG
| 写真 > 紅葉 | 22:40 | comments (0) | trackbacks (0)
河口湖の紅葉2007
今週は河口湖。先週でもみじ祭が終わり、今週は割と観光客が少なくてゆったり撮影が出来た。本当はバイクで夜明け前に到着して順光の富士と紅葉を撮ろうとおもったのだけど、思いっきり寝坊した結果、いつもの電車で。

紅葉はまだ緑の樹もぱらぱらとあり、全体に遅めな感じで今週が見頃かと。
紅葉祭り会場跡は紅葉の天井と紅葉の落ち葉がおすすめで、北西岸の紅葉回廊は真っ赤な紅葉越しの富士山が絶景ポイント。

夜は同時開催のイルミネーション祭り。電飾のあまりの貧弱さの由縁で見物客がほとんどいなかった。

昼飯に行きつけのほうとう屋へ入る。このところ通い詰めているので、皆勤賞とのことでお土産に海布まき(めまき)をもらう。これは河口湖周辺の家々での家庭料理で市販はされていない。家言の魚(多くはワカサギ)を昆布で巻いて醤油味で煮染めたもの。酒の肴に実に良く合いかつ旨い。この店以外では出してくれたことがないもの。これが目当てで通っているのだ。いつも出かける数日前に電話して取っておいてもらおうと思うのだが、いかんせん当日にならないと予定が立たないため予約できたためしがない。この日は店主の好意でお裾分け。観光地で店になじみが出来るのも悪くないね。

河口湖北岸の大石公園入り口にある「ほうとう 大」って店、ほうとうだけしか出さない店だけど結構おすすめです。(めまきは酒のつまみに付いてくるので単品売りは無し。)

帰りはいつものごとく日帰り温泉で暖まって鈍行に乗って帰宅。

07momiji-kawaguchiko0001.JPG07momiji-kawaguchiko0002.JPG07momiji-kawaguchiko0003.JPG07momiji-kawaguchiko0004.JPG07momiji-kawaguchiko0005.JPG07momiji-kawaguchiko0006.JPG07momiji-kawaguchiko0007.JPG07momiji-kawaguchiko0008.JPG07momiji-kawaguchiko0009.JPG07momiji-kawaguchiko0010.JPG
| 写真 > 紅葉 | 23:31 | comments (0) | trackbacks (0)
紅葉 中津川峡〜長瀞
今週は中津川峡の紅葉へ。かねてから行ってみたかった場所。だけど通う電車もなく、見所が10km以上にわたり点在する峡谷なので車じゃないと行けなかったところ。いわたことつるんで。

夜明け前に出たんだけど、この秋一番というくらいの冷え込み、そして埼玉とはいえ山の中。めちゃ寒い。山のシャツとパーカーでは足りず、ダウンが必要な気温だった。そういえば去年この時期の長瀞へ行ったときはダウンを着てたよな〜。

来週原付で河口湖回ろうかと思っていたけど考え直した方がよさそう...。

momiji-nakatsu-0001.JPGmomiji-nakatsu-0002.JPGmomiji-nakatsu-0003.JPGmomiji-nakatsu-0004.JPGmomiji-nakatsu-0005.JPGmomiji-nakatsu-0006.JPGmomiji-nakatsu-0007.JPGmomiji-nakatsu-0008.JPG
名栗村から秩父、大滝村を通過して中津川峡へ。中津川峡は標高1200mくらいから600mくらいまでにわたるので、高原風な赤松の河原からクヌギなどの広葉樹、楓、もみじまでいろいろな樹が見られてなかなかきれいだった。今回は入らなかったけど終点地には立ち寄り温泉もあるし、途中にはダムもあり見所は多い。

momiji-nakatsu-0009.JPGmomiji-nakatsu-0010.JPGmomiji-nakatsu-0011.JPG
続いて夕方日が落ちてから長瀞へ。いつものライトアップ紅葉を見に。年々樹が痩せてきて葉っぱもひからびているし客足もあまりないのでいつまで続くか心配だけど。
| 写真 > 紅葉 | 00:07 | comments (2) | trackbacks (0)
昇仙峡の紅葉
大手観光案内WEBの紅葉状況で昇仙峡今見頃、ってのを見てつい行ってしまった...。
だけど、天神杜からのハイキング道沿いは、まだほとんどが緑のまま。
だまされた〜。その日JRの駅からハイキングイベントが開催されるので、客寄せにインチキの情報を載せたとしか。
風邪を押して来たものの、あまり撮る紅葉がなかったなぁ。

