<< 厚木の鮎祭り花火大会 | main | ガンダムお台場に立つ-2009-0816 >>
金沢は美味しい
盆休みは金沢にいきました。
キトキトの地魚刺身、金沢蓮根の天ぷら、磯野香りがする万寿貝の塩焼き、河豚&河豚の白子のぬか漬け、鯛より高いノドグロの柚餡焼、金沢の郷土料理鴨の治部煮、ホタルイカのアタリメ。
どれもすごく美味しく、酒がすすみ過ぎて初日にふらふらになりました。
P1020333.jpgP1020334.jpg
P1020335.jpgP1020338.jpg
P1020337.jpgP1020343.jpg
翌日は猛烈な腹痛のため美味しいものは封印。かわりに兼六園の冷やしあめ、冷やし善哉...普通に美味しいもの食べてもよかったかも。
近江市場に立ち寄り、魚屋の店先でひとつ700円の岩牡蠣を食べる...親だけ。すっごい大きいプリっプりの身は顔の半分くらいの大きさ新鮮ですごいうまそうだったなぁ。おなかが痛くなければ...。
旅先の体調管理は重要ですよ。
P1020507.jpgP1020157.jpg
金沢の町並みスナップ。旧遊郭のあった茶屋街、武家屋敷跡など。
P1020177.jpgP1020123.jpg
P1020242.jpgP1020290.jpg
P1020184.jpg
金沢最大の繁華街の裏。
P1020369.jpgP1020359.jpg
2日目は忍者寺として有名な妙立寺へ。別に忍者の寺ではないが隠し部屋だの隠し階段だの、秘密の抜け道だの、2階建なのに7階層の部屋があるだの、ガイドと一緒に一回りするのにたっぷり40分。回った後全体の構造が把握できないくらい迷路のような作りに圧倒され、すっごく面白い。350年くらい前に建立されたというのがすごい。拝観料800円はまったく高くないですよ。お勧め。(事前予約しないとみられないほど人気の寺です。)
P1020405.jpgP1020442.jpg
兼六園 盆期間限定無料開放日だった。
P1020512.jpg
そして2日目の夜は加賀片山津温泉。潟の岸辺に旅館街が立ち、毎日小花火大会を催していた。宿の部屋から目の前で上がる花火が見られた。
P1020614.jpgP1020662.jpgP1020681.jpg
それよりも部屋から見える隣の旅館の廃墟の方がお気に入りだったり。花火の後ぷらぷら歩いたら似たような廃墟がほかにも数件。地方の温泉地に共通の風景ですな。
P1020674.jpg
最終日は宿から車で橋立漁港。北前舟で身を立てた豪商の記念館と、昔の港町の町並みを保存している、といわれるがどう見ても過疎の漁村だったなぁ。こちらも廃墟が結構ありました。
P1020727.jpg
港でキトキトの地魚いっぱいの昼飯を食べ、温泉に戻り汗を流したあとお土産を買うため駅から車で少しの製造直売の菓子屋兼暇つぶし施設へ。折り紙博物館というつまらなそうな施設を見学。
でも見たら結構見ごたえあって儲けものだった。
P1020781.jpgP1020792.jpgP1020805.jpgP1020775.jpgP1020816.jpg
最後は金沢で乗った、見かけた乗り物
2番目のローカル電車はちょっと変わっていた。寝台車のような寝だなを天井に就農したボックスシートの客車と通勤電車のロングシートが1両の中に混在している、ちょっと東京では見かけない列車。用途がわからない。
P1020863.jpgP1020825.jpgP1020549.jpgP1020823.jpg
古風な茶屋街に突如走る痛車。どこでもいるのね。
P1020068.jpg

ちなみに土産はホタルイカの干物と鯖のへしこ。どっちも酒の肴にぴったりでうま〜い。
| 旅行 | 21:49 | comments (2) | trackbacks (0)
Comment
よかったですよ金沢は。魚も牡蠣も郷土料理もうまいものばっかり。
金沢駅の中に朝9時くらいからやってる居酒屋があって、平日なのに常連の年寄りが朝から酒を飲み料理をつまんでたんですけど、そこもまた美味かった。板前が刺身の妻を包丁で全部手作りしてたのには驚きました。
| Yoshiyuki | 2009/08/20 10:26 PM |
なんだか忙しくて久しぶりに見ると。
いいなぁ〜、楽しそう。美味しそう。
 MUKさんも鹿児島のどこかの島に
行っています。
わたしは検査もあって、置いてきぼり。(^_^;)
 ホタルイカは美味しけれど、ミニイカの形が
少し気にしてしまう。
鯖のへしこも、くせになりますよね。
 結局、食べ物ばかりの話に。
一度出張で行ったきりです、金沢は。
もう一度行きたいなぁ〜。
| アブラクサス | 2009/08/20 06:23 AM |
コメントをどうぞ...









Trackback URL
http://www.yoshi.u-ki.jp/arc/sb2/sb.cgi/784
Trackback

イナズマchallenger
イナズマchallenger
ティームエンタテインメント
僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 (新潮文庫)
新潮社
好きです。中国萌え系ファンタジーラブコメ(ちがうかっ!) 最後の十数行でさわやかに涙。