最近編集者の質が落ちてる
このところ、ライトノベルズ系の新書を読んでいて思う。
非常に稚拙な誤字脱字、ルビの振り間違いなど、目立つミスが増えている。
今日読んだ徳間書店のTOKUMAノベルズEdgeの1冊も、たった200頁の薄い本なのに素人が読んでもわかる脱字、ルビ振り間違いが数か所。

 例】「地力」と書いて「たりき」とルビが振ってあったり。

言葉遣いの間違いなんかも入れるとかなりの校正ミスがあると思われる。

ラノベ以外での同様なミスは滅多に気がつかないし実際少ないのかもしれない。そこへ行くとラノベ系は目立つ。

作者がまず間違った文を書くということもあるけれど、それは本来校正で濾しとるべきものだと思うんだけれど。

はたして、編集者の機能が落ちているのかどうか、気になる今日この頃。
| | 00:37 | comments (0) | trackbacks (0)
本日の買本
なんか会社からお目玉食らったらしい。水曜日はノー残デーだから18時半までに強制退社だってマネージャーがしつこく言って追い出された。いつもテンプレートのメール流すだけ流して黙認してるくせに。(つーか俺は残業付かないからカンケーねーじゃん。)
で、早くに追い出されると寄り道したげな。つい大型書店に寄ってしまい、気に入りの作家の新刊がごそごそ出ていたり、モンテクリスト伯全巻そろって在庫していたり、するもんだからがばがばっと買い出したら止まらなくなりそうな気配。
結局1時間ほど粘って知ってる作家、知らない作家、目に付いたところで18冊ほど査収。
...重かったです。



モンテクリスト伯 全7冊セット上と外〈1〉素晴らしき休日、他全五巻)ロミオとロミオは永遠に〈上〉(下)
霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿忌品天涯の砦
| | 23:47 | comments (0) | trackbacks (0)
文学歴史の50
てめっこのっ!Amazonn!!【文学】で検索かけたのに『こんなの』リストのトップに延々ならべるんじゃね。!!
アニオタ小説は読まねっつの。
だいたいトップジャンルにミステリとかSFがないってどうよ。
| | 00:06 | comments (0) | trackbacks (19)
辞書と本屋は使い分けよう
本屋と辞書は複数持って使い分けよう...本屋も辞書も得意不得意あって品揃えが微妙に異なるから、違う本屋にいくと思わぬ本を見つけたりするですね。
というわけで、どうしてもほしい同人ソフトがあったんで2GBのSDカードを買いに行ったついでに、秋葉のメロンブックスへ立ち寄り。ついでのついでに本棚を一通りみていたら、まだ読んでない小川一水の既刊とエリアル外伝を見つけて購入。先週CD馬鹿買いしたアニメイトでも見なかったやつなのでよかったね、と。

ところで、オタ本屋のお客というのは、なーんかこう、キョドってるというか不思議な振る舞い挙動をする人が多いのよね。なんでだろ。ふつうに歩けばいいのに妙に踊ってるように、いやよろけておびえてるような、とにかく不思議なリズムで動いてるのが多い...。なんだか見てるこっちが不安になるような気持ち悪いような。
びくついてるんでしょうか?
どうでもいいっちゃどうでもいいんですがね。
| | 00:19 | comments (0) | trackbacks (0)
Noirって...?
あるミステリの後書きに書いてあった作者から日本人へのメッセージ。
I cherish - friendship, family, tradition, wondrous comics, dark sensibility, sake, wondrous people and a developing noir tradition of its own.
注:原文は全部大文字だけで書かれていた。

だいたいは理解できる...が、Noir〜って?
普通に訳すと展開中の?黒い伝統....わかんねー。コミックが出てくるからひょっとしてあのNOIRなのかな〜とも思うんだが、Irishmanの作家がNOIRみてお気に入りにするのかな〜。作者は日本に英語教師として出稼ぎしていた経歴もあるそうなので、みている可能性はあるんだが。
まあ、真下監督の投げっぱなしみたいなとこが、作者の作風と多少似てなくもないかも。とむりやり納得...できんわやっぱり。

| | 12:13 | comments (0) | trackbacks (0)

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。