替わりに滝上にある影絵の森美術館が良かった。今までは、どうせ田舎の観光用でしょぼい見せ物小屋かと思っていたので、まったく無視していたところ。JRイベントに関連して入場料割引があったので入ってみた。
したら、あの懐かしのケロヨン作者でもある藤城誠治の影絵美術館だったとは。
生で見る氏の影絵は、全く期待値なしにはいったにも関わらずすばらしー作品ばかりでちょいと感動。
いやー影絵でぼかしやブラーが入った奥行きのある画を描いてるその表現力のすんばらすぃーこと。見ほれる画でした〜。

んで危うく帰りのバスに乗り逃すところだった。
甲府で例によって小作に寄り、牛たたき、トロ豚炒め、鴨肉ほうとう、とりつくねっと肉ばかりアラカルトで食べながら3杯ほど引っかける。満腹になったところで帰りの特急へ。

momiji-shyosenkyo-0014.JPGmomiji-shyosenkyo-0026.JPGmomiji-shyosenkyo-0029.JPGmomiji-shyosenkyo-0035.JPGmomiji-shyosenkyo-0041.JPGmomiji-shyosenkyo-0044.JPGmomiji-shyosenkyo-0047.JPGmomiji-shyosenkyo-0051.JPGmomiji-shyosenkyo-0058.JPG
| 写真 > 紅葉 | 00:13 | comments (3) | trackbacks (0)
赤城、紅葉、雨だった
土砂降りの雨、高度1300m、雲の上に出るかと思ったら、雲のど真ん中一杯って感じでした。むー。
momiji07-akagi-0001.JPG
前日、出かけるプランを練ろうとしたところまでは覚えてるんだけど、気がついたら畳でごろ寝しながら朝の五時で、あわてて準備してとりあえず山頂までの直通バスの時刻だけ確認して出てきたので天気なんか全くノーケアでしたよ。
出かける時間が1時間遅かったので新幹線で高崎までショートカットしてそこからローカル線で前橋。ぎりぎりバス出発の10分前に到着。下界は雨でも上はひょっとして...と思ってバスに乗ったんだけどね〜。赤城ビジターセンターは大粒の雨。
momiji07-akagi-0003.JPG
雨はますます強くなり、山が雲に埋もれて何を撮っても白いもやもや状態。カメラもびしょ濡れになりながら覚満淵一周。去年来たときはすでに葉が散ったあとだったけど、今年も結構ぎりぎり。かなり茶色が濃くなっていました。中腹あたりは赤や黄色のきれいな樹がいっぱいあったんだけどなぁ。
momiji07-akagi-0006.JPG
今回は休みなのに試作品のFTを命じられ、写真の合間にムービーカムでちまちまFT画像を撮影。構えが違うので肩がすごく痛くなり...。あーめんど。壊したり無くしたりしたら部長決裁ものだから気を使うし。(手作りだから1台100万以上なんで...。)
momiji07-akagi-0010.JPG
食堂で一休みしてぜんざいとお燗を一本。体を温め大沼を一周しに出発。ますます雨が強くなります。
momiji07-akagi-0014.JPGmomiji07-akagi-0017.JPGmomiji07-akagi-0021.JPGmomiji07-akagi-0004.JPG
2時間弱かけて大雨のなか湖畔を一周しながら紅葉を探し撮りあるき。しかし光がないのでほとんど枯れ葉ですな。カッパを着ずに歩いたもので、上着と靴は登山用のゴアテックス仕様で助かるもののGパンが股の上までずぶ濡れ。せめてレインスパッツを持ってくれば良かったなぁ。

前橋駅に戻り駅前の立ち寄り天然温泉ゆ〜ゆで一風呂。体を温めてから鈍行グリーン車で帰宅。途中高崎で11分停車とかアナウンスがあったので速攻降りて復刻だるま弁当をお土産に購入しました。重厚な瀬戸焼のだるまの入れ物に入った弁当は、見てくれは色彩が少なくぱっとしないけど、味と内容はなかなか充実して美味でした。ちょーっと容器が大きくて重いけど。肉好きならおすすめ弁当かと。
| 写真 > 紅葉 | 19:50 | comments (0) | trackbacks (0)
奥日光は紅葉の季節ですぞ
今週はいよいよ紅葉の見頃が関東に到達しだしました。
とユー訳で、友人のIWATAKOと奥日光に参りました。
群馬側から片品を通り金精峠経由で湯の子。そこで車を置いて竜頭の滝まで歩き、帰りを路線バスで駐車場に戻るというコース。中禅寺湖側がおそらくめちゃ込みだろうと予測してのコース取りです。
天気予報は大幅に外れ、行ってみたらほとんど真っ青な青空。良く紅葉が栄える空の色です。
紅葉はまだ奥日光の山頂付近が主で、湯の子から戦場ヶ原にかけてが今週の見頃場所でした。日光市内はもうちょっとかな。

群馬丸沼〜金精峠。
momiji07-0001.JPGmomiji07-0002.JPGmomiji07-0003.JPG
日光側 湯滝と戦場ヶ原。
momiji07-0004.JPGmomiji07-0005.JPGmomiji07-0006.JPGmomiji07-0007.JPG
| 写真 > 紅葉 | 00:51 | comments (1) | trackbacks (0)
鎌倉紅葉〜覚園寺・瑞泉寺
先週の土曜、夜は昭和記念公園のWinterVistaで、昼間は鎌倉の紅葉第3弾だった。この時期昼間は手近で遅くまで紅葉が楽しめる鎌倉が便利。
覚園寺は見ごろを過ぎたが十分きれいな紅葉が見られる。さらに奥庭の見学コースはここの写真の何倍もすばらしい紅葉の庭があるのだが、写真禁止で見るだけ悔しいので今年は入らなかった。
momiji-kamakura_20061216-0005.JPGmomiji-kamakura_20061216-0013.JPGmomiji-kamakura_20061216-0016.JPG
momiji-kamakura_20061216-0020.JPGmomiji-kamakura_20061216-0023.JPG

瑞泉寺〜鎌倉でもっとも紅葉の遅い寺として有名。とはいえ今年はこの黄色がこれから赤くなるのか、このままかれるのか微妙なところ。
momiji-kamakura_20061216-0027.JPGmomiji-kamakura_20061216-0034.JPGmomiji-kamakura_20061216-0035.JPG
momiji-kamakura_20061216-0036.JPG
鎌倉は場所を選べば年内くらいは紅葉が楽しめるね。
| 写真 > 紅葉 | 08:03 | comments (0) | trackbacks (0)
鎌倉紅葉はまだだった
xmas-yokohama20060001.JPGxmas-yokohama20060002.JPGxmas-yokohama20060003.JPG

先週末は鎌倉へ行ったのですが、全く紅葉は見られず...
獅子舞、覚恩寺、名月院、浄智寺...みな青葉か葉先がいくらか赤くなりかけ程度で見頃にはまだ2〜3週間かかりそう。

夕方前には夜景撮影のために他の場所に移動しました。
| 写真 > 紅葉 | 08:14 | comments (0) | trackbacks (0)
河口湖もみじ祭
金曜深夜帰宅に負けず、土曜は早起きして河口湖に行って参りました。もう、半分意地な...。

momiji-kawaguchi0002.JPGmomiji-kawaguchi0003.JPGmomiji-kawaguchi0004.JPG
もみじ祭は19日までだったのですが、色づきは所々緑が残っていたりして今年の色づきは遅いようです。それでも7〜8割色が変わって見頃でした。

行きの電車の中では青空が見えたのだけど、朝11時くらいには雲がかかってどんよりした空に。肝心の富士山も雲で見えない。
紅葉越しの富士は撮れませんでした。

今回は車でなく電車で行ったので、自転車をかりて湖畔を走りながら。うの島前の紅葉トンネルかろうじて日差しを待って撮影出来たのだけど、祭り本会場の紅葉回廊では全く日が出ず、くすんだ葉の色しか出ず...。
ライトアップの時間までいると帰りの足が無くなるので、今回は夜の部はパス。

やっぱり紅葉は光りがないとだめですね〜。

新しいほうとうの店が出来ていたので昼飯に入りました。
酒を頼むとあてに出てきた三角の昆布巻き。
食べてみたらほのかな甘みとうまみ一杯でかなりおいしい。ニシンの昆布煮かと思ったら、ワカサギを昆布で巻いて煮染めたもので、メマキというらしい。
地元のおばさんが祭りなどのときに作る料理で一般に販売はされないとか。
お店に卸すために作る家がいくつかあるらしいですが、業務用の予約注文とかで入手出来ませんでした。
人によって魚はワカサギだったりニシンだったり鯖などもあるそう。市場に出ない河口湖の地元料理ですな。
| 写真 > 紅葉 | 08:31 | comments (0) | trackbacks (79)
紅葉...; .;
今年初の紅葉を求めて...赤城RED SUNSの故郷赤城山を訪ねてきました。
ヤバい仕事を放り出し、4時起き睡眠2時間半での強行。新幹線まで奢って来たのに、赤城の紅葉終わってたYO(/_;)
大沼の周りを一周歩いて拾える残色を集めてもこのくらいしか撮れなかった。
はぁ。
akagi-momiji-0001.JPGakagi-momiji-0004.JPGakagi-momiji-0005.JPG

akagi-momiji-0002.JPGakagi-momiji-0003.JPG

右の写真、なんか梅干しみたいな花だった。種類はわかんないけど。
akagi-momiji-0007.JPGakagi-momiji-0009.JPG

akagi-momiji-0006.JPGakagi-momiji-0008.JPG
akagi-momiji-0010.JPGakagi-momiji-0011.JPG

一周して帰ったところで昼飯。イワナ(養殖)炭火焼き定食。\1600-。頭からしっぽまでがしがし食べられる香ばしいいい焼き加減。焼き塩が鬼のようにかかっているのがちょっと舌を刺すけど。イワナだけおかわりして3匹食べた。イワナの甘露煮一本付いて、甘すぎず結構旨い。ワラビの御浸しには生山葵が乗りこれも旨かった。赤城いわな亭。
akagi-momiji-0012.JPGakagi-momiji-0013.JPG

久しぶりに山歩き(といっても沼の周りの道路を一周しただけ)で、恐ろしいことに気がついた。全く体力が残っていない。ちょっと坂を上っただけで心臓の周りがすごく痛くて呼吸が出来ない。平地と標高1300mってどのくらい酸素が少ないのか知らないけど、呼吸が止まりながら寝てるから体内酸素量がとても低くなってるために、僅かの酸素低下でも息が続かない。まずいなぁ、紅葉みるのに山歩きできないんじゃ...。
これも仕事の弊害だよな。


朝早く出たおかげで一回りして飯を食べてもまだ3時前。紅葉が無いのでは長居してもしょうがないので温泉でゆっくりする為帰路のバスへ。
バスで1000mの下あたりを通ると、なんと満開見頃の黄葉。すごい悔しい..バスじゃ途中で下りるわけにも行かないから、目だけで紅葉狩した。

...赤城はいま中腹が見頃です。

ところで、帰路の電車で頭文字D3rdStageの映画を見ながら思った。(赤城つながりね)
なんか、赤城があるのに秋名山って無いなぁ。榛名山なら隣なのになぁ...あっ、はっ、榛名→春名→秋名...って、(^^ゞ
今まで気がつかなかった俺って。
| 写真 > 紅葉 | 23:19 | comments (2) | trackbacks (0)
覚園寺を見ずして鎌倉の紅葉を語る無かれ
朝、検査に行ったついでに仕事を休みにして鎌倉に行ってきた。
鎌倉は狭いくせに山谷激しいため紅葉の時期が寺によってまちまちで、その分長く紅葉を見られる。

今日行ったのは北鎌倉の浄智寺、東慶寺、覚園寺、荏柄天神、鎌倉宮、瑞仙寺、鶴岡八幡宮、長谷寺のライトアップ紅葉。
この中で、覚園寺、これはすごい。境内は大銀杏の落ち葉で一面黄色のなかに枯れた紅葉の葉が転々として、とても美しい。さらに紅葉の木と1300年代にたてられた木堂のコントラスト、西日に透ける赤い紅葉の木。すっげー綺麗。
ここは、10時から毎時正時に坊さんが客を引き連れ寺の施設を案内して回る。拝観料300円。このプチツアーに加わらないと、境内の一番綺麗な部分は見ることが出来ない。そして、中は紅葉も含めてカメラ禁止。じつにじつに悔しいのだが、仕方ないのでしっかり目に焼き付けてきた。境内の紅葉の見事さでは鎌倉中で一番ではないかと思う。
特に今、今日明日くらいが最大の見頃。是非見ろ、と。
まったく、今までこんな寺を知らずにいたのはでっかい不覚である。

浄智寺の銀杏と荏柄天神の大銀杏も見事だった。東慶寺も銀杏。あとかわいらしい鐘楼付きの門。
瑞仙寺はまだほとんど紅葉しておらず、12月下旬がねらい目かも。
期待はずれなのが鎌倉宮。紅葉のかけらもありゃしない。拝観料300円はとられ損。鶴岡八幡宮の天然記念物大銀杏は台風で枝が落とされたか勢いがなかった。
冬は日が早い。結局みたいところの半分も見ていないので、明日も早起きして行くぞ。

荏柄天神の大銀杏
IMG_2458.JPG

覚園寺の入り口の紅葉。(ここは撮影可)
IMG_2463.JPGIMG_2472.JPGIMG_2473.JPG

浄智寺の大銀杏と紅葉
IMG_2365.JPGIMG_2378.JPGIMG_2382.JPG

瑞仙寺の奥の紅葉(ここはこれだけ。他はまだ緑。)
IMG_2499.JPG

長谷寺のライトアップ紅葉
IMG_2576.JPG
| 写真 > 紅葉 | 03:12 | comments (0) | trackbacks (0)
長瀞の紅葉
nagatoro_2005_1126_0018.JPG
超たわわに実る柿の群れ...嘘です。野生のフルーツトマトです....勿論嘘。
タダの雑木の実です。
休み四日目の土曜日も、懲りずに長瀞の紅葉を見に行ってきました。
結構体の疲れがぼろぼろだったけど。

しかしなぜか紅葉撮影が汽車撮影に変わり、”鉄”に囲まれながら上長瀞〜親鼻間の荒川に掛かる電車鉄橋を見上げる川沿いの巨石の上に陣取っていました。
初めて挑戦するので、写真のできはご愛敬。
nagatoro_2005_1126_0005.JPG

長瀞の紅葉は山の雑木が中心なので、茶色や黄色、緑が多く、あまり紅葉映えするものではない。撮影のポイントも、長瀞〜上長瀞の中間あたりに一カ所あるくらいで広くはない。
nagatoro_2005_1126_0010.JPG

せっかくなのでライン下りの船を撮ってみました。

nagatoro_2005_1126_0016.JPG

そして日没以降は、上長瀞近くの公園でライトアップ紅葉。
去年は只写真を撮るのに精一杯でとても全体を見る余裕はなかったですが、今は全体を見ながら。気がつくとライトアップしている紅葉は8本程度。それ以外は普通の雑木でそもそも紅葉してない。
まあそんなもんかと。
nagatoro_2005_1126_0031.JPGnagatoro_2005_1126_0032.JPG
...食い過ぎと、4日間出ずっぱりの無理で帰りの電車はかなりくたくたでした。久しぶりに頭痛薬が手放せず。
| 写真 > 紅葉 | 01:32 | comments (4) | trackbacks (32)
先週の昇仙峡
先週の土曜日に行った昇仙峡。紅葉はほぼ終わっていた。その中で、昇仙峡入り口の公営駐車場下の遊歩道をちょっとだけ戻ったところに吊り橋があり、それを渡ったところが五百羅漢寺という寺がある。
ここが見事な紅葉の大木や紅葉の雑木林があり、それだけで昇仙峡にきた甲斐があった。

昇仙峡終点の滝上にはほうとう会館という土産&食事どころがあるが、ここのオリジナル、ほうとうまんじゅうはとっっってもおいしい。一個\160〜

昇仙峡はメインの滝下近くに町営駐車場があり、たいていはここまでくるまできて滝までの1kmを見物していく客が多い。でも、本当は4km下の昇仙峡入り口(長瀞橋)から渓流沿いの遊歩道を歩いてくるのが、紅葉を楽しみつつハイキングできておすすめ。(歩くのが苦手なら観光馬車片道1000円もある。)

覚円峰
syo00.JPG

昇仙峡観光部分にあった紅葉。この紅葉だけ見頃で残っていた。
syo03.JPGsyo04.JPG

五百羅漢寺の紅葉。見事。
syo05.JPGsyo06.JPG

昇仙峡終点、仙我滝、滝上のロープウェイで三郎ヶ岳山頂下まで簡単に上れる。そこから頂上まで15分程度。頂上の岩から眺めた昇仙峡のヤマモミジと三郎ヶ岳山頂(かなり怖いが眺めは最高)
syo01.JPGsyo02.JPG
| 写真 > 紅葉 | 01:58 | comments (0) | trackbacks (29)
箱根の紅葉
箱根の紅葉を見に朝5時半起きで一番のロマンスカーに飛び乗る。3日連続のお出かけは、さすがに体がキツかった。

目的は箱根美術館の苔庭と紅葉の庭園、仙石原のススキ、千石の長安寺。

まず箱根美術館。
DPP_0001.JPGDPP_0003.JPG
ニュースでやっていたとおり、整備された箱庭みたいな苔庭と、紅葉、結構綺麗であった。ただ、最近紅葉をたくさん見ているせいか、それほど感動的ではなく、むしろこのレベルならば都内の殿ヶ屋戸公園とか、結構ある。
ついでに美術館の中も見たけど、壺や茶碗の焼き物ばかりで、中島清之介ならぬ身には何がいいんだかさっぱり。

次は強羅公園。バスと登山電車乗り放題\2000のフリーパスを買うとおまけで無料入場できるので入ってみた。はっきり言っておまけでよかった。少なくとも秋には向かない公園みたいだ。さくっとスルーして、仙石原へ向かった。
仙石原のススキは、去年と変わらず。曇っているので時折差す太陽光を待って撮影。
DPP_0005.JPGDPP_0006.JPG

最後に日が傾き始めたところで長安寺に向かう。
ガイドブックにもあまり登場しない禅寺だけど、これは正直当たり。趣があって紅葉も綺麗。五百羅漢が紅葉の中でいい味を出している。ここが今日一番の当たりだった。しかも拝観無料。
DPP_0007.JPG

ちょうど沈む間際の夕日がうまい具合に差し込んで、萌えるような燃えるような紅葉が...。
DPP_0008.JPG

この寺は定番に入れていいね。

※撮影中、突然のめまい。貧血で体から力が抜けた。境内のベンチでしばし休む。さすがに連続3日、超早起き&出ずっぱりは体力を削るようだ。それとも1000mの高度は体が付いていけなかったのかな~。
| 写真 > 紅葉 | 01:35 | comments (0) | trackbacks (32)
川治温泉 竜王峡
竜王峡から川治湯本まで約7kmのハイキング。
さすがに奥鬼怒の紅葉は見頃をすぎて枯れ落ち葉モードに入っていたけど、たまにみれる木が残っていた。そんなのを拾いながら、ハイキングモードで川の両岸の自然道を歩く。

竜王峡駅から2kmくらいは観光用に整備されたハイキング自然道だが、その先はほとんど管理林道ってか山道。で、写真を撮りながら気を抜いて歩いていると、迷う。気がつくと踏み分け道がいつの間にか山肌の獣道になってたりして。

しかもそこには底なし沼なんてのが口を開けて待ってるわけで、ちょーっとコースを外れたところでぬかってる地面の黒い部分があって、靴がぬかるなーやだなーと思いながら足を踏み入れたら、ずぼずぼ、って見事にはまった。底なしの泥沼。まるでターザンとかのTVドラマに出てきそうな、いかにもどろどろの底なし沼。
一気に両足が膝まで沈み、動こうにも足が全く動かず抜けず。
超焦った。かろうじて岩に手が届いたのでそこに手をかけ力を込めて一歩一歩足を抜いた。
膝から下は泥だらけで、ほんとマンガのようだった。普通ハイキングコース歩いて底なし沼にはまるか、うじゃうじゃ。

そのままでは歩きにくいし旅館にも入れないので、しばし歩いて山の清水が川に流れ込む途中に作っている淵を見つけ、そこで膝まで浸かり泥を洗う。よかった、ジーンズで。そして靴も脱いで外側だけをきおつけて洗う。ブラシがないので淵に浮いている落ち葉をかき集めそれでごしごし、と。アウトドアだなぁっとしみじみ。

幸い靴の中には泥は進入しておらず、水で外側をごしごし洗っても、中には浸水しなかった。さすがゴアテックスの山靴。よかった、ちゃんとした靴買っておいて。

しかし11月の清水は超冷たく、浸けた足が感覚をなくしてしまった。そこの淵も1mくらいの深さがあり、落ちたらちょっと怖かったね。枯れ木を差し渡しにしてその上に腰掛けていたのだが、徐々に木がみし、みし、とたわんで...

さすがにその後は写真を撮る余裕が無くなり、急ぎ足で宿の風呂を目指したのでした。

IMG_1046.JPGIMG_1041.JPGIMG_1014.JPGIMG_1002.JPGIMG_0950.JPGIMG_0932.JPG
| 写真 > 紅葉 | 01:13 | comments (0) | trackbacks (29)
河口湖もみじ祭
先週の土曜日は河口湖で紅葉撮影と。
西湖や紅葉台、三つ峠も行ってみたかったが、山登りがついてくるので時間的に断念し、河口湖のポイントを回るに専念した。
昼のうちは自転車を借りて湖畔を回りポイントを押さえ、夜は車でもみじ祭会場へいき、ライトアップされた紅葉を撮る。

まだ、緑の葉があったり、紅葉と枯れ葉が同時にあったりで今年の紅葉はちょっと変。なんとか絵になるとこを拾い集めて撮ってきた。

ちなみに外気温は2〜4度でかなり寒かった。
IMG_9744.JPGIMG_9836.JPG
IMG_9812.JPG
| 旅行 | 02:28 | comments (0) | trackbacks (34)
奥多摩〜丹波山の紅葉
土曜は青梅人のiwatakoの案内で、東京の秘境奥多摩へ。
紅葉具合は奥多摩町はまだまだ、奥多摩湖周辺が3分程度(奥多摩周遊道路入り口付近から奥へ行くと所々に見頃の銀杏と紅葉が点在している)、丹波山村で見頃、さらに奥の花魁淵から一ノ瀬(住所的には神奈川山梨だけど)で紅葉満開。特に一ノ瀬は標高が1500m弱で東京にいながら長野の高原の様な見事さで、山全体が唐松や白樺、いろは紅葉などの紅葉で一杯。

車ならゆっくり出かけて日帰りコースで紅葉満喫できる。

まず丹波山村で村営蕎麦屋にて昼飯。そばと五穀米の飯、漬け物、刺身こんにゃくで800円。とろろとキノコをつけて1000円。やすい割に食べでもあり、味もなかなか。目の前には村自慢の人が通るといろいろな童謡を演奏する吊り橋。人が通るたび音楽がなる。通りっぱなしだと鳴りやまないのが少々何だが。

丹波山村の裏山。
IMG_9155.jpg
画面でゴミのように無数に飛び交っているのは、テントウ虫の大群。無数のテントウ虫がバラバラ飛び交い、撮影していると体中にテントウ虫が張り付く。冬眠の場所探しに群衆してるらしいけど、これだけ無数にいると...気持ち悪いや。

青梅街道〜丹波山渓谷のあたり
IMG_9213.jpg
逆光でかなり厳しい写真だけど、肉眼だと紅葉が光ってかなりきれい。
車止めがあったら迷わず止めて、川に降りてみるといいかも。ただし、よほどなれてないと崖を滑り落ちることになるので注意。

花魁淵は夏に巨大な崩落があったようで、山が半分崩れていた。
そこから一ノ瀬林道で一ノ瀬高原へ上る。
と、そこはまさに高原。一気に植生が変わり、杉や広葉樹中心から唐松や白樺が目立つ様になる。その中にきれいに色づいたいろは紅葉など。
IMG_9377.jpgIMG_9384.jpg

結構手前で時間をとってしまった為、一ノ瀬に入ったのは日没直前。ゆっくり撮影する時間が無くちょっと残念に思いながら帰路に。
そして最後に花魁淵からちょっと戻ったところで川に降りて最後の撮影。
IMG_9415.jpg

日光より紅葉という点では変化に富んで綺麗だったかもしれない。山の紅葉は結構おなか一杯かな〜。あとは河口湖で富士と紅葉、それに鎌倉待ち。でも12月にかけてはクリスマスイルミネーションと重なるので結構たいへんかも。
| 写真 > 紅葉 | 01:12 | - | trackbacks (0)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。